【セイントフォー主演】スターを夢見る4人のレオタード姿が眩しっ♡映画「ザ・オーディション」
2017年1月25日 更新

【セイントフォー主演】スターを夢見る4人のレオタード姿が眩しっ♡映画「ザ・オーディション」

活動期間2年2ヶ月。アクロバットを取り入れた派手なダンスパフォーマンスで記憶に残るアイドルだったセイントフォーのデビュー作にして初主演映画「ザ・オーディション」を懐かしく振り返ります。

14,983 view

「ザ・オーディション」とは?

ザ・オーディション~DVDで見れない傑作映画のホームページ (1756569)

東宝東和(製作:フィルムリンク・インターナショナル)
監督は新城卓。主演:世良公則、志穂美悦子、平田満、セイントフォー
1984年11月17日公開されました。
映画のキャッチコピーは「それでも、スターになりたい!」...

映画のキャッチコピーは「それでも、スターになりたい!」「なぜ?!そんなにしてまで-夢-ですか。

「ザ・オーディション」はアイドル全盛期に作られ、セイントフォー主演のデビュー作。
当時「太陽にほえろ」のボギー役で、ロックンローラーから俳優としての存在感を出し始めていた世良公則にとっても映画初主演となりました。

セイントフォーって?

レオタードにキューーン♡

レオタードにキューーン♡

セイントフォー(Saint Four)とは、加瀬邦彦が音楽プロデュースをしていた80年代のアイドルグループである。
各々自分のイメージカラーの水着を着用♡

各々自分のイメージカラーの水着を着用♡

1982年「あなたもスターに!」というプロダクションのダイレクトメールに応募して、約3万人の中から選ばれた4人。結成当初は岩間、鈴木、他2名による通称「四人組」としてレッスンをスタートしたが、他2名がグループ活動を辞退したため、浜田、板谷が加入しオリジナルメンバーとしてデビューを果たした。

主題歌はセイントフォーの「不思議TOKYOシンデレラ」

挿入歌もセイントフォーの「Rock'n Roll Dreams Come Through」

セイントフォー Rock'n Roll Dreams come through

曲間にバク宙(!)

曲間にバク宙(!)

出典 けん
可愛らしい4人が歌い、踊り、曲の間にバク宙をしたりと、当時のアイドルの中ではちょっと異色な存在でした。メンバーにイメージカラーが割り当てられていて、今現在でいうと「ももいろクローバーZ」っぽい感じ!

キャスト

北森 世良公則

元大人気ロックグループ「レイカース」のリーダーだったが...

元大人気ロックグループ「レイカース」のリーダーだったが、現在は芸能プロダクションでマネージャーをしている。

出典 けん
60 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

音楽配信サイト"AWA"でマツドデラックスがお届けする第3弾!まるでカセットテープのような「アイドルヒットパレードPART2」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"でマツドデラックスがお届けする第3弾!まるでカセットテープのような「アイドルヒットパレードPART2」をご紹介!

音楽配信サイト「AWA」の公式プレイリスターの「マツドデラックス」こと「山本圭亮」がお送りする「まるでカセットテープのような」シリーズ!それを皆様に聴いて欲しいのでこんな企画をやっちゃったわ!どうかアクセスして聴いて頂戴ね!
1984年に解散した!!日本のバンド・グループ・ユニットまとめ!!

1984年に解散した!!日本のバンド・グループ・ユニットまとめ!!

1984年に解散した日本の芸能グループ、バンド、音楽ユニットを年代順にまとめてみました。何回も解散と再結成を行っているバンドは最終的に解散した年を記しています。
ギャング | 2,889 view
豪華なクリエイター達が携わった【吉川晃司】の「ラ・ヴィアンローズ」

豪華なクリエイター達が携わった【吉川晃司】の「ラ・ヴィアンローズ」

1984年にリリースされた吉川晃司さんの「ラ・ヴィアンローズ」には、作詞・作曲・編曲で大変豪華な方々が携わっていました!若さ溢れんばかりのカッコよさをもつ、当時の吉川晃司さんの名曲を聴き直してみましょう(^^)/
つきねこ | 3,354 view
週刊 20世紀Walker】Vol25号 「編集長と助手の昭和ヒットパレード!」第4弾は「セイントフォー」

週刊 20世紀Walker】Vol25号 「編集長と助手の昭和ヒットパレード!」第4弾は「セイントフォー」

さあ~【週刊 20世紀Walker】の新企画!その名も「編集長・山本圭亮と助手・富田葵の昭和ヒットパレード!毎週1アーティストをチョイスして編集長と助手のオススメを1曲ずつお送りする至ってシンプルな企画。一部では企画の内容より二人のやり取りが面白いとの怪情報も~w
1984年の今日、7月27日、映画『パープル・レイン』が全米で公開となり、プリンスはロックの歴史に永遠に名を刻んだ。そのタイトル曲の秘話とは?

1984年の今日、7月27日、映画『パープル・レイン』が全米で公開となり、プリンスはロックの歴史に永遠に名を刻んだ。そのタイトル曲の秘話とは?

1984年の今日、7月27日、映画『パープル・レイン』が全米で公開となりました。プリンスが映画『パープル・レイン』を作ろうと思ったのは、あるロックスターのツアー公演を見たのきっかけだったという。リリース情報もお伝えする。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト