松坂慶子主演『上海バンスキング』。美しく若々しい頃の松坂慶子とともに思い出してみましょう。
2017年1月26日 更新

松坂慶子主演『上海バンスキング』。美しく若々しい頃の松坂慶子とともに思い出してみましょう。

松坂慶子と志穂美悦子が共演した準ミュージカル。「蒲田行進曲」の風間杜夫・平田満のコンビも出演し、舞台演劇とはまた違う脚色で、楽しくもあり、涙もあり、切なくもある、ジャズと愛に生き戦争に翻弄されていくジャズマンたちの物語。

9,343 view

作品紹介

1984年10月公開。
深作欣二監督のエンターテインメントです。
キャッチコピーは「ドンパチ(戦争)やるよりブンチャカ(ジャズ)やろうよ」。
言葉は軽い感じなのですが、映画を見ると本当にそうだよねと思わされ、舞台演劇の「上海バンスキング」とは一線を画した作品になっています。

前半はドタバタあり、志穂美悦子の大立ち回りあり、もちろんジャズありの楽しい場面が多いのですが、戦争にまつわるシーンが多くなる後半は、暗く、切なく、やるせない展開へと一変していきます。
 (1724906)

予告編

“ドンパチやるより、ブンチャカやろうよ!”「上海バンスキング」

出典 youtu.be

【あらすじ】

昭和11年夏、上海の港にまどかとシローの夫婦が降り立つ。パリで新しい暮らしを始めるため、マルセイユに向かう途中のことだった。
当時の上海は東洋のジャズのメッカ。まどかは一日だけの滞在のつもりだったが、シローはマルセイユに向かうつもりはなく、実は上海でのジャズマンとしての生活が目的だった。
港に迎えに来ているはずのシローの友人バクマツがいない。仕方なく直接バクマツの家を訪ねる二人。バクマツはアメリカ人の顔役ラリーの経営するダンスホール「セントルイス」にバンドマンとして出演していたが、ラリーの愛人である中国人ダンサー・リリーと恋仲になってしまい、ラリーとその手下に追われて、出迎えどころではなかったのである。
まどかとシローの前に、バクマツ、リリー、ラリー一味が現れ大騒ぎになる。バクマツの指を折ると脅すラリーをまどかは必死で説得。シローとまどかの二人がセントルイスで働くことを条件にバクマツは許されたのだった。
まどかとシローの上海での生活は楽しく弾むような毎日だった。日本でまどかに恋心を抱いていた左翼学生・弘田が現れまどかに言い寄るが、まどかは相手にしない。日本で警察に追われ上海に逃げてきた弘田だが、ここにも特高の手が及び再び逃亡する。
あっという間に1年が過ぎた。バクマツとリリーは結婚することになり、その祝いにバクマツの中学時代の友人・白井中尉がやってきた。しかしパーティの最中に下士官が白井を訪ねてくる。日本と中国の間に戦争が始まったというのだ。ジャズマンたちの生活に戦争が暗い影を落としてゆく・・・。

海を渡った2人

 (1725402)

東洋のジャズのメッカ・上海に降り立った「マドンナ」と「シロー」。
パリに行くとばかり思っているマドンナは、シローに騙されていることに気づいていませんでした。

1930年代の上海

 (1725439)

日本・イギリス・アメリカ・フランスなどの
治外法権の地でした。

バクマツ・リリー・ラリーの三角関係

港に迎えに来ない「バクマツ」を尋ねると、「リリー」を狭間に「ラリー」とのもめごとに。「マドンナ」と「シロー」はクラブ「セントルイス」で働くことになります。
 (1725388)

バクマツとシロー

 (1725490)

出典 ameblo.jp

華やかなジャズ&ダンス

 (1725486)

マドンナ熱唱
 (1725383)

 (1725377)

マドンナ(青)とリリー(赤)
60 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

当時無名だったケビン・コスナーが登場した映画「テスタメント」核によって幸せな家庭が崩壊!?

当時無名だったケビン・コスナーが登場した映画「テスタメント」核によって幸せな家庭が崩壊!?

映画「テスタメント」は1983年にアメリカで制作され、1984年に日本で公開された作品でした。そして、物語は核戦争後の世界に住む家族を中心に描かれています。
星ゾラ | 2,315 view
実話を元にした映画『キリング・フィールド』ベトナム戦争でのカンボジアで起こった悲劇を描く!

実話を元にした映画『キリング・フィールド』ベトナム戦争でのカンボジアで起こった悲劇を描く!

映画『キリング・フィールド』は、1970年代半ば、内戦に揺らぐカンボジアを舞台に、記者が内戦の悲劇を取材し、現地人助手との国境を超えた友情を描いた作品です。シドニー・シャンバーグの体験に基づく実話を映画化。
星ゾラ | 18,959 view
角川3人娘・渡辺典子の初々しい初主演映画「晴れ、ときどき殺人」!

角川3人娘・渡辺典子の初々しい初主演映画「晴れ、ときどき殺人」!

赤川次郎の同名小説が原作。1984年に映画化。「晴れ、ときどき殺人」のタイトル通り殺人事件が題材。ミステリーであり、コメディでもある作品。角川3人娘・渡辺典子が突然事件に巻き込まれるヒロインを好演している。
ひで語録 | 3,276 view
角川映画祭で三田佳子が舞台挨拶!薬師丸ひろ子主演「Wの悲劇」の撮影当時を振り返った!

角川映画祭で三田佳子が舞台挨拶!薬師丸ひろ子主演「Wの悲劇」の撮影当時を振り返った!

女優の三田佳子が31日、角川映画祭を開催中の角川シネマ新宿で、1984年の出演映画「Wの悲劇」の上映後に澤井信一郎監督と共に舞台挨拶を行った。三田は主演の薬師丸ひろ子についても、ブロマイドを渡されたエピソードを披露し、好意的なコメントをした。
映画・ときめきに死す。若かりし沢田研二と樋口可南子の共同生活!

映画・ときめきに死す。若かりし沢田研二と樋口可南子の共同生活!

1984年の映画「ときめきに死す」。森田芳光監督の独特な感覚が味わえる。役者・沢田研二や樋口可南子のキスシーンや衝撃的なラストシーン等見どころも豊富。「ときめきに死す」のあらすじや裏話をご紹介!!
ひで語録 | 13,672 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト