「ロン先生の虫眼鏡」生き物のことはみんなロン先生が教えてくれた
2016年12月4日 更新

「ロン先生の虫眼鏡」生き物のことはみんなロン先生が教えてくれた

週刊少年チャンピオンで、異彩を放ちつつ、ただただ生き物について描かれた「ロン先生の虫眼鏡」を覚えていますか?図鑑を見るより、生物について詳しくなれる漫画「ロン先生の虫眼鏡」、どのとうな作品だったか振り返ります。

3,851 view

「ロン先生の虫眼鏡」とは

http://www.suruga-ya.jp/product/detail/501001059001 (1640894)

原作・光瀬龍先生、作画・加藤唯史先生。
週刊少年チャンピオンにて1978年~1981年連載。
コミックスは全10巻、文庫版は全3巻。
原作の光瀬先生はSF作家として活躍されていました。1999年にお亡くなりになりました。
昆虫、魚、鳥、爬虫類、哺乳類、両生類・・・すべての生き物について、楽しく解説してくれるロン先生。先生のもとに、近所の子供、元太と洋子が疑問を持ってきて、それをロン先生が解決してくれる、ほぼ1話完結の漫画です。なんでも知っているロン先生は何者なのか、のちほど検証します。

主な登場人物

ロン先生

ロン先生

生き物について詳しい先生。先生と呼ばれていますが、職業は不明。年齢も本名も不明です。
元太

元太

近所に住む小学生。しょっちゅうロン先生の所へ来て、生き物について学びます。おっちょこちょいのムードメーカー。
洋子

洋子

ロン先生の所へよく来る女子学生。元太と口論し、ロン先生が解決することも。元太とともに、ロン先生の行くところについていきます。
出典 naruseriri

ロン先生の生き物豆知識

naruseriri (1640913)

ヘビは臆病な生き物だから、大きな物音をたててゆっくり近づけば逃げるそうです。
出典 naruseriri
naruseriri (1640916)

モズはお腹いっぱいになると、獲物を木の枝に刺すそうです。
出典 naruseriri
naruseriri (1640918)

クマネズミとドブネズミとハツカネズミだけが、家に住み着くそうです。
出典 naruseriri
naruseriri (1640938)

イヌはオオカミからわかれた別の動物だったという説があるそうです。
出典 naruseriri
naruseriri (1640920)

ヒトデの断面図。もはや図鑑です。
出典 naruseriri
このように、毎回あらゆる生き物についての知識を教えてくれる作品です。あるときは動物とは関係ない、「テレパシーはあるのか」「妖怪はいるのか」など、不思議な疑問から始まることがありますが、不思議な出来事も動物が原因だったなど、生き物以外のテーマになることは一切ありません。

ロン先生って何者?

naruseriri (1640922)

家にいることの多いロン先生。家で仕事をしているのかもしれません。
出典 naruseriri
naruseriri (1640924)

元太に襲いかかった猿の群れを、あっと言う間に手懐けてしまいます。
出典 naruseriri
naruseriri (1640926)

ロン先生の思い出話より。キツネの観察をしていたそうです。やはり、研究家かなにかでしょうか?
出典 naruseriri
naruseriri (1640927)

海中公園の関係者から、ウツボやサメが出て困ると相談されています。このように、色んな人から先生と呼ばれ、頼りにされます。
出典 naruseriri
naruseriri (1640929)

元太と洋子に、テレビの自然科学番組の撮影に行くと言う説明をするロン先生。テレビ局の人にも頼りにされています。この後、元太と洋子も結局ついて行きます。
出典 naruseriri
29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • タムー 2019/10/23 02:58

    小学生の頃、とても大好きな作品でした。
    元太の立場でロン先生がどんな解決をしてくれるんかと楽しみでした。
    いまでもクワガタやゲンゴロウを追いかけ野山に出かけますが、この作品の影響が抜けきれてないのかな。。。

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

京都で「特別展 250万りぼんっ子」開始!デビュー作もりぼんだった生粋のりぼんっ子作家は誰?

京都で「特別展 250万りぼんっ子」開始!デビュー作もりぼんだった生粋のりぼんっ子作家は誰?

ミドルエッジ女子必見!集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、京都・高島屋で開催されます。開催日程は、10月30日から11月10日まで。
隣人速報 | 601 view
90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、東京・新宿高島屋及び京都高島屋などで開催されることが決定しました。
隣人速報 | 1,695 view
講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

1954年の創刊以来、女の子に愛されてきた漫画雑誌「なかよし」が、2020年1月号で65周年を迎えます。日本で現存するマンガ雑誌の中で最も長い歴史を持つ「なかよし」。その65周年を記念し、原画展の開催が決定しました。開催期間は10月4日から12月25日まで。
隣人速報 | 970 view
「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

池田理代子の短編作品「あのひとはいま…」「星くずの童話(メルヘン)」「クロディーヌ…!」をはじめとした全10作品の電子配信がスタートしました。扱っているのはKindleストア、楽天Kobo電子書籍ストア、Google Play、iBooks、Yahoo!ブックストア、SONY Reader Storeなどの6電子書店。
SF、不条理、お色気の巨匠・吾妻ひでおの傑作「スクラップ学園」の完全版が復刻!!

SF、不条理、お色気の巨匠・吾妻ひでおの傑作「スクラップ学園」の完全版が復刻!!

マニア必見!SF、不条理、お色気漫画の巨匠・吾妻ひでおのギャグ漫画「スクラップ学園」が、「吾妻ひでおベストワークス 3 スクラップ学園」上下巻として、復刊ドットコムより発売されます!
隣人速報 | 4,586 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト