バスクリンのお風呂が嬉しくて、あの色と香りが温泉だと思っていた!そんなバスクリンの歴史について。
2016年8月9日 更新

バスクリンのお風呂が嬉しくて、あの色と香りが温泉だと思っていた!そんなバスクリンの歴史について。

バスクリンを知らない人はいないでしょう。いまとなってはケミカルなあの色、そしてジャスミンの香り。バスクリンのお風呂が嬉しくて、つい長くお風呂遊びをしてのぼせてみたり。本当の温泉を知らず、バスクリンが温泉だと思っていた子供時代。そんなバスクリン、そして津村順天堂の歴史を振り返っていきましょう。

19,662 view

お風呂を楽しくしてくれたバスクリン

子供のころから慣れ親しんできた入浴剤といえば、誰もがバスクリンを思い浮かべるでしょう。
母親の「今日バスクリンいれてあるからね」の一言で、ついお風呂遊びが盛り上がってのぼせたなんて経験も懐かしいです。

疲れを感じる訳もない子供時代。あのバスクリンの色と香りが、お風呂を楽しくしてくれました。
バスクリンから想起されるイメージ

バスクリンから想起されるイメージ

自然のなかの、こんなカラーイメージではなかったですか?
1982年、欽ちゃんが登場したポスター

1982年、欽ちゃんが登場したポスター

当時は6種類だったバスクリン。
ジャスミン、レモン、ローズ、木の香、コロン、ホワイト(ノンカラー)とありますが、代表的だったのはジャスミンでした。

実はジャスミンの香りを日本に広げたのはバスクリン。
そしてホワイト(ノンカラー)はあまり人気がでなかったというあたり、時代を感じずにいられません。
あのケミカルカラー、当時だったらバスクリンかスライムといったところでしょう(笑

現在のように地中化が進んでいない排水溝、ケミカルカラーの排水で「お前ん家、昨日バスクリンだっただろ~!?」なんて子供の会話もあったのではないでしょうか。

バスクリン、そして津村順天堂

始まりは、津村順天堂の「浴剤中将湯」

くすり湯「浴剤中将湯」

くすり湯「浴剤中将湯」

大変に保温、発汗性に優れていたのだそうですよ。
ただ、あまりに発汗性がよくて夏向きではなかったのだとか。
「バスクリン」が発売される前、銭湯には「くすり湯 浴剤中将湯」が販売されていました。「くすり湯浴剤中将湯」は、津村順天堂の社員が「中将湯」という婦人薬をつくっている時にでる「生薬の残り」を持ち帰り、お風呂(当時はタライで行水するのが自宅のお風呂でした)に入れたところ、体がぽかぽか温まったり、 湿疹がよくなったりしたことから、銭湯向けの入浴剤として製品化した、リサイクル製品でした。
株式会社バスクリンのエントランスにはいまも「くすり湯中...

株式会社バスクリンのエントランスにはいまも「くすり湯中将湯」の看板が

1930年、バスクリンが誕生

温泉成分をベースに色と芳香を加えた芳香浴剤「バスクリン」が誕生。
保温や発汗性に優れた「浴剤中将湯」に対して、「バスクリン」は夏用入浴剤として発売されたのだそうです。
1930年、発売開始当初のバスクリン缶

1930年、発売開始当初のバスクリン缶

時代はまだ昭和初期。家庭用ではなく、主に銭湯用向けの販売でした。
ドリフの銭湯コントでお湯の色があのカラーなのはバスクリンの影響??
当時の広告①

当時の広告①

東亜薬報に掲載されたバスクリン広告。
「フレッシュ」「オゾン」などのカタカナが印象的です。
当時の広告②

当時の広告②

大黒湯のチラシに掲載。
「白粉のノリノビを良くいたします」という表記は、まさに時代を感じるもの。
ちなみに津村順天堂創業者の津村重舎氏は宣伝好きな方で、宣伝には思い切ってお金をつぎ込んだそうです。
私たちの記憶にバスクリンが強く残っているのは、もしかするとTVなどで思い切ってCMを流してきた同社の姿勢が影響しているのかもしれませんね。
チンドン屋さんを使ったり着ぐるみ着たりなども

チンドン屋さんを使ったり着ぐるみ着たりなども

バスクリンと津村順天堂の名を有名にした一因だったことでしょう。

戦時中の物資不足などで一旦は生産中止も、1950年に再び生産開始

戦後はガラス瓶で再開

戦後はガラス瓶で再開

戦前の「芳香浴剤」から「香水風呂」となりました。
63 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

昭和世代にしか分からない!?昭和と平成、懐かしのCMからクイズ10問を出題します!!

昭和世代にしか分からない!?昭和と平成、懐かしのCMからクイズ10問を出題します!!

みんなテレビで観ていた名作CMから少し難しい(?)クイズを10題!懐かしい思いに耽りながらお答えください~^^/
令和と『万葉集』と浦ちゃんと。

令和と『万葉集』と浦ちゃんと。

日本は5月に入り令和元年となりました。令和の語源は日本最古の歌謡集『万葉集』。ということで、今回は万葉集にも登場し現在の私たちの誰もが知っている(であろう)伝説について。
山崎敬子 | 99 view
美しい「ベルサイユのばら」、カワイイ「美少女戦士セーラームーン」のお人形が!世界最大級のドールイベント 『ドールズ・パーティー40』

美しい「ベルサイユのばら」、カワイイ「美少女戦士セーラームーン」のお人形が!世界最大級のドールイベント 『ドールズ・パーティー40』

模型玩具・ドールの企画、製造、小売を手掛ける株式会社ボークス(京都市下京区)が、2018年12月16日(日)東京ビッグサイトにて、60cmサイズオリジナルドール“スーパードルフィー(略称SD)”“ドルフィードリーム(略称DD)”を主とした世界最大級のドールイベント『ドールズ・パーティー40』を開催。
【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!②

【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!②

小学校の休み時間にマネしたギャグ、中学や高校になって口癖のように使ってみたセリフ。テレビを通して観た、様々なギャグやセリフが心に残っている人は多いことでしょう。そんなギャグやセリフを10個ピックアップ、それぞれにまつわるテーマをクイズにしてみました。ぜひ、懐かしみながら挑戦してみて下さい!
「きんは100歳」「ぎんも100歳」そして「ぎんの娘も100歳」!ダスキンの広告にぎんさんの娘が登場!

「きんは100歳」「ぎんも100歳」そして「ぎんの娘も100歳」!ダスキンの広告にぎんさんの娘が登場!

株式会社ダスキンは、かつてダスキンのTVCMに登場し「きんさん・ぎんさん」として話題になった双子の姉妹のうち、ぎんさんの娘さんの千多代さん(今年100歳)、美根代さん(現在94歳)の二人を起用した見開き広告を掲載することを決定しました。
隣人速報 | 848 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト