かまやつひろしの音楽を大切にした人生と華やかな人間関係、そして最愛の妻との最期とは
2019年10月21日 更新

かまやつひろしの音楽を大切にした人生と華やかな人間関係、そして最愛の妻との最期とは

ムッシュと言えば、かまやつ。かまやつひろしと言えば、ムッシュと言うのはお決まりですが、2017年に死去したかまやつひろしさんの音楽を大切にした人生ってどんなものだったのか。華やかな人間関係と、最期まで知らされなかった最愛の妻の死の経緯とは?そんなかまやつひろしさんを振り返ってみたいと思います。

447 view

かまやつひろしさんのプロフィール

本名:釜萢 弘 (かまやつひろし)
生年月日:1939年1月12日
出身地:東京府(現・東京都)
死没:2017年3月1日(78歳没)
学歴:青山学院高等部、青山学院大学中退

職業:フォーク歌手、作曲家、DJ、ギタリスト
レーベル:フォーライフ
所属事務所:ケイダッシュ

かまやつひろしさんの父は、ティーブ・釜萢でジャズ・ミュージシャンでした。これだけでも幼い頃から生活の中に音楽があったというのが分かります。

そして、やはり、裕福な家庭環境にあったというのは、学歴からも察することが出来ます。
かまやつひろしさんは、青山学院中等部→青山学院高等部に内部進学→青山学院大学中退と言う経歴を持っています。

そして、この経歴から、のちの交友関係も華やかなものに広がっていくことにもなります。

かまやつひろしさんのデビュー

かまやつひろしさんは青山学院高等部時代にすでにカントリー&ウェスタン歌手としてデビューしています。かまやつひろしさんが高校生~大学生だったころの1950年代は、アメリカでは白人のカントリーミュージック、そして黒人のブラックミュージックがもともと存在し、その中から、ロックンロールが若者の間に広がり人気となっていく中で、かまやつひろしさんは早くから、アメリカ音楽を肌で感じていた一人として、ミッキー・カーチスさんなどと一緒にロックンロール、ロカビリーに取り組み、日劇ウェスタンカーニバルに出演します。

かまやつひろしさんは六本木野獣会のメンバー

【六本木野獣会の中心メンバーだった田辺靖雄さんのプロフ...

【六本木野獣会の中心メンバーだった田辺靖雄さんのプロフィール】

本名:田邊靖雄
愛称:ヤッチン
生年月日:1945年4月5日(74歳)
出身地:東京都
ジャンル:オールディーズ 、歌謡曲
職業:歌手
活動期間:1961年~

1950年代後半から1960年代前半に、六本木を中心で集まり、遊んでいた若者で結成されていた『六本木野獣会(別名:六本木会)』と言うのがありました。『六本木野獣会』は、当時高校生だった田辺靖雄さんが結成し、のちにこれがキッカケて田辺さんはワタナベプロにスカウトして大ヒット歌手になります。

当時、文化人、著名人が集まるとして有名だった高級イタリアレストラン『キャンティ』や六本木の『カフェレオス』が集まっていた場所として有名です。そのメンバーには、昭和の時代を輝かしい場所にいた面々が名前を連ねていて、こんな方たちがいます!
中尾彬さん、大原麗子さん、小川知子、井上順、福澤幸雄らがいた。30人前後のメンバーがいた時期もあったとか。芸能人以外ではお金持ち家の若者たちがいたそうです。

ただ、このキャンティには、多くの著名人も行きつけとして利用しています。例えば、作家・三島由紀夫、画家・サルバドール・ダリ、画家・岡本太郎、石原裕次郎などで、女優の加賀まりこも出入りしていますが、野獣会とは関係がなく、加賀さん曰く『野獣会』などは田舎者の集まりと言っていたことがあるとか。

話はそれましたが、早くからアメリカの音楽に触れ自身も活動していたかまやつひろしさんが六本木野獣会のメンバーとして、様々な刺激をこの六本木界隈で感じていたことが事実の様で、このメンバーの中の井上順さんとその後、グループサウンズで一緒に活動することになります。

かまやつひろしさん☆ザ・スパイダース時代

Amazon (2147147)

1961年、田辺昭知が結成したグループサウンズのグループ。メンバーもその後も芸能界で大活躍する重鎮にもなる面々。

ツインヴォーカル:堺正章・井上順
ギター:かまやつひろし・井上孝之(のち堯之)
ドラムス:田辺昭知
ベース:加藤充
オルガン:大野克夫

1970年に解散しています。田辺昭知氏はスパイダース時代からセリフマネージメントの力量も発揮し、のちに大手芸能プロダクション『田辺エージェンシーの社長になります)
1965年5月、かまやつひろし作詞・作曲「フリフリ」シングルデビューし、堺正章のヴォーカル、バンドの演奏も高く評価され、実力派グループとして人気も出ますが、大ヒットがすぐには出ませんでした。
が!その後に恵まれた大ヒットで日本のグループサウンズ時代を支えた1グループになります。

かまやつひろしさんの代表曲はこれ!

ザ・スパイダース代表作

ザ・スパイダース代表作

1966年9月発売の浜口庫之助作品『夕陽が泣いている』120万枚を超える大ヒットを皮切りにヒット曲にも恵まれるグループになります。

■1967年5月「風が泣いている」(浜口作品・公称70万枚)
この曲はかまやつひろしさんの曲ではありませんが、この曲の大ヒットを皮切りにスパイダースが大人気グループになっていきます。
■1967年「バン・バン・バン」B面曲、かまやつひろしさんの代表曲
■1968年「あの時君は若かった」作曲はかまやつひろしさん
など
ソロ時代代表作

ソロ時代代表作

1970年代になると、日本ではフォークソングやニューミュージックが大人気になり、中でもかまやつひろしさんが注目したのが吉田拓郎さんでした。
吉田拓郎さんの「我が良き友よ」を歌い、大ヒット(約90万枚セールス)となり、かまやつひろしさんのGS時代を知らない世代でも、「我が良き友よ」と言えば、かまやつひろし!と思い浮かべるほどの代表作となりました。

そして、もう一曲、吉田拓郎さんの『シンシア』もかまやつひろしさんも歌うことになりますが、かまやつさんが歌う『シンシア』はどこか語り掛ける様な雰囲気のやさしい...そんな歌い上げになっています。機会があったら是非、聴いてください。

かまやつひろしさんの晩年の活動

ボクは、君たち(若い)世代と話が出来なくなったらおしまい」と言っていたことからも窺えるが、時代の最先端の音楽に取り組みながら、若手ミュージシャンとも積極的に共演した。
この言葉の通り、かまやつひろしさんが様々な音楽活動をしていく中で、2009年2月18日に発表した『アニバーサリー・アルバム「1939〜MONSIEUR(サンキュー ムッシュ)」』でコラボしているミュージシャンは、今井美樹、THE ALFEE、TAROかまやつ(息子)、トータス松本、秦基博、一青窈、布袋寅泰、Micro、森山直太朗(従甥)、森山良子(従妹)などがいます。
(この中には井上順さんや堺正章さんもいます)

生涯音楽に触れていたかまやつひろしさんの生涯を象徴するような言葉であり、活動だと改めて思います。

かまやつひろしさんを襲った病魔

2016年9月6日、事務所から発表されたのが、かまやつひろしさんが『肝臓ガン』で入院中だという事でした。。「絶対復活しますから!」の事務所のコメントにも多くの人がうなずき、待っていたことでしょう。

かまやつひろしさんは2015年9月に膵臓ガンに診断を受けて手術しています。そして、2016年5月の定期検査で肝臓がんが分かり、8月に入院して、公表の流れとなっています。
肝臓ガンは手術ではなく、抗がん剤治療を受けていたという事です。

そして、2016年10月末に退院して通院治療が続きます。そんな中、2016年12月8日にかつてのスパイダースの仲間の堺正章さんの70歳記念ライブに来ていたかまやつひろしさんの姿が会場にありました。

かまやつひろしさんの最後のステージ

堺正章さんの記念ライブにかまやつひろしさんの姿が...、長年の友である二人の掛け合いが本当にほほえましく、感じられます。

産経ニューズからの引用でご覧ください。
27 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • ダムダム人 2019/10/23 18:25

    初めまして。
    かまやつさんというと、「旅の歌」という曲がすきでした。
    たしか、この曲はJRとのコラボだった気がします。

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ディスコからクラブまで、長らく六本木のランドマークだった六本木スクエアビル。

ディスコからクラブまで、長らく六本木のランドマークだった六本木スクエアビル。

六本木交差点から徒歩2分。二基のガラス張りのエレベータが象徴的だった地下2階、地上10階建ての六本木スクエアビル。70年代後半~1990年代にかけての数度にわたるディスコブームの最中、ほとんどのフロアがディスコになった時期もあり、ディスコブームを象徴するとともに当時の六本木のランドマーク的な存在のビルでした。
井上陽水のデビュー50周年記念!トリビュートアルバムに福山、宇多田、槇原など錚々たる面子が参戦!!

井上陽水のデビュー50周年記念!トリビュートアルバムに福山、宇多田、槇原など錚々たる面子が参戦!!

フォークの重鎮として長年君臨する井上陽水が今年デビュー50周年となるのを記念し、トリビュートアルバム「井上陽水トリビュート」の発売が決定しました。発売予定日は2019年11月27日。
隣人速報 | 716 view
本人監修!あの「長渕剛」がまさかのフィギュアになってお目見え!!

本人監修!あの「長渕剛」がまさかのフィギュアになってお目見え!!

BANDAI SPIRITSコレクターズ事業部より、シンガーソングライターとして不動の地位を築いている長渕剛のアクションフィギュア「S.H.Figuarts 長渕剛」が発売されることが明らかとなりました。現在予約受付中で、発売予定日は2020年1月。
隣人速報 | 3,062 view
細野晴臣デビュー50周年記念展「細野観光1969-2019」が開催!レア音源収録のベスト盤やYMOの写真集の発売も!

細野晴臣デビュー50周年記念展「細野観光1969-2019」が開催!レア音源収録のベスト盤やYMOの写真集の発売も!

六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー・スカイギャラリーにて、細野晴臣デビュー50周年記念展「細野観光1969 - 2019」の開催が決定しました。日程は2019年10月4日(金)から2019年11月4日(月・休)まで。
隣人速報 | 488 view
2020年公開の長渕剛主演映画「太陽の家」の主題歌「Orange」が完成!かつての長渕の主演映画って?

2020年公開の長渕剛主演映画「太陽の家」の主題歌「Orange」が完成!かつての長渕の主演映画って?

2020年公開の映画「太陽の家」で主演を務める歌手・長渕剛が、このたび映画の主題歌「Orange」を書き下ろし、YouTubeの自身の公式チャンネルなどで公開しました。
隣人速報 | 1,513 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト