「ユータァロゥ!」ベスと祐太郎のワケアリの国際結婚♡青い瞳の聖ライフ
2017年1月26日 更新

「ユータァロゥ!」ベスと祐太郎のワケアリの国際結婚♡青い瞳の聖ライフ

「ユータァロゥ!」ベスの訛り(?)がめちゃくちゃ可愛くて、外国人の女の子が身近に感じた作品でした。暗く、ドロドロ重くなりがちな大映テレビの雰囲気が、この作品ではベスの「ユータァロゥ!」と、鎌倉の風景で明るく吹き飛んでいました。

6,003 view

「青い瞳の聖ライフ」とは?

『青い瞳の聖ライフ』(あおいひとみのせいライフ)はフジテレビ系列で放映されたテレビドラマ。放映期間は1984年10月17日から1985年4月3日までの全23話で、毎週水曜日の20:00 - 20:54(JST)に放送されていた。
 (1707289)

ストーリー

神奈川県の鎌倉を舞台に、アメリカ人の女子高校生と日本人の男子高校生がある事情のために国際結婚をしてしまい、それが元で難しい立場に立ったベスと祐太郎の2人の生活と、留学生ベスが学校で起こす出来事を軽快なタッチで描くラブ・コメディー。
昭和のなつかしドラマ | ガールズちゃんねる - Girls Channel - (1707293)

鎌倉が舞台だからか、とっても爽やか。ドロドロしかけても、風景で持ち直す(?)というか。でも、自分たちの都合のみで、親や周りを巻き込むカモフラージュ結婚、しかも国際結婚・・・凄いですよね。

主なキャスト

ベス・グリーン役 フローレンス芳賀

 (1707288)

祐太郎の高校にやってきた留学生。ロックフェスティバル開催の夢を叶えるまでは帰国したくない!、ただそれだけの理由(本人にとってみれば、死ぬか生きるか、くらい大事件)で、好きでもなんでもないクラスメート、祐太郎と国際結婚することになる。

祐太郎役 宮川一朗太

けん (1707282)

出典 けん
少々ドジな平凡な高校生。マラソンでライバルに勝ちたい!そのためにどうしても熊本へ転校をしたくない!そんな悩みを抱えていた時に、同じようにどうしても帰国したくない留学生のベスと利害関係が一致し。国際結婚をする。何故だか、モテる。

賢役 竹本孝之

 (1707384)

ベスと祐太郎の仲を裂こうと必死!根は良い奴。

弥生役 大沢逸美

 (1707387)

祐太郎が好き。それゆえに2人を別れさせようと必死になります。もちろん嫉妬からベスに意地悪もします。
45 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

豪華なクリエイター達が携わった【吉川晃司】の「ラ・ヴィアンローズ」

豪華なクリエイター達が携わった【吉川晃司】の「ラ・ヴィアンローズ」

1984年にリリースされた吉川晃司さんの「ラ・ヴィアンローズ」には、作詞・作曲・編曲で大変豪華な方々が携わっていました!若さ溢れんばかりのカッコよさをもつ、当時の吉川晃司さんの名曲を聴き直してみましょう(^^)/
つきねこ | 3,240 view
1984年の今日、7月27日、映画『パープル・レイン』が全米で公開となり、プリンスはロックの歴史に永遠に名を刻んだ。そのタイトル曲の秘話とは?

1984年の今日、7月27日、映画『パープル・レイン』が全米で公開となり、プリンスはロックの歴史に永遠に名を刻んだ。そのタイトル曲の秘話とは?

1984年の今日、7月27日、映画『パープル・レイン』が全米で公開となりました。プリンスが映画『パープル・レイン』を作ろうと思ったのは、あるロックスターのツアー公演を見たのきっかけだったという。リリース情報もお伝えする。
原作は200万部の大ベストセラーで映画では原田知世が主演した【天国にいちばん近い島】を覚えてますか?

原作は200万部の大ベストセラーで映画では原田知世が主演した【天国にいちばん近い島】を覚えてますか?

皆様は【天国にいちばん近い島】と聞くと、何を連想されますか?この記事では【天国にいちばん近い島】をテーマに、舞台となった場所、本、映画、音楽について触れてみたいと思います(^^)/
つきねこ | 1,330 view
本日は1984年のアルバム『パープル・レイン』が全米で発売された日!プリンス専属エンジニアだったスーザン・ロジャースが語る『パープル・レイン』の秘密

本日は1984年のアルバム『パープル・レイン』が全米で発売された日!プリンス専属エンジニアだったスーザン・ロジャースが語る『パープル・レイン』の秘密

1984年6月25日にプリンス&ザ・レヴォリューションの大ヒット・アルバム『パープル・レイン』が全米で発売されました。同作品についてプリンスの専属エンジニアだった、スーザン・ロジャースが色々と語ってくれました。
「スタンド・バイ・ミー」の監督が手がけた伝説のロック映画「スパイナル・タップ」が34年の時を経て日本初公開!!

「スタンド・バイ・ミー」の監督が手がけた伝説のロック映画「スパイナル・タップ」が34年の時を経て日本初公開!!

皆さんは「スパイナル・タップ」という映画をご存知でしょうか?1984年に公開された「スタンド・バイ・ミー」のロブ・ライナーの初監督作品であり、“幻のロック映画”とされている作品です。このたび、その「スパイナル・タップ」が日本初公開の運びとなりました。
隣人速報 | 691 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト