手塚の描く戦闘少女〜 漫画「プライム・ローズ」
2016年4月11日 更新

手塚の描く戦闘少女〜 漫画「プライム・ローズ」

手塚治虫の漫画「プライム・ローズ」、ご存知でしょうか?硬軟両面で時代を映した作品といえるかも知れません—

6,411 view
 (1624055)

第1巻、表紙

手塚ロリ?

『プライム・ローズ』は、手塚治虫による日本のSF漫画作品。『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)に1982年7月9日号から1983年6月3日号まで連載された。
手塚氏の同誌連載としては「七色いんこ」の次となる作品です。
女性主人公、それも露出の多いコスチュームの少女の主人公は、当時のいわゆるロリコンブームの影響ともいわれますが、同年新年号から連載開始された同誌の「あんどろトリオ」が突出しているくらいで、ほかに一般漫画誌のかぎりは目立ったものは見当りません。しかし、同年はのちにロリコン二大誌と言われた「レモンピープル」と「漫画ブリッコ」(ただしこちらのロリコン路線化は翌年から)の創刊の年でもあり、同人誌の抗争まで耳に入れていたと言われる手塚氏の精通ぶりから考えて、そういった影響によるものではないとは言いきれないし、直接の影響関係をともかくとすれば、そういった時代を反映したものであるとは言えるかも知れません。

いつの時代か どの場所か

〈いつの時代かも どの場所かも わからない〉として物語は始まります。
強大な国家グロマンが軍事力でククリットを打ち負かし支配権を握り、16年が経ったところから物語は始まります。
エミヤ・タチ

エミヤ・タチ

今作の主人公。
ククリットの上流階級タチ家の娘。
行動的ではっきりものを言う性格。スウォードプレイというスポーツのクラブ活動に参加しており、1巻表紙などの姿はそのコスチューム姿。
タロ

タロ

エミヤのボーイフレンド。エミヤは彼と結婚するつもりと言うが、タロは二人の身分の違いから行く末を案じている。タロのような身分のものにはやがて強制労働への徴用もあるのだ。
身分違いの交際をエミヤの父に嫌がられ、まだ対象年齢ではないのに強制労働に徴用されてしまう。
出典 wada y
ピラール

ピラール

グロマンから送られたククリットの総督
パーティーでのダンスの相手をエミヤにきつく断られ、嫌われている。
強制労働のコロニーにタロを救いに来たエミヤを案内するが、
タロは脱走。二人が駆けつけるのが間に合わず、タロは目の前で殺される。
「殿下ッ きっとあんた殺してやるわ 覚えてらっしゃい!!」

数奇な出自

父とピラールそれぞれから聞かされ、エミヤは自分とピラールの数奇な出自を知ります。
グロマンのククリット支配がなったとき、両国の王室は“平和”の証として生まれたばかりの第三王子と第三王女を人質として交換したのです。それがエミヤとピラールだったのです。つまりエミヤはククリットの人間でありながらグロマン人。ピラールはグロマンの人間でありながらククリット人というわけです。

また、タロが徴用されてしまった日、エミヤは浮浪者のようなナリの、しかし眼光鋭い不思議な老人に出逢っていました。彼はエミヤに、彼女がグロマン人であること、グロマン人の身体は危険に際して硬化するなど強靭であることを教えます。
その彼の手引きで、彼女は当局に業界を追放された、かつての有名漫画家を訪ねます。
漫画家はグロマンがククリットに行った侵略と虐殺を作品に描いたため、当局に追われているのです。学校の教科書は侵略を「解放」で「悪者退治」、虐殺を「平和のためのほんのチョットした犠牲」と教えているのでした。
二人が話しているところに、グロマンの殺し屋たちが乗り込んできます。高層ビルから突き落とされ漫画家は殺されますが、身体を硬化したエミヤは助かります。
それから、エミヤは友人の紹介で偶然、教科書出版社の人間と知り合います。彼はエミヤがククリットの味方のグロマン人であることを知ると、彼女に教科書をつくっているコンピューターの破壊を懇願します。一旦は断ったエミヤでしたが、虐殺の現場の廃虚を見せられ、また彼がそのたった3人の生き残りの一人だと知り、コンピューターの破壊を決行します。

師との修業

エミヤが教科書コンピューターを破壊したことを知ったピラールは証拠を抹消させます。そして罪を見逃す代わりにエミヤに自分の元に来るよう迫ります。抗って部屋に火を放ったエミヤは、老人の手助けで逃亡。ククリット王国の果て、荒廃地の住処に彼女を連れた彼は、ジンバと名乗り、自分を師として学ぶように告げます。
ジンバ

ジンバ

貴族の令嬢としてなに不自由なく我がまま放題に育ったエミヤを、ジンバは鍛え直す。
剣もスポーツではなく、生き残るための術として。
彼は盗み出したグロマン王の印璽を隠しており、エミヤに彼女のほんとうの父のことを教える。代々のグロマン王は宇宙の悪魔に忠誠を誓い不可思議な能力をグロマン人に受けてきたが、エミヤの父十七代グロマン王はそれが滅びの道だと悟り、ククリットとの平和を築こうとした。ところが側近のゴールダは王と王妃を殺害し、自分が十八代の王となるとククリットを侵略したのだという。
エミヤはジンバこそが、ほんとうは自分の父ではないのかと問うが、彼は否定する。

別れ、そして石になったエミヤ

ピラールはエミヤを追って荒廃地に単独やって来ますが、搭乗機を失い帰れなくなってしまいます。やがてピラールの兄キリコが追っ手としてやってきます。ジンバと剣で戦い、ジンバを倒すキリコ。命が尽きるなかで、ジンバは自分が十七代王、エミヤの父であることを明かします。捕えられるところをエミヤは“石”に硬質化します。そして、通常はしばらくで解けてしまう硬質化が、いつまでも解けずエミヤは石像のようにピラールの総督邸に安置されることになります。
—そして、一年の月日が経ちます。

未来の日本人

話が錯綜するのを避けるため、いくつかを省いてエミヤの物語の流れを追ってきましたが、エミヤがコロニーに潜入した際、脱走者監視に雇われている、グロマンでもククリットでもないという男、タンバラ・ガイと出会っていました。どうしてもタロを救いにいくというエミヤを、彼は途中まで送ってやったのです。
そしてそのあと、ピラールにスパイの嫌疑をかけられた彼は、“弟子”のブーボーとともに、強制労働のもっとも過酷な地区に送られたのです、、
ブンレツとタンバラ・ガイ

ブンレツとタンバラ・ガイ

ガイが強制労働送りとなりエミヤが石像と化した一年後、突然、荒廃地に爆発とともに現れた少年。彼はほんの小さな不思議なカプセルで川を凍らせるなど、グロマンやククリットの科学を超えた存在に見える。
—彼の名は胆原文烈(ブンレツ)。

タンバラ・ガイは、彼の兄、胆原凱。
ガイはタイムパトロールの一員。千葉の九十九里浜とアメリカのダラスがまちごと一万年後の未来に飛ばされた事件を追っていた。

ブンレツは帰らない兄を追って、養成学校の1年生でありながら、無断無免許でタイムマシンを使い、先ほどこの時代に到着したのだが、タイムマシンは失ってしまったのである。
ブンレツはエミヤのものだった馬とともに、ククリットを目指しますが、賊に襲われ、その拠点へと出向きます。すると、そのボスはガイだったのでした。
ガイはコロニーに送られたククリット人の反抗地下組織のリーダーとなっていたのでした。
そしてブンレツは、一万年後に飛ばされたまちの真実を聞かされます。ククリットは九十九里浜の日本人の「成れの果て」だったのです。“日本人同胞”のためにガイはコロニーのククリット人たちを率いて施設を占拠。ついでブンレツとともにククリットのまちに潜入し、石像と化したエミヤを奪取。ククリットの印璽を近づけることで、一年間石のままだったエミヤを元の姿に戻します。
27 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • 2019/8/29 12:22

    テロとアベというフレーズがまったく理解できないのですが、それは私が偏っているせいなんですかね?
    おおこわいこわい。

    2019/8/24 11:57

    翻ってこのテロとアベの現代

    なんだこの一言は。この言葉までの部分はとてもうまくまとめられていて、大いに楽しく参考にさせていただいたのに…。がっかりです。そういう人たちが昔々に理想のために核兵器を作ったし、共産主義を作ったし…。まあいいや。

    すべてのコメントを見る (2)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

きまぐれオレンジ☆ロード、クリィミーマミ、うる星やつら…高田明美の画集「Angel Touch」が発売決定!!

きまぐれオレンジ☆ロード、クリィミーマミ、うる星やつら…高田明美の画集「Angel Touch」が発売決定!!

復刊ドットコムより、イラストレーター、宝飾デザイナーとして活躍する高田明美が世に送り出したイラストを振り返る画集『Angel Touch ~エンジェルタッチ~ 高田明美画集』の発売が決定しました。
隣人速報 | 1,001 view
80年代の青少年のバイブル!「かぼちゃワイン」の三浦みつる、引退を発表。

80年代の青少年のバイブル!「かぼちゃワイン」の三浦みつる、引退を発表。

「The・かぼちゃワイン」で有名な漫画家・三浦みつるが自身のTwitterにて、新作描きおろしである「バック・トゥ・The・かぼちゃワイン」をもって漫画家を引退することを発表しました。
隣人速報 | 12,497 view
大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀による70年代の人気漫画「はいからさんが通る」。そのアニメ映画が前後編の2本製作されるが、タイトルが決定した。前編は11月11日、後編が2018年内に公開される予定だ。
80年代~90年代のりぼん歴代連載作がスカイツリーに集結!「250万乙女のときめき回廊」1月9日から開催予定

80年代~90年代のりぼん歴代連載作がスカイツリーに集結!「250万乙女のときめき回廊」1月9日から開催予定

月刊少女漫画雑誌「りぼん」の創刊60周年を記念したイベント「250万乙女のときめき回廊 at TOKYO SKYTREE」が、2017年1月9日~3月31日までの期間限定で開催される。今回、80年代~90年代に連載された人気漫画が東京スカイツリーを彩る。
red | 2,570 view
ニューハーフ、パイズリ、おっぱい星人、ホニャララ…有名人が考案したとされる日本語の数々!!

ニューハーフ、パイズリ、おっぱい星人、ホニャララ…有名人が考案したとされる日本語の数々!!

毎年のように現れては消えていく流行語。中には有名人が発案し、そのまま日本語として定着するものも数多くあります。この記事では、そんな言葉の中からいくつかをピックアップしてご紹介したいと思います。
となりきんじょ | 51,744 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト