泣ける!感動する!懐かしの邦画7選
2018年4月26日 更新

泣ける!感動する!懐かしの邦画7選

「泣ける! 感動する!」映画の、今回は邦画編です。星の数ほどある映画の中から、懐かしい邦画を7つ集めてみました。ドラマあり、恋愛あり、青春あり、はたまた愛らしく逞しい動物たち、などなど様々なタイプを選んでみました。皆様はどの映画が好きでしたか?

5,751 view

ストーリー・見どころ

刑務所帰りの中年男が、偶然出会った若い男女とともに妻の元へ向かうまでを描いた山田洋次監督によるロードムービー。
過去を持つ主人公の物語と若いカップルのラブストーリーが北海道の四季とともにつづられ、1977年に公開されるや大ヒットを記録し、その年の映画賞を独占した。
主演は名優・高倉健、その妻役に倍賞千恵子、製作当時映画初出演の武田鉄矢、桃井かおりらが共演。
日本映画史に輝く不朽の名作を、色鮮やかによみがえったデジタルリマスターにて堪能したい。

映画『幸福の黄色いハンカチ』予告編

刑務所帰りの中年男が、偶然出会った若い男女とともに妻の元へ向かうまでを描いた山田洋次監督によるロードムービー。過去を持つ主人公の物語と若いカップルのラブストーリーが北海道の四季とともにつづられ、1977年に公開されるや大ヒットを記録し、その年の映画賞を独占した。主演は名優・高倉健、その妻役に倍賞千恵子、製作当時映画初出演の武田鉄矢、桃井かおりらが共演。日本映画史に輝く不朽の名作を、色鮮やかによみがえったデジタルリマスターにて堪能したい。
配給:松竹
「もし、まだ1人暮らしで俺を待っててくれるなら…鯉のぼりの竿に黄色いハンカチをぶら下げておいてくれ」
刑務所から奥さんへの手紙。
出所して、家へ帰る途中、一緒に行くことになったカップルに、いざ、家の周辺まで来ると、急に心細くなり、引き返そうとしたり、「誰かと一緒になってるよ」とヤケくそに言ってみたり‥‥
そんな揺れる気持ちの中で、黄色いハンカチがはためいていた。
待っていてくれたんだ‥‥!
胸が熱くなる瞬間です。
名作ですね!

映画『イエロー・ハンカチーフ』予告編

ウィリアム・ハート主演でアメリカでもリメイクされています。
2008年製作・2010年日本公開。

鉄道員(ぽっぽや)

鉄道員(ぽっぽや) [DVD]

鉄道員(ぽっぽや) [DVD]

1999年。
・監督
降旗康男
・キャスト
高倉健
大竹しのぶ
広末涼子
奈良岡朋子
小林稔侍

ストーリー・見どころ

浅田次郎の直木賞受賞作を、高倉健主演で映画化した人生ドラマ。
鉄道員(ぽっぽや)として気概と誇りを胸に生きてきた男が、定年目前になり自らの人生を振り返る。
監督は「あ・うん」の降旗康男。共演に大竹しのぶ、広末涼子。
北海道のローカル線、幌舞線の終着駅・幌舞。駅長・佐藤乙松は筋金入りのぽっぽや。
職務に忠実なあまり、生後2ヵ月で死んでいった娘や思いがけない病で死んだ妻を見取ることさえできなかった。
佐藤は近く廃線になる幌舞線とともに定年を迎えようとしていた……。

鉄道員(ぽっぽや)(予告編)

原作は、140万部を超えるベストセラーとなった浅田次郎の短編小説「鉄道員(ぽっぽや)」(第117回直木賞受賞作)。
本作が5年ぶりの映画出演となった主演の高倉健と共に名匠・降旗康男監督と撮影・木村大作のコンビが、北海道の厳しくも美しい自然を詩情豊かに映像化。
浅田次郎さんの原作小説も読んだのですが、
「これはダメでしょ!」
と思わず本に向かって独り言を呟いたほどです。
「ダメ」というのは、もちろん、そのままの意味でなくて‥‥
「そんなこと書かれたら、泣かずにはおれないでしょ!」
という意味なのです。
「男が守り抜いたのは、小さな駅と、娘への想い」
「1人娘を亡くした日も、愛する妻を亡くした日も、男は駅に立ち続けた…」
そして、孤独な日々をおくる男に「奇跡」は起きた‥‥のです!
泣かずにはおれない物語です。

そして、最後に、こうやって7つ邦画を集めてみまして、
決して、狙ったわけではないのに‥‥
「主演・高倉健さんが多い‥‥!」
ということに気づきました。
名作に健さんあり‥‥?!
なのかもしれないな‥‥という感想さえ持ちました。

皆さまはどの映画が好きでしたか?
こう書くのは恥ずかしいのですが、この記事を既に泣きながら書いている私であります。
特に「南極物語」‥‥動物に弱い、ダメだ泣いてしまう‥‥のは、今も昔も変わっていないと再確認したように思います。
昔も今も変わらず心動かされる映画あり、そして、昔見た時とは違う感覚で見て映画もあり、映画が自分をうつす鏡のようにも思えますね!
ここまで読んでくださってありがとうございます。
52 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『御法度』大島渚の遺作であり「松田優作の息子」と宣伝された松田龍平デビュー映画!監督自ら熱烈オファーで実現!

『御法度』大島渚の遺作であり「松田優作の息子」と宣伝された松田龍平デビュー映画!監督自ら熱烈オファーで実現!

1999年に公開された大島渚監督の『御法度』。松田優作の息子である松田龍平のデビュー作でした。大島渚の遺作となった新選組を扱った時代劇。当時中学3年生だった松田龍平を熱心に俳優の道へと誘ったのは大島渚でした。
ひで語録 | 1,680 view
泣ける!感動する!懐かしの洋画7選

泣ける!感動する!懐かしの洋画7選

星の数ほどある映画の中から、懐かしく、そして、泣いた! 感動した! という映画を集めてみました。今回は洋画です。ドラマあり、SFあり、恋愛あり、青春あり、様々なタイプを選んでみました。皆様はどの映画が好きでしたか?
Yam | 3,888 view
12/2(土)角川映画の音楽だけを演奏する角川映画シネマ・コンサートが一般発売開始です!

12/2(土)角川映画の音楽だけを演奏する角川映画シネマ・コンサートが一般発売開始です!

70年~80年代の邦画を背負っていたのが、何と言っても角川映画。『犬神家の一族』や『人間の証明』など今でも語り継がれる名作ばかり。そんな角川映画を代表する作品の映画音楽をオーケストラの生演奏で堪能しませんか?
角川映画のシネマ・コンサート開催決定!「犬神家の一族」「人間の証明」「野生の証明」が大野雄二オーケストラで甦る!!

角川映画のシネマ・コンサート開催決定!「犬神家の一族」「人間の証明」「野生の証明」が大野雄二オーケストラで甦る!!

名作映画を観ながらオーケストラの生演奏で映画音楽を楽しむ「シネマ・コンサート」、昨今人気が高まっています。そんな中、角川映画3作品「犬神家の一族」「人間の証明」「野生の証明」のシネマ・コンサートの開催が決定!!
隣人速報 | 724 view
【南極物語】に出演した名優さん達を振り返る

【南極物語】に出演した名優さん達を振り返る

1983年に公開された映画、南極物語。ストーリーは実話をもとに創作を交えた、撮影期間に3年以上をかけた日本映画の大作。子供の頃に実際、映画館に見に行きました。その迫力あるシーンはいまだに脳裏に焼き付いています。 南極物語についてまとめてみました。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト