泣ける!感動する!懐かしの邦画7選
2018年4月26日 更新

泣ける!感動する!懐かしの邦画7選

「泣ける! 感動する!」映画の、今回は邦画編です。星の数ほどある映画の中から、懐かしい邦画を7つ集めてみました。ドラマあり、恋愛あり、青春あり、はたまた愛らしく逞しい動物たち、などなど様々なタイプを選んでみました。皆様はどの映画が好きでしたか?

5,751 view

映画予告編(003) 南極物語

古いビデオテープですので、画像の乱れがあります。
個人的に動物出演のドラマに弱いので、予告編にも出てくる女の子が、
「おじさん、どうしてリキ(犬)を捨ててきたの?!
どうして連れてこなかったの?!
おじさんなんか嫌い!」
というセリフに、私まで「なんで置いてきたの?!」と一緒に責めてしまいそうになりましたが、また、犬たちを置いてきてしまった方(健さん‥‥高倉健さん演じる)も、身を切るほど辛い思いだったろうとも‥‥!
だからこそ、よけいに、南極という美しい景色だけれど生物が生きていくには、あまりにも過酷な環境下で、タロとジロが生きていた‥‥! 逞しく生き残っていた‥‥!
これだけでも、涙‥‥です!

南極物語 Theme from Anterctica / Vangelis (Evangelos Odysseas Papathanassiou)

ヴァンゲリス作曲の「南極物語」テーマ曲です。
曲だけでも涙出てきそうです。

ハチ公物語

ハチ公物語 [DVD]

ハチ公物語 [DVD]

1987年。
・監督
神山征二郎
・キャスト
仲代達矢
八千草薫
長門裕之

ストーリー・見どころ

小さき者へ 幼い者へ 若き人へ 父なる人へ 母なる人へ 神様からの贈り物。

有名な忠犬ハチ公の物語。
昭和初期―秋田の片田舎で生まれた子犬が、東京の大学教授の家に贈られてハチ公と名付けてもらう。
成長したハチは、いつしか教授を渋谷駅まで送り迎えするのが日課となるが、教授は病気で帰らぬ人となる。
しかしハチは雨の日も風の日も渋谷駅で教授の帰りを待つ…。
渋谷駅前の名物になっている銅像"ハチ公"の物語をてらうことなく丁寧に描き、人と動物との愛の交流を描いた感動作。

ハチ公物語 予告編

人間と犬の物語が続きます。
「忠犬ハチ公」はとても有名ですね!
ハチ公がどんなふうに育ってきたのか‥‥がよくわかる映画でもあります。
そして、やっぱり‥‥泣きます(私としては‥‥)。
人間の一生にも犬の一生にも、それぞれドラマあり‥‥。
決して、二度と会えない、帰ってこない飼い主さん、お父さんを駅舎で待ち続けるハチ‥‥堪らない気持ちになりますね‥‥!
そして、「南極物語」もそうなのですが、「ハチ公物語」もアメリカでリメイクされています。心を動かされるのに国の違いはないのですね。

青春デンデケデケデケ

青春デンデケデケデケ デラックス版 [DVD]

青春デンデケデケデケ デラックス版 [DVD]

1992年。
・監督
大林宣彦
・キャスト
林泰文
大森嘉之
浅野忠信
永堀剛敏

ストーリー・見どころ

1960年代中頃の四国の田舎町を舞台に、ベンチャーズに憧れ、ロックバンドに情熱を燃やす高校生たちの姿を軽妙でノスタルジックに描いた青春ドラマ。
直木賞を受賞した芦原すなおの同名小説を、「転校生」「さびしんぼう」の大林宣彦監督が映画化。
1965年の春休み。四国・香川県の観音寺市。高校入学を目前に控えた藤原竹良は、昼寝中にラジオから流れてきたベンチャーズの「パイプライン」に衝撃を受け、高校に入るや仲間を集めてロックバンドを結成する……。

Rocking Horsemen  ①

ロッキング・ホースメンというバンド名で「パイプライン」をカバー!
映画のシーン。
芦原すなおさんの原作小説を読んでとてもおもしろかったので、映画も見てみました!
感動・泣ける、というよりも、爽やかさの中に少しのほろ苦いせつなさを感じる良作! 
また、個人的に高校時代にバンドを組んでいたので、映画中の登場人物たちに感情移入しやすかったのかもしれないですね‥‥。お寺を練習場所にできるだけで羨ましいなと思ったり‥‥!
「デンデケデケデケ」とは、ベンチャーズのギターの「デケデケデケデケデケ」(よけいに、わかりにくかったですね‥‥)のことですね!
青春映画の秀作です。
ピリっとした苦みと爽やかさがマッチしたレモンスカッシュみたいな映画です。独特の映像にも引き込まれますよ!

幸福の黄色いハンカチ

幸福の黄色いハンカチ デジタルリマスター2010 [DVD]

幸福の黄色いハンカチ デジタルリマスター2010 [DVD]

1977年。
・監督
山田洋次
・キャスト
高倉健
倍賞千恵子
桃井かおり
武田鉄矢
渥美清
52 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『御法度』大島渚の遺作であり「松田優作の息子」と宣伝された松田龍平デビュー映画!監督自ら熱烈オファーで実現!

『御法度』大島渚の遺作であり「松田優作の息子」と宣伝された松田龍平デビュー映画!監督自ら熱烈オファーで実現!

1999年に公開された大島渚監督の『御法度』。松田優作の息子である松田龍平のデビュー作でした。大島渚の遺作となった新選組を扱った時代劇。当時中学3年生だった松田龍平を熱心に俳優の道へと誘ったのは大島渚でした。
ひで語録 | 1,678 view
泣ける!感動する!懐かしの洋画7選

泣ける!感動する!懐かしの洋画7選

星の数ほどある映画の中から、懐かしく、そして、泣いた! 感動した! という映画を集めてみました。今回は洋画です。ドラマあり、SFあり、恋愛あり、青春あり、様々なタイプを選んでみました。皆様はどの映画が好きでしたか?
Yam | 3,878 view
12/2(土)角川映画の音楽だけを演奏する角川映画シネマ・コンサートが一般発売開始です!

12/2(土)角川映画の音楽だけを演奏する角川映画シネマ・コンサートが一般発売開始です!

70年~80年代の邦画を背負っていたのが、何と言っても角川映画。『犬神家の一族』や『人間の証明』など今でも語り継がれる名作ばかり。そんな角川映画を代表する作品の映画音楽をオーケストラの生演奏で堪能しませんか?
角川映画のシネマ・コンサート開催決定!「犬神家の一族」「人間の証明」「野生の証明」が大野雄二オーケストラで甦る!!

角川映画のシネマ・コンサート開催決定!「犬神家の一族」「人間の証明」「野生の証明」が大野雄二オーケストラで甦る!!

名作映画を観ながらオーケストラの生演奏で映画音楽を楽しむ「シネマ・コンサート」、昨今人気が高まっています。そんな中、角川映画3作品「犬神家の一族」「人間の証明」「野生の証明」のシネマ・コンサートの開催が決定!!
隣人速報 | 724 view
【南極物語】に出演した名優さん達を振り返る

【南極物語】に出演した名優さん達を振り返る

1983年に公開された映画、南極物語。ストーリーは実話をもとに創作を交えた、撮影期間に3年以上をかけた日本映画の大作。子供の頃に実際、映画館に見に行きました。その迫力あるシーンはいまだに脳裏に焼き付いています。 南極物語についてまとめてみました。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト