岡本健一、「真田丸」で20年ぶり大河ドラマに出演 “大坂五人衆”の毛利勝永に!
2016年5月9日 更新

岡本健一、「真田丸」で20年ぶり大河ドラマに出演 “大坂五人衆”の毛利勝永に!

大河ドラマ「真田丸」を彩るキャストとして、元男闘呼組で俳優の岡本健一が毛利勝永役で出演する事が決定した。岡本健一自身もこの出演に意気込みを見せている。

7,427 view

岡本健一、大河ドラマ「真田丸」で“大坂五人衆”の一人の毛利勝永で出演決定!

元男闘呼組で俳優の岡本健一が、堺雅人主演のNHK大河ドラマ「真田丸」に出演することが明らかになった。
岡本健一は、大坂の陣で活躍した“大坂五人衆”の一人の毛利勝永を演じる。

毛利勝永は、豊臣家のために大坂の陣に参戦した勇猛果敢な武将。“大坂五人衆”の一角で、真田信繁(堺雅人)とともに最終決戦・天王寺の戦いに挑む。
岡本健一

岡本健一

俳優、歌手。
所属事務所はジャニーズ事務所。血液型はO型。東京都新宿区下落合出身。明治大学付属中野高校定時制中退。愛称:オカケン。 身長170cm。

男闘呼組として活動中から、別バンド「ADDICT OF THE TRIP MINDS」のボーカル&ギターとしても活動し、男闘呼組の解散後にアルバムを1枚リリース。後に脱退した。現在は俳優として舞台やTV等で活躍中。

(岡本健一コメント)

『真田丸』第1話から登場人物たちの人間性、喜怒哀楽、すさまじく展開していく物語に、毎回引き込まれ、心を打たれています。家族を守る女、戦う男、市井(しせい)の人々。彼らが命懸けで戦い、守って、命を犠牲にしていたから、今の私たちは、この今の日本で平和に生きているのかもしれません。私の演じる毛利勝永、信ずるものを信じ、全身全霊で『真田丸』に挑んでいきます!
岡本健一と言えば男闘呼組のメンバーの一員だった事を思い出すが、今は立派な俳優として成長し活躍中だ・・・。
男闘呼組の頃の岡本健一

男闘呼組の頃の岡本健一

岡本健一、3度目の大河ドラマ出演に

岡本健一が大河ドラマに出演するのは、「独眼竜正宗」(1987年放送)、「秀吉」(96年放送)に続いて3度目で、約20年ぶりの出演となる。
1987年に初めて大河ドラマ出演を果たした『独眼竜正宗...

1987年に初めて大河ドラマ出演を果たした『独眼竜正宗』では、小次郎を演じる。

お東の方の陰謀のあおりを受け、政宗に殺される弟役を演じた。

屋敷陽太郎が岡本健一を起用した理由を語る。

NHK大河ドラマ「真田丸」を手がける制作統括の屋敷陽太郎チーフプロデューサーは、岡本健一の起用理由を「毛利勝永は、大坂の陣に向かった際の妻との別れの逸話でも知られるように、特に豊臣家への忠誠心に厚い武将であったと伝わります。そして、信繁に勝るとも劣らぬ武勇で大活躍しました。大坂の大地を吹き抜けた爽やかな風のような毛利勝永を演じていただくのは、岡本健一さんしか考えられないと思いました!」と説明している。
屋敷陽太郎

屋敷陽太郎

日本放送協会 制作局 チーフ・プロデューサー
1970年富山県生まれ。93年NHK入局。以来、ほぼ一貫してドラマ制作に携わる。

NHK大河ドラマ『真田丸』

「真田丸」は、堺雅人が真田幸村の名でも知られている戦国時代の人気武将・真田信繁を演じ、戦国時代に信州の小さな領主のもとに生まれた信繁が、家族とともに知恵と勇気と努力で乱世を生き抜く姿を描いている。
三谷幸喜が2004年放送の「新選組!」以来、12年ぶりに大河ドラマの脚本を手がけ、大泉洋や草刈正雄、長澤まさみらが出演している。
NHK大河ドラマ『真田丸』

NHK大河ドラマ『真田丸』

NHK総合で毎週日曜午後8時ほか

タイトルになった「真田丸」は、大阪の陣(夏の陣・冬の陣)で、真田幸村が大阪城の平野口に築いた城のこと。

この城の名前をそのままタイトルに用いたのは理由があり、真田一族を一艘の船にたとえ、彼らの生き様描くためにこのタイトルとなった。
16 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【男闘呼組】男が憧れたジャニーズグループ!メンバーの今を大調査!

【男闘呼組】男が憧れたジャニーズグループ!メンバーの今を大調査!

1980年代ににデビューした「男闘呼組」(岡本健一、高橋和也、前田耕陽、成田昭次)は男が憧れるジャニーズのロックバンドグループでした。解散理由も謎に包まれたままですが、ジャニーズ「男闘呼組」を振り返ります!
大河ドラマ【真田丸】で、38年ぶりに松本幸四郎が呂宋助左衛門を演じる!!

大河ドラマ【真田丸】で、38年ぶりに松本幸四郎が呂宋助左衛門を演じる!!

松本幸四郎が、NHK大河ドラマ『真田丸』で呂宋助左衛門(るそん すけざえもん)役を演じた。1978年に放映された『黄金の日日』でも松本は、呂宋助左衛門役で主演として参加している。
red | 1,264 view
ジャニーズが生んだ本格派ロックバンド「男闘呼組」

ジャニーズが生んだ本格派ロックバンド「男闘呼組」

1980年代後半から1990年代前半にかけて活動したジャニーズ所属の本格派ロックバンド「男闘呼組」に関する情報まとめ。
nyama | 9,264 view
ジャニーズ主演ドラマのはしり「サーティーン・ボーイ」に主演の80年代のファッショニスタの岡本健一にあこがれた

ジャニーズ主演ドラマのはしり「サーティーン・ボーイ」に主演の80年代のファッショニスタの岡本健一にあこがれた

歌番組がまだ多かった頃、ジャニーズアイドルは歌手活動がメインでドラマは主流ではありませんでした。岡本健一さんはそういう時代にドラマでも活躍した人でした。
ガンモ | 15,794 view
日劇閉館イベントで「スニーカーぶる~す」が上映。近藤真彦が公開の81年当時を振り返り舞台挨拶でコメント

日劇閉館イベントで「スニーカーぶる~す」が上映。近藤真彦が公開の81年当時を振り返り舞台挨拶でコメント

2月4日に閉館するTOHOシネマズ日劇で「青春グラフィティ スニーカーぶる~す」(1981年)が上映され、たのきんトリオの一人として出演していた近藤真彦が舞台挨拶に登壇。1981年の公開当時の想い出を語った。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト