2016年12月2日 更新

R&Bの先導者『鈴木雅之』。ハスキーボイスが繰り出すラブソングに酔わされましたね。

シャネルズ~ラッツ&スター~ソロシンガーへ。いつの時代もR&Bラブソングを世に送り続けた鈴木雅之。デビュー当時から変わらぬサングラスとヒゲ。こだわりを感じますね。そんな彼の代表曲をご紹介しましょう。

1,958 view

お茶の間が驚いた黒塗りの顔

シャネルズ

 (1794026)

出典 ameblo.jp
1980年にレコードデビュー後、ヒット曲を連発。

何と言ってもこの容姿には世間が驚きましたね。
ボーカルの4人の顔が黒塗りで、いったい何者?と話題になりました。
何を塗っていたのかご存知ですか?
当初は靴の黒墨と白髪染めを塗っていたそうです。落とすのが大変なうえに肌荒れがひどかったようです。後にメイクさんから黒のファンデーションを教えてもらって途中から変更したようですが、ご苦労なさったのですねぇ。

1983年にグループ名をラッツ&スターに変更。
鈴木雅之はメインボーカルとして活躍を続けました。

ドゥ・ワップ旋風

ランナウェイ

 (1794030)

出典 ameblo.jp
1980年2月、レコードデビュー。 

見た目でビックリ、歌でビックリ。
一見するとコミックバンド?って思われそうなスタイルだけど、歌はとてもイイ。
このギャップが話題となりデビューシングルがいきなりミリオンセラー。
ほとんどの人がドゥ・ワップって何?って思ったそうです。当時では聞きなれない言葉だったのですねぇ。

ランナウェイ

ドゥ・ワップ第2弾

トゥナイト

1980年6月リリース。
「ランナウエイ」に続いてのヒット曲。

音楽界で最高のスタートを切ったシャネルズですが、この歌の発売直後、メンバー数人が興行先で事件を起こし、マスコミに大きく取り上げられ、デビュー半年でいきなり謹慎となり、ファンを落胆させました。。
 (1794129)

自粛明けの3rdシングル

街角トワイライト

 (1794141)

1981年2月リリース。
半年の自粛期間を経て発売したシングルは、オリコン第1位の大ヒットとなりました。
色々ありましたが、ファンは待ちかねていたのですね。

この後、「ハリケーン」「憧れのスレンダーガール」など次々とヒット曲をリリースしていきます。 そして1983年にシャネルズからラッツ&スターに改名します。

街角トワイライト

渚まで 噂走るよ めっ!

め組のひと

53 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

鈴木雅之がソロデビュー30周年!還暦も迎え、記念アルバムを発売へ!

鈴木雅之がソロデビュー30周年!還暦も迎え、記念アルバムを発売へ!

鈴木雅之。シャネルズやラッツ&スターを経てソロデビューした日本を代表する男性シンガー。その鈴木雅之のソロデビュー30周年と還暦を記念したアルバム「dolce」が発売される。久保田利伸や谷村新司等のビッグアーティストが参加している。
「桑マン」こと桑野信義はお笑いタレントとミュージシャンの二刀流!!

「桑マン」こと桑野信義はお笑いタレントとミュージシャンの二刀流!!

桑マンの愛称で親しまれていた桑野信義。鈴木雅之率いるシャネルズからラッツ&スターのトランぺッターであり、志村けんファミリーとして田代まさしとともにお茶の間を笑わせていたコメディアン。そんな桑マンを振り返ります。
青春の握り拳 | 20,460 view
死後の音源発見で話題になり、多くのアーティストにカバーされる大瀧詠一の名曲、「夢で逢えたら」

死後の音源発見で話題になり、多くのアーティストにカバーされる大瀧詠一の名曲、「夢で逢えたら」

2013年12月に亡くなった大瀧詠一。死後に発見された、家族しか知らなかったセルフカバーの音源が話題になりましたが、今も多くのアーティストにカバーされ愛されている「夢で逢えたら」について振り返ります。
ybanzawa | 802 view
【名曲トリビア】ラッツ&スターの「め組のひと」は、なんとキン肉マンとコラボしていた!?

【名曲トリビア】ラッツ&スターの「め組のひと」は、なんとキン肉マンとコラボしていた!?

「いなせだね 夏を連れて来た女(ひと) 渚まで 噂走るよ めッ! 」当時の忘年会や余興で、黒塗りにして真似をした人も多かったはず!大流行したこの歌は、なんとあのキン肉マンともコラボしていたんです。
キヌガサダケ | 1,751 view
1980年代のアイドルブームから90年代、綺羅星のごとく登場した名曲たちを「作詞」で表現し続けた売野雅勇の代表曲を振り返る。

1980年代のアイドルブームから90年代、綺羅星のごとく登場した名曲たちを「作詞」で表現し続けた売野雅勇の代表曲を振り返る。

売野雅勇という作詞家をご存知の方がどれくらいいるだろうか。80から90年代、レコードやカセット、CDやMDと目まぐるしく進化した音楽を聴くためのデバイス。アイドルブームからバンドブームへとトレンドが移る中で綺羅星のごとく登場した名曲の数々。そんな時代に私たちが口ずさんでいた無数の楽曲、その詞の多くを産み出した人物が誰あろう売野雅勇氏だ。
青春の握り拳 | 5,235 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト

懐かしい!記憶をくすぐる商品

(PR)アマゾンで購入可能