いつ聞いても感動するスリー・ドッグ・ナイトの名曲オールド・ファッションド・ラヴ・ソング
2016年8月30日 更新

いつ聞いても感動するスリー・ドッグ・ナイトの名曲オールド・ファッションド・ラヴ・ソング

全米トップ40に21曲も送り込んでいるスリー・ドッグ・ナイト。「ママ・トールド・ミー」、「ジョイ・トゥ・ザ・ワールド (喜びの世界)」、「ブラック・アンド・ホワイト」など素晴らしい曲は星の数ほどありますが、なかでも「オールド・ファッションド・ラヴ・ソング」は格別です!じっくり聴きこんで頂きたいスリー・ドッグ・ナイトの名曲の数々をご紹介します。

4,825 view

Three Dog Night

Three Dog Night

Three Dog Night

スリー・ドッグ・ナイト、この奇妙なバンド名は、アボリジニが寒さの厳しい夜には3匹の犬と寝るという風習にちなみ付けられています。

ダニー・ハットン、チャック・ネグロン、コリー・ウェルズの3人をボーカルとしたバンドで、1967年に結成されました。
現在までにオリジナル・アルバムは12枚発売されていますが、そのうちの8枚が1970年代に発売されていることからも分かるように、スリー・ドッグ・ナイトの全盛期は70年代です。

シングルは現在までに21曲も全米トップ40に送り込んでいて、その独特のサウンドの素晴らしさはなかなか言葉にはできません。

それでは最も輝いていた60年代後半から70年代前半にかけてのスリー・ドッグ・ナイトを振り返ります。

One

スリー・ドッグ・ナイトは、1968年11月にシングル「Nobody」でデビューし、翌年の4月に発売した3枚目のシングル「ワン」が全米で5位というヒットを記録しブレークします。

スリー・ドッグ・ナイトの曲は、ほとんど外部のアーチストの作品で、しかも当時は無名だったミュージシャンを多く起用しています。

この「ワン」は、ハリー・ニルソンの作品です。

Three Dog Night "One"

1968年のデビューアルバム「ワン」です。
ワン

ワン

1968年リリース

【収録曲】
1. ワン
2. ノーバディ
3. ヘヴン・イズ・イン・ユア・マインド
4. イッツ・フォー・ユー
5. レット・ミー・ゴー
6. チェスト・フィーヴァー
7. ファインド・サムワン・トゥ・ラヴ
8. ザット・ノー・ワン・エヴァー・ハート・ディズ・バット
9. 約束しないで
10. ザ・ローナー
11. トライ・ア・リトル・テンダネス
トラック1はハリー・ニルソンの名を世界に知らしめた3DN最初のヒット曲、トラック3はトラフィックの名曲、トラック4はレノン・マッカートニー名義で発表はされながらもザ・ビートルズ名義では録音されなかった逸品、トラック10はニール・ヤング作、とこの数年後にブームとなるいわゆるシンガー・ソングライター系の良い作品を積極的に採用し、圧倒的な歌唱力と演奏力に支えられた強力なアレンジを加えてヒットさせるという3DNの方法論はデビュウ時に確立されていたことが分かります。

It Ain't Easy

1970年に発売された3枚目のアルバム「イット・エイント・イージー」から「ママ・トールド・ミー」がシングルカットされ初の全米第1位となりました。
イット・エイント・イージー

イット・エイント・イージー

1970年リリース

【収録曲】
1. ウーマン
2. カウボーイ
3. イット・エイント・イージー
4. アウト・イン・ザ・カントリー
5. グッド・フィーリング1957
6. ロックン・ロール・ウィドウ
7. ママ・トールド・ミー (ノット・トゥ・カム)
8. ユア・ソング (僕の歌は君の歌)
9. グッド・タイム・リヴィング
大ヒット曲となった"Mama told me not to come"、
エルトン・ジョンがヒットさせる前に既に"Your song"をカバー、
2年後にデビッド・ボウイがアルバム「ジギー・スターダスト」でカバーすることになる"It ain't easy"、
不思議な魅力一杯のハーモニーが楽しい"Out In The Country"、を収録、
ボーカル3人の上手さは本作で頂点を迎えており、次の「ナチュラリー」「ハーモニー」と続く黄金期を始まりを告げた快作です

Three Dog Night - Mama told me not to come 1970

Naturally

4枚目のアルバム「ナチュラリー」も1970年の発売です。1年に2枚のアルバムを発売できたとう事実からこの時期のスリー・ドッグ・ナイトの好調さが伺えます。

この「ナチュラリー」をスリー・ドッグ・ナイトの代表作とするファンも多いアルバムで、シングルカットされた「ジョイ・トゥ・ザ・ワールド (喜びの世界)」は全米1位となっています。
ナチュラリー

ナチュラリー

1970年リリース

【収録曲】
1. アイ・キャン・ヒア・ユー・コーリング
2. ワン・マン・バンド
3. アイル・ビー・クリーピング
4. ファイア・イーター
5. キャント・ゲット・イナフ・オブ・イット
6. サンライト
7. ヘヴィ・チャーチ
8. ライアー
9. 大いなる悲嘆
10. ジョイ・トゥ・ザ・ワールド (喜びの世界)
オフィシャルウェブサイトによれば、「1969年から1974年にかけて誰より多くのTOP10ヒットを放ち、最も多くのコンサートチケットを売った」スーパーバンド、スリー・ドッグ・ナイト。これは「One Man Band」(全米19位)、「Liar」(同7位)、そして今もあちこちで耳にする超有名曲「Joy To The World」(同1位)を含む、彼らのアルバム(1970年発表)である。

Three Dog Night "Joy To The World" 1972 (Reelin' In The Years Archives)

Harmony

34 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト