作詞家・売野雅勇氏が1986年の「六本木純情派」誕生秘話を、荻野目洋子さんと共にトークショーで明かす!
2016年10月5日 更新

作詞家・売野雅勇氏が1986年の「六本木純情派」誕生秘話を、荻野目洋子さんと共にトークショーで明かす!

中森明菜やチェッカーズ、森口博子などの楽曲の作詞を数多く手掛けてきた作詞家・売野雅勇氏が、トークショーを行った。「六本木純情派」の作詞と歌でタッグを組んだ歌手・荻野目洋子さんも会場に駆け付け、トークを盛り上げた。

559 view

作詞家・売野雅勇氏と荻野目洋子さんが「六本木純情派」の誕生秘話を明かす!

中森明菜やチェッカーズ、森口博子、中谷美紀with坂本龍一などの楽曲の作詞を数多く手掛けてきた作詞家・売野雅勇氏が、トークショーを行った。
東京・渋谷のHMV&BOOKS TOKYOで行われたトークショーには、かつて「六本木純情派」の作詞と歌でタッグを組んだ歌手・荻野目洋子さんも駆け付け、ギターの弾き語りで同曲を披露するなど会場を盛り上げた。
売野雅勇氏、荻野目洋子さん

売野雅勇氏、荻野目洋子さん

売野氏と荻野目さんは、終始リラックスした様子で言葉を交わし、まさに旧知の仲という関係だ。
売野氏はトークショー前に行われたマスコミ向けの取材会で、「(1968年12月10日生まれの荻野目さんは)三億円事件の日に生まれたんですよ」と荻野目さんを紹介し、笑いを取った。それに柔らかな笑顔で応える荻野目さんが印象的だった。

そして、話は「六本木純情派」の制作の頃へと移り、売野氏は当時を振り返り、デモテープで音源を聴いた時に「楽曲がマイナーのロックだったので、すごく得意だから自信があった。」とコメント。
また、「この音に自分の歌詞を乗せればOK!とヒットを確信した。」と作詞前から売れ行きを予感できたそう。

歌詞の内容に関しては、「荻野目さんの声を想像して、格好良くなるよう慎重に書いた。」と当時を思い出すようにしみじみと語った。

荻野目洋子「六本木純情派」 売野雅勇×荻野目洋子トークショーより(2016年9月29日)

「六本木純情派」を発売した1986年10月当時は、まだ17歳の少女だった荻野目さん。
本人は当時を振り返り、「(実際には)六本木で遊んだこともなかった。当時は悪いイメージだったので、聞いてその世界観に入る感じでしたね」とコメントした。

また、売野氏と荻野目さんのタッグで忘れてはならないのは、1987年に売野氏プロデュースで発売されたコンセプトアルバム『246コネクション(によんろくコネクション)』だろう。
全ての歌詞を売野氏が書き上げ、大ヒットした名盤だ。

収録曲には国道246号にちなんだタイトルの「北青山3丁目4番地」や「続・六本木純情派」、当時フジテレビ系『夜のヒットスタジオ』でも歌唱された「軽井沢コネクション」などが並ぶ。

売野氏は「(発売から)あっという間に75万枚いっていた。」と発売直後の様子を語り、「80年代を代表するアルバムと自分で誇れる。」と胸を張った。
『246コネクション』

『246コネクション』

今回のトークショーは、朝日新聞出版から発売された売野氏の自伝的著書『砂の果実 80年代歌謡曲黄金時代 疾走の日々』の出版記念の催しとなっている。

本書では、売野氏がコピーライターから作詞家として転身し、活動を始めた経緯や作詞へのこだわり、今では考えられないようなバブル期らしいエピソードなどが明かされ、売野氏の素顔がわかると同時に、かつての空気感をも思い起こさせるような一冊となっている。

また、80年代を駆け抜けた歌手やアイドルとの関わりに触れながら、冷静に分析し、彼らの意外な一面を表出させている。
"言葉のプロ"らしい繊細で魅力的な語り口で、中森明菜「少女A」やチェッカーズ「涙のリクエスト」、矢沢永吉「Somebody's Night」などの作詞に込めた想いが語られている。
売野雅勇氏、荻野目洋子さん

売野雅勇氏、荻野目洋子さん

≪中谷美紀に詞を提供した楽曲「砂の果実」をタイトルに、売野氏が作詞家人生を綴った一冊≫

砂の果実 80年代歌謡曲黄金時代疾走の日々 : 売野雅勇 : 本 : Amazon.co.jp

1,728
数々のヒット曲を書いた作詞家が綴る名作誕生秘話と、輝ける時代の物語。

売野雅勇氏に関する特集記事

15 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

サガミオリジナルが発売20周年!デート代20万円が当たるキャンペーン特設サイトをオープン!!

サガミオリジナルが発売20周年!デート代20万円が当たるキャンペーン特設サイトをオープン!!

国内No.1ブランドコンドーム「サガミオリジナル」は、発売20周年を記念し、愛し合うすべてのカップルを対象にした「デート代20万円を100組にプレゼント」するキャンペーンを実施中です。併せて、キャンペーン特設サイトをオープンさせました。
隣人速報 | 4,589 view
安室奈美恵が引退!アムラーを生み出したカリスマ歌姫の伝説をまとめてみました!

安室奈美恵が引退!アムラーを生み出したカリスマ歌姫の伝説をまとめてみました!

あの安室奈美恵が、公式HPにて2018年9月16日をもって引退することを電撃発表しました。今年デビュー25周年を迎え、地元・沖縄で凱旋公演を行ったばかりでの今回の発表。日本中が衝撃に包まれています。
隣人速報 | 11,761 view
こち亀が連載40周年!日本橋高島屋で「こち亀展」を開催!キティちゃんとまさかのコラボが実現!

こち亀が連載40周年!日本橋高島屋で「こち亀展」を開催!キティちゃんとまさかのコラボが実現!

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の連載開始40周年を記念して、9月14日から日本橋高島屋で「こち亀展」が開催される。また、「HELLO KITTY」とのコラボも実現。キティちゃんの顔に両さんの眉毛をあしらったインパクト大のマスコットも販売される。
1980年代のアイドルブームから90年代、綺羅星のごとく登場した名曲たちを「作詞」で表現し続けた売野雅勇の代表曲を振り返る。

1980年代のアイドルブームから90年代、綺羅星のごとく登場した名曲たちを「作詞」で表現し続けた売野雅勇の代表曲を振り返る。

売野雅勇という作詞家をご存知の方がどれくらいいるだろうか。80から90年代、レコードやカセット、CDやMDと目まぐるしく進化した音楽を聴くためのデバイス。アイドルブームからバンドブームへとトレンドが移る中で綺羅星のごとく登場した名曲の数々。そんな時代に私たちが口ずさんでいた無数の楽曲、その詞の多くを産み出した人物が誰あろう売野雅勇氏だ。
青春の握り拳 | 11,760 view
中森明菜の作詞を手掛けた売野雅勇氏!「少女A」誕生秘話を語る

中森明菜の作詞を手掛けた売野雅勇氏!「少女A」誕生秘話を語る

作詞家の売野雅勇氏が活動35周年を迎える。これまで中森明菜の「少女A」やチェッカーズ、ラッツ&スター、荻野目洋子などのヒット曲を生み出してきた。本稿では、売野雅勇氏が中森明菜「少女A」について語ったインタビューをご紹介する。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト