【阿波野秀幸】が”トレンディエース”だった頃
2016年11月25日 更新

【阿波野秀幸】が”トレンディエース”だった頃

プロ1年目に15勝し、奪った三振201はセ・パ両リーグ最多。西崎幸広(日本ハム)との新人王レースは熾烈を極め、両投手は「トレンディエース」と呼ばれた。結果は阿波野が新人王に選出されたが、その輝きは3年間と短いものだった。

10,619 view

裏街道の野球人生

阿波野は、高校は甲子園出場が難しい公立高校に進学した。自ら甲子園を目指さなかったともいえる。大学は日の当たる六大学ではなく東都大学リーグの亜細亜大学に入学した。
そして、ドラフトでは…
横浜市立鶴ヶ峯中学校時代、東海大学付属相模高等学校からの誘いを受けていたにもかかわらず[1]、敢えて公立の桜丘高校を志望し、塾通いして文武両道を目指した。桜丘高校では3年夏の神奈川大会は4回戦で敗退。
出典 阿波野秀幸-Wikipedia
高校卒業後は亜細亜大学に進学(同期にパンチ佐藤、1年後輩に与田剛がいる)。東都大学リーグで通算62試合登板32勝17敗、防御率1.83、282奪三振。最高殊勲選手に1度、最優秀投手に3度、ベストナインに3度選ばれた。4年生秋の9勝はリーグタイ記録。
出典 阿波野秀幸-Wikipedia
【私の失敗(4)】阿波野秀幸、当たりくじはまさかの近鉄…笑えなかった (2) - 野球 - SANSPO.COM(サンスポ) (1550419)

1986年のドラフト会議で、読売ジャイアンツ、横浜大洋ホエールズ、近鉄バファローズの3球団が1位指名で競合。阿波野の意中球団は巨人か大洋と言われていたが、抽選の結果、交渉権確定のくじを引き当てたのは近鉄だった。
出典 阿波野秀幸-Wikipedia
その瞬間、阿波野は「えっ…」という顔をした。周りにいた学生たちも落胆し、会場は重苦しいムードに包まれた。よりによって、在京セ・リーグから一番遠い球団、すなわち在阪パ・リーグの近鉄が交渉権を獲得したからだ。生真面目な阿波野は入団を拒否しなかったものの、「俺の人生は裏街道だ」と嘆いた。

プロ1年目 新人王

32試合 15勝12敗 完投22 完封3 249 2/3回 201奪三振 防御率2.88

最多奪三振、新人王
ルーキーイヤーの1987年に、15勝、両リーグ最多の201奪三振・249.2イニングを記録。同い年で、同じ1986年ドラフト1位でプロ入りの西崎幸広(日本ハム)と熾烈な新人王争いを繰り広げた。阿波野は32試合登板で15勝12敗・防御率2.88、西崎は30試合登板で15勝7敗・防御率2.89と甲乙つけがたい成績を残したが、結果は大差がついて阿波野が新人王に選出された。両者は共に「トレンディエース」と呼ばれ、特に女性に高い人気を誇った。
出典 阿波野秀幸-Wikipedia

1987年 阿波野vs西崎 新人王争い - YouTube

1987年

141対51

プロ1年目の1987年、阿波野は勝ち星を積み上げ、ライバルの西崎と激烈な新人王争いを繰り広げた。阿波野は32試合登板で15勝12敗、防御率は2.88。西崎は30試合登板で15勝7敗、防御率2.89。成績はほぼ互角だったが、ふたを開けてみると、阿波野が大差で新人王を獲得した。その背景に「人柄」の違いがあった。投票権を持つのは、マスコミ各社の野球担当記者。ぶっきらぼうな西崎よりソフトな阿波野の方が、記者のウケが良かったのだ。
トレード“あれこれ”出来事史 | 週刊ベースボールONLINE (1550410)

プロ2年目 「10.19」では悲劇の主人公

29試合 14勝12敗1セーブ 完投15 完封3 220 1/3回 181奪三振 防御率2.61
1988年は、前年同様、エースとして14勝を挙げる。ナゴヤ球場でのオールスターゲーム第2戦先発し3回を被安打0自責点0奪三振3を記録。
出典 阿波野秀幸- Wikipedia
オリックス・バファローズ LEGEND OF Bs 2012|80s 近鉄バファローズ|当時の選手・監督 (1550415)

「10.19」 ダブルヘッダー第1試合

レギュラーシーズン優勝のかかったロッテとの川崎球場でのダブルヘッダー、いわゆる「10.19」に、両試合とも当時の抑え吉井理人の後を受け連投。この試合の2日前、阿波野は対阪急戦で完投しており疲労が残っていた。第1試合では9回、1点リードで二死満塁のピンチを迎えたが、森田芳彦を三振にしとめ、逃げ切った。このとき阿波野は帽子を鷲掴みにしてガッツポーズした。
出典 阿波野秀幸-Wikipedia
46 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

阪急&近鉄が蘇る!オリックスが復刻ユニフォームで試合を行う「KANSAI CLASSIC 2019」が開催決定!!

阪急&近鉄が蘇る!オリックスが復刻ユニフォームで試合を行う「KANSAI CLASSIC 2019」が開催決定!!

オリックス・バファローズは、5月に京セラドーム大阪で行われるイベント「KANSAI CLASSIC 2019」にて、近鉄及び阪急時代のユニフォームを復刻し、着用して試合を行うことを発表しました。
隣人速報 | 1,222 view
【リーグ優勝の瞬間】近鉄バファローズ編

【リーグ優勝の瞬間】近鉄バファローズ編

まだクライマックスシリーズ制度が導入されていない頃、ペナントレースが今よりもずっと価値があった頃、各球団のリーグ優勝決定の瞬間、その年の戦いぶりをご紹介しています。今回は近鉄バファローズのリーグ優勝決定の瞬間(1979、1980、1989、2001)を集めてみました。
和尚 | 2,606 view
【1989年日本シリーズ】近鉄・加藤の「たいした事ねえ」⇒巨人・駒田の「バーカ」はあまりにも有名!

【1989年日本シリーズ】近鉄・加藤の「たいした事ねえ」⇒巨人・駒田の「バーカ」はあまりにも有名!

1989年日本シリーズ。近鉄3連勝からの巨人4連勝という稀に見る激闘は、歴史に残る因縁対決としていまだに語り継がれていますよね。リアルタイムで見ていた私はテレビに向かって「え、ばかって言ってるよ!」なんて騒いでました。
青春の握り拳 | 31,245 view
「ドクターK」日本人メジャーの道を切り拓いた野茂英雄の足跡を辿る!

「ドクターK」日本人メジャーの道を切り拓いた野茂英雄の足跡を辿る!

ドラフト8球団指名、トルネード投法、日本人メジャーで初めての成功。輝かしい栄光に包まれた野茂英雄。でもその野球人生は決して平坦ではありませんでした。メジャー先駆者の足跡を追います。
青春の握り拳 | 18,924 view
【タフィ・ローズ】3球団・13年間プレーした、日本プロ野球史に残る大物助っ人

【タフィ・ローズ】3球団・13年間プレーした、日本プロ野球史に残る大物助っ人

近鉄・巨人・オリックスの3球団で13年間在籍。「キレやすい」気質の為に退場処分を受けたり、コーチ陣と軋轢を呼ぶ事もあったが、彼がプロ野球史に残る打者であった事は記録とファンの記憶が示している。そんなタフィ・ローズの球歴を振り返る。
和尚 | 35,538 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト