【谷沢健一の軌跡】中日不動の四番、谷沢健一。その栄光の軌跡を辿ってみよう!
2016年11月25日 更新

【谷沢健一の軌跡】中日不動の四番、谷沢健一。その栄光の軌跡を辿ってみよう!

谷沢健一、不動にして最強の中日四番打者。1982年、涙のドラゴンズ優勝シーズンの四番打者でもある。その輝かしいキャリアの裏には奇跡のカムバックもあり、決して平坦な道のりではなかった。そんな谷沢のキャリアをともに振り返ろう。

19,378 view
懐かしい、中日ドラゴンズのロゴ

懐かしい、中日ドラゴンズのロゴ

谷沢健一

矢沢健一

矢沢健一

谷沢健一(1947年9月22日 - )は、千葉県東葛飾郡柏町(現:柏市)出身の元プロ野球選手。現在は野球解説者。左投左打、主なポジションは一塁手、左翼手。
現役時代は中日ドラゴンズで17年間主軸打者として活躍し、引退後はフジテレビ・東海テレビ・東海ラジオの解説者、西武ライオンズの打撃コーチを歴任。

プロ入りまで

早稲田大学に入学、東京六大学を代表する左の強打者となる

早稲田大学に入学、東京六大学を代表する左の強打者となる

一般入試で早稲田大学第二文学部社会専修に入学。
東京六大学リーグでは、レギュラーに定着した2年生の1967年春季リーグで首位打者を獲得するなど、東京六大学を代表する左の強打者として活躍。

六大学打撃10傑の常連で大学通算打率.360を記録、ベストナインに6度選ばれた。
4年時には主将。リーグ通算82試合に出場し308打数111安打、18本塁打、63打点、打率.360。

1969年のドラフト1位で中日ドラゴンズに外野手として入団。意中の球団は巨人であったが、石井に相談したところ「セの球団だし行ってはどうか」とアドバイスを受けた。

中日時代

1年目からレフトのレギュラーとなり新人王に輝く

1年目からレフトのレギュラーとなり新人王に輝く

1年目からレフトのレギュラーとなり新人王に輝く。1973年からは主に一塁を守るようになった。

巧打の中距離打者として活躍し、1974年の巨人のリーグ10連覇を阻止するチームのリーグ優勝に大きく貢献。1976年には打率.355で首位打者を獲得。

1978年頃から大学時代からの持病のアキレス腱痛が悪化しシーズン途中で二軍落ち。有効な治療法が無く選手生命が危ぶまれたが、酒マッサージの創始者の小山田秀雄に出会い、日本酒を患部に塗ってマッサージする療法に出会って治療を続け回復。
見事に復活!カムバック賞を獲得

見事に復活!カムバック賞を獲得

1979年9月23日対横浜大洋ホエールズ戦(ナゴヤ球場)の7回に代打で登場してファンの大声援を浴びヒットを放って谷沢健在をアピールした。そして翌1980年には打率.369の高打率で2度目の首位打者、カムバック賞を受賞して見事復活を遂げた。ただしこの年チームは谷沢の活躍にもかかわらず最下位に低迷し勝率は.372だった。

その後1981年にはプロ野球タイ記録となる4打席連続本塁打を放ち、1982年の優勝に4番として貢献。1984年には打率.329、本塁打34本、99打点を記録。1985年10月23日に対広島戦(広島市民球場)で2000本安打を達成し名球会入り(後に退会)。

1986年シーズンオフ後に39歳で引退。翌年1987年のオープン戦に引退試合を行い本塁打を放った。既に解説者に転進しており選手としての調整ができず、引退試合でも打席に立つ時以外は解説者も務めていた。

解説者・指導者として

引退後も解説、指導者として活躍

引退後も解説、指導者として活躍

出典 www.ngu.jp
1987年から1993年までフジテレビ、ニッポン放送解説者、また1988年から1989年まではプロ野球ニュースの週末キャスターを務める。
1994年から1995年の2年間、森祇晶監督、東尾修監督の下で西武ライオンズ二軍打撃コーチ、一軍打撃コーチを歴任。

その後はフジテレビ・東海テレビ(J SPORTSで放映されるTHK制作の中継の解説も担当)・東海ラジオ解説者、東京中日スポーツ評論家となり現在に至る。

1998年4月、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科に入学。国際経営学を専攻し、国際的視野からのプロ野球球団経営のあり方を研究、修士論文を提出し、修士号を取得した。

2004年より社会人野球のクラブチームである西多摩倶楽部(東京都あきる野市)の監督を務め、楽天の育成選手となった金森久朋らを育てたが、2005年のシーズンを最後に退任。
http://pds.exblog.jp/pds/1/200807/01/15/f0165515_2215895.jpg (877462)

2004年9月、「谷沢野球コミュニティ千葉」(YBC)を設立し、理事長に就任(2007年にNPO法人格を取得)。故郷の千葉県柏市を本拠地として社会人野球のクラブチーム「YBCフェニーズ」を結成し、2007年のクラブ選手権では南関東大会準決勝に進出した。同チームはクラブチームながら3軍制という特異な形態である。

また、2009年5月に三重スリーアローズ(2010年発足、2011年解散)のアドバイザーツーオーナー(ATO)という役職に就任することが発表された。2010年11月からは東京大学運動会硬式野球部の臨時コーチに就任。

酒マッサージによるアキレス腱痛の克服

日本酒をたっぷり注いだ風呂に入り、念入りにアキレス腱を...

日本酒をたっぷり注いだ風呂に入り、念入りにアキレス腱をマッサージ

出典 http://ameblo.jp/no-sgn/entry-10847257014.html
早稲田大学野球部の頃からアキレス腱に痛みを抱えていたが、その都度痛み止めを注射して痛みをごまかしてきた。アキレス腱痛を庇う走り方もしてきたため足の甲や踵も変形していった。だが、1978年頃ついに庇いきれないほど悪化し、二軍落ちを味わう。そして、30近い療法を試すもどれもうまくいかず失意に喘いだ。

そんな折に、半身不随だった自分の母親が九州のある医者のマッサージを受けて回復したというある中日ファンから、電話で何度も熱心にその治療法を推薦された。この熱意に折れて、谷沢はその医者を訪ねることにした。

その医者は酒マッサージの創始者の小山田秀雄だった。小山田はかつて西鉄ライオンズでトレーナーとして従事し、連投を重ねた稲尾和久の肩を酒マッサージしてケアした経験があった。小山田に実際に会い、酒マッサージについて聞かされた時は、最初は酒でマッサージという概念が全く信じられずにいたが、熱心に小山田に誘われて治療を受けることにした。

日本酒をたっぷり注いだ風呂に入り、念入りにアキレス腱をマッサージするというものだが、その際に使われる日本酒は当時の日本酒級別制度の定めた二級酒であった。一級酒や特級酒は「飲むのにはいいが、マッサージの時に患部に塗るとベタベタするから」というのが理由である。こうしたマッサージでアキレス腱痛を克服して、レギュラーにカムバックし、1980年には.369で首位打者となり、1982年にはリーグ優勝を経験するなど、1986年に引退するまで第一線で活躍し続けた。

タイトル・表彰

28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

あだち充が月刊少年サンデーに登場!そこで語られた『タッチ』のタイトルに込められた意味が衝撃的すぎる!

あだち充が月刊少年サンデーに登場!そこで語られた『タッチ』のタイトルに込められた意味が衝撃的すぎる!

1981年から1986年まで『週刊少年サンデー』にて連載された野球漫画の名作、あだち充の『タッチ』。『月刊少年サンデー』の人気コーナー「カメントツの漫画ならず道」にあだち充が登場し、タイトルの意味をサラリと告白し、ファンを驚かせている。
【プロ野球珍プレー職人】元中日の宇野勝といえば伝説のヘディング事件!みのもんたのナレーションもお約束でしたね!!

【プロ野球珍プレー職人】元中日の宇野勝といえば伝説のヘディング事件!みのもんたのナレーションもお約束でしたね!!

「プロ野球珍プレー・好プレー集」で何度もお茶の間を釘付けにした宇野勝。彼は遊撃手(ショート)として初めて40本塁打を記録した大打者であり、抜群の守備センスを持った類い希なる名遊撃手。にもかかわらず、ついにあだ名はヘディング男。「宇野ヘディング事件」きっかけで「プロ野球珍プレー・好プレー集」番組が生まれてしまったことが、宇野勝選手の悲劇だったのかもしれません。
青春の握り拳 | 17,080 view
1982年は中日ドラゴンズが優勝した黄金時代、ナゴヤ球場には龍の叫びが轟いた!アナタにも龍の咆哮が聞こえましたか?

1982年は中日ドラゴンズが優勝した黄金時代、ナゴヤ球場には龍の叫びが轟いた!アナタにも龍の咆哮が聞こえましたか?

1982年、セリーグ覇者となった中日ドラゴンズ(日本シリーズでは西武ライオンズに惜しくも敗退!)。この年、たしかにナゴヤ球場はアツかった。連日のようにドラキチが集まり、猛烈に声援を浴びせまくった年だった。「燃えよドラゴンズ!82」のテーマソングにあわせて、アナタにも遠い夜空から龍の叫びが聞こえたのではないだろうか。
青春の握り拳 | 6,881 view
プロ野球現役最年長50歳の中日・山本昌、引退。90年代の中日「今中・山本昌」時代を懐かしむ。

プロ野球現役最年長50歳の中日・山本昌、引退。90年代の中日「今中・山本昌」時代を懐かしむ。

プロ野球現役最年長を誇った中日の山本昌投手が2015年シーズンでの引退を発表。中日一筋の山本昌を振り返るとともに、90年代の中日を支えた「今中・山本昌」時代を再確認しましょう。
青春の握り拳 | 6,894 view
ズームイン朝の「プロ野球いれコミ情報」で活躍したイレコミ君の巨人版が復刻!!

ズームイン朝の「プロ野球いれコミ情報」で活躍したイレコミ君の巨人版が復刻!!

読売巨人軍は、表情を自由自在に変化させることのできる人形「プロ野球人形 イレコミ君」の復刻版「プロ野球人形 イレコミ君 読売ジャイアンツ」の発売を決定しました。
隣人速報 | 536 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト