縦ノリより横ノリを目指したバンド「BO GUMBOS」は昭和の終わりを告げるようにやって来た
2016年9月8日 更新

縦ノリより横ノリを目指したバンド「BO GUMBOS」は昭和の終わりを告げるようにやって来た

アメリカ南部の都市、ニューオリンズ。そこに生を受けた「ドクター・ジョン」というミュージシャンがいる。2016年2月現在、75歳になる彼が1972年発表した4枚目のアルバム「Gumbo」。「ゴッタ煮スープ」を意味するそのアルバム名に由来するバンド「BO GUMBOS」は、アメリカ南部の血を強く受け継ぎならも、バンド名通りゴッタ煮感に溢れる音楽を残してくれた。昭和が終わろうしていたときにデビューたのは何かの象徴だったのだろうか。

2,960 view

ライブのノリは天下一品

初めて彼らのライブを見たのは、TVK(テレビ神奈川)で放送していた「Live TOMATO」という番組だった。1988年にオープンしたばかりの「クラブチッタ川崎」で行われたライブの模様を放送したものだったが、演奏の格好良さは群を抜いていて、メンバーそれぞれのソロシーンは、これがデビュー間もないバンドなのだろうかと思わせるものだった。今も昔も「ライブの華」は、そのバンドの「メンバー紹介」だと思っているが、当時、「BO GUMBOS」と同じか、それ以上の痺れるメンバー紹介は、1987年に忌野清志郎が「IAN DURY &THE BLOCKHEADS」のメンバーと回った「KIYOSHIRO IMAWANO SOLO TOUR」で見聞きしたものだけだったと思う(ツアー中の中野サンプラザ公演の模様が、ライブアルバム『HAPPY HEADS』に残されている)。

BO GUMBOS ダイナマイトに火をつけろ - YouTube

「Live TOMATO」の貴重な動画。これを見ると「BO GUMBOS」の格好良さと過激さが良く判る。

デビュー前から噂のバンドだった

1987年1月、ローザ・ルクセンブルグで活動中のどんと、永井の二人が、ドラムに岡地を迎えてセッションを始める。岡地は吾妻光良&スィンギンバッパーズ、ブレイクダウン等の活動で知られ、当時はブレイクダウンが活動休止中であったため「リハビリだけ」という事でセッションに付き合っていた。4月、ギタリスト&キーボーディストとしてKYONが加入。どんとの大学の先輩であり、当時はテレビ製作会社の社員であった。同年8月にローザ・ルクセンブルグのラストライブが終わり、程なく新バンドのデビューライヴが決まり9月バンド名を「THE BO GUMBOS」とする。
1987年11月22日、明治大学・生田校舎2003番教室にて行われた「生田祭”ハイパーデリックヘブンPART2”」にてデビューライヴ。共演はJAGATARA、ばちかぶり。
1988年中頃までには「どんとが凄いバンドを作った」という評判は音楽業界では話題になっており、客席にはボ・ガンボギャルと呼ばれる派手な格好の女性ファンが増えていた。ちなみに1988年前半の東京での単独ライブ動員は200~300人前後だったが、秋には500人規模のライヴハウス(INK STICK芝浦等)の連続公演を行っていた。 テレビ等のライヴ中継に加え、ビデオマガジン等でもライヴ映像が紹介され、デビュー前には既に全国に名前が知れ渡っていた。

とにかく、ひたすらライブを追求した

下記は、wikipediaの記事からライブデータを抽出したもの。ひたすら、ライブを行っていた。
デビュー(1989年)から解散(1995年)までの主なライブ
<1989年>
2月1・2日、初のホール単独ライヴを中野サンプラザで行う
2月19日浅草常盤座にてライヴ
9月ボ・ディドリーとの共演ツアー
10月から翌年1月まで中野サンプラザにてマンスリーライヴ
大晦日はレコード大賞授賞式出演で日本武道館のステージに立つ。衣装もそのまま幕張メッセにてイベント「R&R BAND STAND」出演。その後INK STICK芝浦FACTORY閉店オールナイトにも参加。

<1990年>
2月「サンプラザマンスリー総集編」をNHKホールにて行う
9月、フリーコンサート「HOT HOT GUMBO '90」を代々木公園野外音楽堂にて開催
12月、ホールツアーを開始(翌年1月まで)。

<1991年>
3月、4月ファンクラブ会員限定ライブを高円寺JIROKICHIにて開催
7月、エストニア共和国(当時ソビエト連邦)でのライヴイベント出演。
8月、横浜寿町フリーコンサート、青森・六ヶ所村の夏祭り、横浜本牧ジャズ祭などに出演。31日には「HOT HOT GUMBO '91」を静岡県下田、吉佐美大浜にて開催

<1992年>
8月、京都大学西部講堂前特設ステージにて「HOT HOT GUMBO '92」を開催。
※どんと20代最後のコンサート。「ボ・ガンボスのライヴは20回ぐらい観た」というソウル・フラワー・ユニオンの中川敬も、この日のライヴを「彼らのベスト・ライヴ」と証言している。

<1993年>
元旦、カウントダウンライヴを沖縄で行う
9月「HOT HOT GUMBO '93」を六本木PITT INNにて2日間開催。
12月から翌年2月まで、カバーツアー「THE KING OF ROCK'N ROLL」。

<1994年>
3月~5月「DYNANITE SOUL SHOW」ツアー
6月~8月「JUNGLE BEAT」ツアー
11月、高円寺JIROKICHIにてほぼ新曲のみのファンクラブ限定ライヴを2日間行う
そのまま「BO GUMBOSの新しい夜明け」ツアー
ツアーの合間にどんとはバンド内で脱退を表明。
12月31日クラブチッタでの年越しライブをもってバンドは活動休止状態となった。

<1995年>
5月から6月まで「解散TOUR"BO GUMBOS BOGAAAA~N!!"」ツアー

当時の流行“縦ノリ”とは異なる“横ノリ”ミュージック

「BO GUMBOS」は、当時、流行の“縦ノリ”に対抗した点で異色のバンドだった。では、そもそも“縦ノリ”と“横ノリ”ってなんだろうか?
縦ノリ(たてのり)とは、現代ポピュラー音楽のノリのうち、垂直に体を動かしたくなるノリを表現した言葉。
具体例を挙げると、音楽を演奏する時や聴く時に頭を縦に振る、ヘッドバンギング、立っている場で縦に飛び跳ねる、などの態様で感受するノリ。
縦ノリに対して横ノリという言葉もあるが、縦があるなら横という表現も、と生まれた言葉で、もともとは、上記のような感受性を表現した 縦ノリ という表現が最初。横ノリという言葉は、ジャズ、ソウルミュージック、R&B、サンバなどの黒人音楽の流れを受けたグルーヴ感のあるノリを指して使う場合が多い。
当時は“縦ノリ”全盛。縦ノリの代表曲と言えば、「X JAPAN」(当時のバンド名は「X 」)が、T-REXをカバーした「20th CENTURY BOY」。「X JAPAN」のメジャーデビューシングルのB面に収められている。下記の引用は、その曲の説明。また、時期は若干、異なるが、同曲の動画。お約束のToshiのモンキーダンスが見れる。
T・レックスのカバー曲で1989年の日比谷野外音楽堂でのライヴ音源を収録。キーが上げられ、若干アレンジされており、中間部ではTAIJIのスラップなどが目立つ。また、ライヴではToshIや観客がモンキー・ダンス(両手を前で前後に振って縦ノリのダンスをする)をするのがお約束だった。

X Japan 20th Century Boy 爆発寸前GIG - YouTube

XJAPAN 20th Century Boy 爆発寸前GIG
こういった”縦ノリ”に対抗するように「BO GUMBOS」はグルーヴ感溢れる”横ノリ”ミュージックを演奏した。これは、デビューアルバムに収録された「泥んこ道を二人で」、1989年の第31回日本レコード大賞「アルバムニューアーティスト賞」を受賞した際に演奏した「魚ごっこ」を聞いてみると良く判る。ちょっと泥臭いが非常にソウルフル。アメリカ南部の音楽を上手に日本のロックに取り込んでいる。

BO GUMBOS「泥んこ道を二人」 - YouTube

魚ごっこ / BO GUMBOS - YouTube

レコード大賞「アルバムニューアーティスト賞」

バンドメンバー

バンドメンバーは、ギター&ボーカル「どんと」、キーボード、ギター&ボーカル「Dr KYON」、ドラムス「岡地明」、ベース&ボーカル「Dr Toshi?」の4名。ゲストメンバーとして、元「村八分」のギターでその後「TEARDROPS」を結成した故山口富士夫が参加していたこともある。
久富隆司(ボーカル・ギター 1962年8月5日‐2000年1月28日)愛称はどんと。岐阜県大垣市出身。京都大学工学部石油化学科中退。ハワイ島ヒロ市内にて脳内出血のため死去。享年37。妻はZELDAの小嶋さちほ。長男の久富ラキタもミュージシャンとして活動。
36 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【田原俊彦】イントロクイズ10問! 高得点を目指せ!

【田原俊彦】イントロクイズ10問! 高得点を目指せ!

歌って踊れるノリノリのトシちゃん!田原俊彦のイントロクイズです。約70枚のシングルを出している中から10曲選びました。名曲たちをアナタはどれだけ覚えていますか?
安室奈美恵が引退!アムラーを生み出したカリスマ歌姫の伝説をまとめてみました!

安室奈美恵が引退!アムラーを生み出したカリスマ歌姫の伝説をまとめてみました!

あの安室奈美恵が、公式HPにて2018年9月16日をもって引退することを電撃発表しました。今年デビュー25周年を迎え、地元・沖縄で凱旋公演を行ったばかりでの今回の発表。日本中が衝撃に包まれています。
隣人速報 | 10,898 view
【イントロクイズ】1990年(平成2年)の邦楽ヒットチャートをクイズで振り返る!

【イントロクイズ】1990年(平成2年)の邦楽ヒットチャートをクイズで振り返る!

1990年(平成2年)の邦楽ヒットチャートをイントロクイズにしました。音声を聴かずに答えてもOK!
電気グルーヴの石野卓球がビートたけしの名曲「俺は絶対テクニシャン」をまさかのカバー!!

電気グルーヴの石野卓球がビートたけしの名曲「俺は絶対テクニシャン」をまさかのカバー!!

電気グルーヴとしての活躍が著名なテクノミュージシャン・石野卓球がこのたび、ビートたけし「俺は絶対テクニシャン」をカバーし、自身のYouTubeチャンネル及びsoundcloudにて公開しました。
隣人速報 | 248 view
【遠藤賢司】自称「純音楽家」のエンケンはカレーライスと猫が大好きな方でした

【遠藤賢司】自称「純音楽家」のエンケンはカレーライスと猫が大好きな方でした

多種多様な楽器を使い、独自路線を突っ走っていった【遠藤賢司】は、「純音楽家」として名曲を残しています。今回はそんな【遠藤賢司】を振り返ってみたいと思います。
つきねこ | 178 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト