花の82年組アイドル「白石まるみ」は今
2016年4月8日 更新

花の82年組アイドル「白石まるみ」は今

花の82年組の1人でもある白石まるみ。あの有名プロデューサーのもと歌手として活動するも女優に転身。タレントとして様々な活動をしている白石まるみにクローズアップ!

3,559 view

花の82年組の一員

花の82年組と聞いてピンとくる年代は今のアイドル事情をどう思っているのでしょうか。アイドル全盛期と言っていいこの時期に出ていたアイドルたちは廃ることなく活躍していますね。その中でも異色を放っているのが今回のターゲット、白石まるみ。
18歳の白石まるみ

18歳の白石まるみ

白石まるみ
(しらいしまるみ)
誕生日:1962年11月27日
星座:いて座
出身地:東京
性別:女
血液型:O型
身長:162cm
デビュー年:1978年
デビュー作品:ムー一族 (TBSテレビ)
出典 gree.jp
事実上、郷ひろみが主役となったのドラマ「ムー一族」のオーディションで2位になり、そのままドラマに出演という形で芸能界デビューした白石まるみは歌手としても活動します。
花の82年組という言葉があるほど82年にデビューしたアイドルが今もなお活躍していることは周知のことと思いますが、あえて挙げるなら女優としても活躍中の小泉今日子、完全復帰が期待される中森明菜、梨園の妻でありコメンテーターとしても活躍している三田寛子、結婚離婚を繰り返しながらも子だくさんの堀ちえみ、今もバイリンガルとして活躍している早見優、最近CMに出たことで話題になった石川秀美、衰えるということを知らない原田知世、今回のクローズアップの白石まるみなど引く手あまたでアイドルを増産した年と言われています。
白石まるみのデビュー曲「オリオン座のむこう」

白石まるみのデビュー曲「オリオン座のむこう」

この曲は松任谷正隆プロデュースにより1982年にリリースされた曲です。ヒットとはならなかったようですが、これだけアイドルが豊作な年に売れまくるという方が難しいのではなかったでしょうか。
出典 ameblo.jp

白石まるみ オリオン座のむこう - YouTube

可愛らしい白石まるみが映り出されています。
出典 youtu.be
何よりすごいのは今も現役でいるということ。
当時、華々しく芸能界デビューしたのにもかかわらず一瞬のうちに消えていくアイドルはたくさんいました。歌手として活躍できなくても女優という選択しで成り上がっていった人もいますが大概の人は世間に認知されることもなく芸能界を引退という結果になっていた人もいたと思います。そんな中、どんな形でも生き残っているということがどれほどすごいことか知っていると思います。

まるみおねえさん

ほとんどの人が白石まるみを知っているとしたのならこの番組ではなかったでしょうか。もちろん80年代に大人になってた人は記憶にあると思いますが、80年代に小学生や未就園児だった子どもでも白石まるみの存在は知っている人も多くいると思います。
母と子のテレビタイム土曜版での白石まるみ

母と子のテレビタイム土曜版での白石まるみ

永遠の5歳で現役活躍中「ニャンちゅうワールド放送局」

永遠の5歳で現役活躍中「ニャンちゅうワールド放送局」

NHK教育テレビ(現NHK Eテレ)で放送していた「母と子のテレビタイム土曜版」の初代お姉さんとして活躍していた白石まるみの呼び名は「まるみおねえさん」。

この番組で1992年から1994年までお姉さんとしてニャンちゅーと一緒にテレビで活躍していました。

「NHK-DVD ニャ!ニャ!ニャ! ニャンちゅう」ダイジェスト映像 - YouTube

この中に歴代のお姉さんも出場しています。
出典 youtu.be
この番組はお姉さんとニャンちゅーとの掛け合いを親子で楽しく見るテレビとわかりやすい感じで好きでした。
歴代のお姉さんも豪華で今でも放送されている長寿番組となります。
初代:白石まるみ 1992年度~1994年度 「母と子のテレビタイム土曜版」→「母と子のテレビタイム日曜版」
2代目:古村比呂 1995年度~1996年度 「母と子のテレビタイム日曜版」
3代目:石川ひとみ 1997年度~1998年度 「母と子のテレビタイム日曜版」
4代目:笹峰愛(現:笹峯愛)1999年度~2001年度 「あつまれ!わんパーク」(「たまごかけごはん」のエピソード[3])
5代目:伊藤かずえ 2002年度~2003年度 「あつまれ!わんパーク」→「ニャンちゅうといっしょ」
6代目:清水ゆみ 2004年度 「ニャンちゅうといっしょ」(ニャンちゅうシリーズで唯一の1年間だけのお姉さんである)
7代目:菊地美香 2005年度~2006年度 「ニャンちゅうワールド放送局」
8代目:鴻上久美子 2007年度~2008年度 「ニャンちゅうワールド放送局」
9代目:柊瑠美 2009年度~2012年度 「ニャンちゅうワールド放送局」
10代目:河西里音 2013年度~2014年度 「ニャンちゅうワールド放送局」
11代目:横田美紀 2015年度~ 「ニャンちゅうワールド放送局」
今はニャンちゅーとお姉さんともう1人います。
NHK的にいいのかどうかは定かではありませんが・・・。
ニャンちゅーと共演中のニャルビッシュこと樽美酒研二

ニャンちゅーと共演中のニャルビッシュこと樽美酒研二

ニャルビッシュの中の人

ニャルビッシュの中の人

いいのか・・・?!
出典 ameblo.jp
話は逸れましたが白石まるみをこの番組を通して知ったのは筆者だけではないと思います。
優しそうなまるみおねえさんとニャンちゅー。このコンビネーションは子どもたちも虜にしていました。
36 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

エアロスミスの名作MV「アリシア三部作」に出演した【アリシア・シルヴァーストーン】は今何してる?

エアロスミスの名作MV「アリシア三部作」に出演した【アリシア・シルヴァーストーン】は今何してる?

90年代を代表する青春スター☆アリシア・シルヴァーストーン。エアロスミスのミュージックビデオ、通称「アリシア三部作」に出演し人気者に。そんな彼女は今何してる?アリシアのその後にスポットを当ててみました。
mimi | 56 view
昭和の「児童・少年向けドラマ番組」の「憧れのお姉さん」(美人女優・特撮ヒロイン)35名

昭和の「児童・少年向けドラマ番組」の「憧れのお姉さん」(美人女優・特撮ヒロイン)35名

1970年代中心の児童向けドラマ番組(子供向け特撮番組を含む)に登場した「憧れのお姉さん(子供向け番組のヒロイン)」たちを振り返ってみましょう。筆者は、コメットさん(大場久美子)見て下半身に電流が走ったことを思い出しました…。ぜひ70年代の子供の頃に戻った気持ちで眺めてください。
ガンモ | 145,028 view
内藤洋子、酒井和歌子、関根恵子…「アイドル映画」という視点から昭和を紐解いた『昭和アイドル映画の時代』が好評発売中!

内藤洋子、酒井和歌子、関根恵子…「アイドル映画」という視点から昭和を紐解いた『昭和アイドル映画の時代』が好評発売中!

光文社より、「アイドル映画」という視点から昭和をという時代を特集した書籍『昭和アイドル映画の時代』が現在好評発売中です。
隣人速報 | 818 view
【話題】女優・安達祐実(38)が、自分は「ロリババア」だとついに開き直る!!

【話題】女優・安達祐実(38)が、自分は「ロリババア」だとついに開き直る!!

かつて「家なき子」で強烈な印象を残した女優・安達祐実。38歳となった今でも、当時の面影を残した可愛らしい容姿で話題となっていますよね。そんな安達がこのたび「自分はロリババア」だと開き直ったと、ネット上を中心に大きな話題となっています。
隣人速報 | 9,914 view
 1990年代を中心とした『癒し系アイドル』ブームの系譜

1990年代を中心とした『癒し系アイドル』ブームの系譜

「本上まなみ」さんや「井川遥」さんなど、殺伐とした世の中のオアシス的存在として大活躍した『癒し系アイドル・女優』(癒し系タレント)の歴史を振り返ってみましょう。
ガンモ | 3,740 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト