バラエティー番組「今田耕司のシブヤ系うらりんご」山口もえなどがいた『うらりんギャル』の扱いがひどかった!!
2017年3月9日 更新

バラエティー番組「今田耕司のシブヤ系うらりんご」山口もえなどがいた『うらりんギャル』の扱いがひどかった!!

バラエティー番組「今田耕司のシブヤ系うらりんご」は、1995年3月27日から放送された今田耕司の初の冠番組でした。 番組のアシスタントには『うらりんギャル』がいて、その中に山口もえもいました。

10,210 view

バラエティー番組「今田耕司のシブヤ系うらりんご」

「今田耕司のシブヤ系うらりんご」

「今田耕司のシブヤ系うらりんご」

1995年3月27日から同年9月29日までフジテレビで放送されたバラエティ番組。

フジテレビで平日夕方の帯枠で生放送のバラエティ番組が放送されたのは『パラダイスGoGo!!』以来5年ぶりとなる。

本番組終了後、フジテレビの平日夕方の生放送帯バラエティ番組は『DAIBAッテキ!!』(1998年10月から1999年3月)まで3年間途絶えることとなる。
ほとんど関東ローカルに近く、ネットしていた系列局は仙台放送(1 - 2週遅れで16:30から放送)、山陰中央テレビ、テレビ新広島、岡山放送(金曜除く)だけという風に、一部の地方の系列局のみで非常に少なかった。

また、時期的にオウム真理教事件があり、番組が緊急報道番組で休止されることも多かった。
番組全体の演出は、現在『めちゃ2イケてるッ!』の総監督の片岡飛鳥がディレクターとして務めた。
「常にNo.2」を自負している今田耕司初の冠番組。

「常にNo.2」を自負している今田耕司初の冠番組。

番組内容

「今田耕司のシブヤ系うらりんご」は、吉本の渋谷公園通り劇場からの公開番組でした。「夕やけニャンニャン」や「パラダイスGOGO!」と同じようなスタイルをとっていたバラエティー番組で、若者向けの情報を提供していました。

しかし、内容は過激で、アイドルたちが様々なゲーム企画などに挑戦していました。また、今田耕司とともに月曜から金曜を担当するレギュラーがいました。
月曜日:極楽とんぼ(加藤浩次・山本圭壱)、鈴木蘭々、山崎邦正(現:月亭方正)(準レギュラー)
火曜日:山本太郎(現参議院議員)、遠峯ありさ(現:華原朋美)、山羊智詞(準レギュラー)
水曜日:東野幸治、矢部美穂
木曜日:フォークダンスDE成子坂(桶田敬太郎・村田渚)
金曜日:ナインティナイン(矢部浩之・岡村隆史)
華原朋美は、番組に出演していましたが、スタートしたばかりの同番組をすぐに降板しています。
『今田耕司のシブヤ系うらりんご』(フジテレビ系)は、月~金の17時台の番組ながら、これでもかとアンダーウェアをチラ見せするゲーム企画で攻めていた。
過激な企画が多い!!

過激な企画が多い!!

【番組のエピソード】

『ダウンタウンのごっつええ感じ』 の企画で、生放送中に今田に低周波治療器が仕掛けられ、低周波(いわゆるビリビリ)が流され続けるという試練が与えられたことがある。本番中に今田はその事に一切触れてはならず、急に笑い出したりする今田を出演者・観客は不審がった。本番終了と同時に今田は「ダウンタウン!!」と絶叫し、警備員に変装していたダウンタウンが現れてネタばらしを行った。

今田改造計画 試練の生放送「 ダウンタウンのごっつええ感じ」

ナインティナインの岡村隆史が、ゲスト出演したかとうれいこの熱烈なファンであったためか、必要以上にセクハラギャグを繰り返した結果、嫌われた。ショックを受けた岡村が、後日『めちゃ2モテたいッ!』で謝罪をする企画が放送された。

番組のマスコットガールの『うらりんギャル』

『うらりんギャル』は、番組のアシスタントとして生まれたアイドル集団でした。
 (1841462)

・初代メンバー
太田有美
川崎愛(現:橋本愛)
桜井亜弓
沢入しのぶ
清水成美
高澤幸子
長野かずえ
三宅えみ(いしだ壱成夫人→谷原章介夫人)
矢代祐子
山口もえ
岡本法子(中途脱退)
坂爪加奈(中途脱退)
堀川由理(中途脱退)
・中途加入メンバー
荒真弓
桜井祐華
田中千鶴
ヘンシェル・ナオミ(後に父親が『笑っていいとも!』金曜日に、ナインティナイン進行のクイズコーナー回答者として出演)
『うらりんギャル』は、CDを発売しました。

『うらりんギャル』は、CDを発売しました。

34 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

奇跡のアラフィフ!かとうれいこ(51)が年齢を感じさせない美貌を公開!過去のグラビアと徹底比較!!

奇跡のアラフィフ!かとうれいこ(51)が年齢を感じさせない美貌を公開!過去のグラビアと徹底比較!!

90年代に巨乳グラビアアイドルとして活躍したタレント・かとうれいこ(51)が、自身のインスタグラムにて最新の自撮りを公開し、そのアラフィフらしからぬ若々しさ溢れる美貌に注目が集まっています。
隣人速報 | 4,449 view
ヤンマガの創刊40周年記念!最新号に雛形あきこ、熊田曜子、井上和香、紗綾の伝説のグラビアが再掲載されます!!

ヤンマガの創刊40周年記念!最新号に雛形あきこ、熊田曜子、井上和香、紗綾の伝説のグラビアが再掲載されます!!

漫画雑誌「週刊ヤングマガジン」がこのたび40周年を迎えたのを記念し、7月6日発売の最新号『週刊ヤングマガジン 32号』にて雛形あきこ、熊田曜子、井上和香、紗綾の伝説のグラビアが再掲載されています。
隣人速報 | 3,004 view
華原朋美が水着画像をアップ!遠峯ありさ時代にも白ビキニを披露!

華原朋美が水着画像をアップ!遠峯ありさ時代にも白ビキニを披露!

歌手の華原朋美が眩しい白のビキニ姿をInstagramにアップした。抜群の水着姿に「スタイル最高」「可愛かっこいい」「セクシー」「鍛えているだけあってナイスバディ」という絶賛のコメントがあがっている。かつてのアイドル遠峯ありさ時代の情報も!
今田耕司・東野幸治・板尾創路が主演、豪華構成作家!ディープな番組「冒冒グラフ」

今田耕司・東野幸治・板尾創路が主演、豪華構成作家!ディープな番組「冒冒グラフ」

今田・東野・板尾の三人が主演、「番組をグラフ化」「縦軸で観るか、横軸で観るか」がテーマの番組「冒冒グラフ」。今となっては著名な倉本美津留をはじめとする構成作家陣。一般視聴者の理解は難しく、信者にはディープな内容が話題となりました。
nomi | 575 view
高田万由子、大黒摩季、千秋、華原朋美…実家がお金持ちな芸能人の方々!!

高田万由子、大黒摩季、千秋、華原朋美…実家がお金持ちな芸能人の方々!!

時折話題にのぼる、実家がお金持ちの芸能人。この記事では、主に90年代以前より活躍している芸能人の中から、裕福な家庭に育った方々を何人かご紹介したいと思います。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト