【スター選手の引退試合・阪急ブレーブス編】(山田久志、福本豊)
2016年11月25日 更新

【スター選手の引退試合・阪急ブレーブス編】(山田久志、福本豊)

スター選手の引退試合、現役最後の試合をまとめています。ここでは同じ年に阪急ブレーブスに入団し、そして奇しくも同じ年に引退した山田久志、福本豊選手の引退試合を紹介します。毎年何百人というプロ野球選手が入団し、そして引退していきます。「私、引退します」と言ってプロ野球生活に別れを告げられる選手はほんの一握り、更に言えばこの様な「引退試合」「引退セレモニー」を行える選手などはごく一部。そんな特別な選手の特別な試合をどうぞご覧ください

3,630 view

【山田久志】史上最高のサブマリン

山田久志選手は、1967年のドラフト会議で、西鉄ライオンズから11位で指名を受けるのですが入団拒否。翌1968年のドラフト1位で阪急ブレーブスに指名されて入団します。(この時の7位指名は福本豊)当時の阪急は投手王国だったのですが、山田選手は2年目の1970年から主力投手として台頭。初完封勝利を挙げるなど10勝をマークします。

山田久志 ピッチング集

番号が25から17になった3年目の1971年には22勝を挙げ、最優秀防御率のタイトルも獲得しエースに成長します。この年の日本シリーズの第3戦で、真っ向勝負を挑んだ王貞治選手にサヨナラ3ランを浴びた。山田選手はマウンドにしゃがんだまましばらく動けず、当時の西本監督に抱きかかえられるようにしてベンチに引き上げます。山田選手は後に「天狗の鼻をへし折られた。あのホームランがあったから、その後の自分がある」と述懐しています。

山田久志対王貞治

1971年日本シリーズ第3戦
若い頃は速球でどんどん押していく強気なピッチングスタイルが身上の山田選手でしたが、1973~75年まで成績が下降線をたどると、チームメートの足立光宏選手を手本に新しい球種・シンカーを習得すると1976年に26勝を挙げて復活、2度目の最多勝を獲得。この年から史上初の3年連続MVPに輝きます。1982年4月29日の対ロッテ戦で200勝を達成。1975年から1986年まで、プロ野球記録の12年連続開幕投手を務めるなど阪急ブレーブスのエースとして長きにわたり君臨しました。

山田久志引退試合

佐藤善則選手に譲った1987年は7勝に終わり、17年連続続けていた2桁勝利記録が途絶えると、翌1988年は開幕後、なかなか勝てず、、現役最後の試合となった10月23日の西宮球場での阪急ブレーブス最後の試合(対ロッテ)で、山田選手は完投勝利(通算284勝)を最後に現役を引退。奇しくもこの年限りで阪急ブレーブスはオリックスブルーウエーブに変更となっています。翌年の3月に開催された読売ジャイアンツとのオープン戦(西宮)での引退記念試合に、山田選手は阪急ブレーブスのユニフォームを着用して登板。ファンに別れを告げました。

【山田選手のタイトル歴など】
最多勝:3回 (1972年、1976年、1979年)
最優秀防御率:2回 (1971年、1977年)
最高勝率:4回 (1971年、1976年、1978年、1979年)
284勝166敗43セーブ
山田久志(中日監督時代)

山田久志(中日監督時代)

引退後、山田久志さんは、1999年、中日ドラゴンズの投手コーチに就任。この前に巨人監督の長嶋茂雄からも投手コーチとしての誘いを受け、妻の病気を理由に断っていたのですが、中日監督の星野仙一より直に強く説得され、「星野監督を男にしたい」と引き受けます。2001年にヘッドコーチと投手コーチを兼任した後、2002年に監督に就任。前年5位だったチームをAクラスの3位に引き上げるものの、翌2003年には、3年契約の2年目のシーズン途中で成績不振を理由に解任されます。
その後、2009年、原辰徳監督の下、ワールド・ベースボール・クラシック日本代表の投手コーチに就任。世界一に大きく貢献しています。

【福本豊】世界の盗塁王

上述の山田選手と同じ年にドラフト7位で指名されたものの、福本選手本人もドラフトで指名されたことを全く知らず、翌朝のスポーツ新聞で初めて知った程で、ドラフト指名後もしばらく球団関係者が入団交渉に来なかったという逸話が残っている事が示す様に、入団当時は全く期待されていなかった福本選手ですが、バッティングの非力さを補ってあまりある足の速さを生かして、1969年の開幕戦に代走で出場(盗塁失敗)するなど一軍入り。1970年からレギュラーに定着した福本選手は、75盗塁を記録して盗塁王を獲得します。(1970年~1982年まで13年連続盗塁王)

福本豊選手の現役時代

背番号を7に変更した1970年シーズンには、シーズン106盗塁を記録して、チームのリーグ優勝に貢献。MVPと盗塁王をW受賞します。
1983年6月3日の対西武ライオンズ戦で、当時ルー・ブロックが保持していたMLB記録を上回る通算939盗塁を記録します。この記録を達成したのは西武ライオンズ球場でしたが、福本選手を祝福するための花火が打ち上げられました。この不滅の盗塁王記録を打ち立てた当時の中曽根首相から国民栄誉賞を打診されるものの、「そんなんもろたら立ちションもでけへんようになる」(全国紙では「呑み屋に行けなくなる」という表現で報道された)と固辞します。

福本豊・盗塁世界記録達成の瞬間

1984年8月7日には1000盗塁に到達。その後、当時の世界盗塁記録を1065まで伸ばした福本選手ですが(1992年にリッキーヘンダーソン選手に破られる)、1987年に右肩を脱臼し(全治2週間)、それを機にスタメン落ちする機会も増え、晩年は「走るな」という盗塁禁止のサインが出されるようにまでなります。
当時の新聞記事より

当時の新聞記事より

阪急ブレーブスが、オリックスへと名称が変更することが決定した1988年。この年は、上述の様に長年チームを支えた山田久志選手が引退を発表していたのですが、シーズンの最終戦で、試合後の挨拶をした上田利治監督が「去る山田久志、そして残る福本」と言うつもりだったのを、間違えて「去る山田、そして福本」と言ってしまい「福本も引退なのか?」と騒然となりました。

福本豊引退試合

この件で福本選手は殺到するマスコミを前に「上田監督がそう言ったなら辞めます」と言い、そのまま40歳で現役を引退しました。この経緯について福本選手は後に「否定するのが面倒くさかった」と独特の言い回しで回顧しています。
上記の様な経緯で現役引退することになった福本選手の引退試合は、1989年の3月に行われた対読売ジャイアンツとのオープン戦でした。また、この日は上述の山田久志選手の引退試合でもあり、阪急ブレーブスを支えた2人の姿を見届けようと、多くの阪急ファンが球場に詰めかけました。
福本選手は阪急のユニフォームで打席に立った後、コーチとして就任が決まったオリックスブルーウエーブのユニフォームに着替えてベースコーチを担当しました。
23 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

安室奈美恵ファイナルツアーグッズをd fashionで販売開始!これからより貴重感が増すグッズをゲット!!

安室奈美恵ファイナルツアーグッズをd fashionで販売開始!これからより貴重感が増すグッズをゲット!!

ガシーク株式会社は、株式会社NTTドコモと共同運営するファッション通販サイト「d fashion(ディーファッション )」にて、安室奈美恵さん引退前の最後となるツアー「namie amuro Final Tour 2018~Finally~」のオフィシャルツアーグッズの一部を限定販売中。
80年代の青少年のバイブル!「かぼちゃワイン」の三浦みつる、引退を発表。

80年代の青少年のバイブル!「かぼちゃワイン」の三浦みつる、引退を発表。

「The・かぼちゃワイン」で有名な漫画家・三浦みつるが自身のTwitterにて、新作描きおろしである「バック・トゥ・The・かぼちゃワイン」をもって漫画家を引退することを発表しました。
隣人速報 | 10,247 view
安室奈美恵が引退!アムラーを生み出したカリスマ歌姫の伝説をまとめてみました!

安室奈美恵が引退!アムラーを生み出したカリスマ歌姫の伝説をまとめてみました!

あの安室奈美恵が、公式HPにて2018年9月16日をもって引退することを電撃発表しました。今年デビュー25周年を迎え、地元・沖縄で凱旋公演を行ったばかりでの今回の発表。日本中が衝撃に包まれています。
隣人速報 | 11,856 view
【スター選手の引退試合・ヤクルト編】(若松勉・尾花高夫・池山隆寛)

【スター選手の引退試合・ヤクルト編】(若松勉・尾花高夫・池山隆寛)

スター選手の引退試合、現役最後の試合をまとめています。ここではヤクルトスワローズを支えた若松勉、尾花高夫、池山隆寛選手の引退試合を紹介します。毎年何百人というプロ野球選手が入団し、そして引退していきます。「私、引退します」と言ってプロ野球生活に別れを告げられる選手はほんの一握り、更に言えばこの様な「引退試合」「引退セレモニー」を行える選手などはごく一部。そんな特別な選手の特別な試合をどうぞご覧ください
和尚 | 2,608 view
【スター選手の引退試合・広島カープ編】(山本・衣笠・大野)

【スター選手の引退試合・広島カープ編】(山本・衣笠・大野)

スター選手の引退試合、現役最後の試合をまとめています。ここでは広島カープで活躍した選手の引退試合を紹介します。毎年何百人というプロ野球選手が入団し、そして引退していきます。「私、引退します」と言ってプロ野球生活に別れを告げられる選手はほんの一握り、更に言えばこの様な「引退試合」「引退セレモニー」を行える選手などはごく一部。そんな特別な選手の特別な試合をどうぞご覧ください。
和尚 | 4,784 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト