【プロ野球】負け越しても防御率1位!? 最優秀防御率への様々な道のり
2022年12月5日 更新

【プロ野球】負け越しても防御率1位!? 最優秀防御率への様々な道のり

負け越しで "最優秀防御率" のタイトルを獲得するのはどんなケースでしょうか?先発投手が好投するも打線が不調なケース、勝敗よりセーブが優先の抑え投手がギリギリ規定投球回数をクリアするケース、その混在など様々です。今回は、12球団になった1958年以降を対象に、勝敗で負け越して "最優秀防御率" を獲得した7投手をご紹介します。

8,263 view

選出方法

12球団になった1958年以降を対象に、純粋に "勝敗だけ" を見て負け越し、最優秀防御率を獲得した選手を選出しました。抑え投手の場合、セーブの方が重要なので、勝敗だけに注目するのはナンセンスですが、そもそも抑え投手で規定投球回数をクリアすることが稀なので、敢えて基準は変えずそのまま選出しています。

選出したのは、以下の7投手です。

安田猛(1973年)
佐藤道郎(1974年)
鈴木孝政(1976年)
斉藤明夫(1982年)
村田兆治(1989年)
ネイサン・ミンチー(2001年)
金田政彦(2002年)

安田猛(1973年)

投手 球団 達成年 勝敗 防御率
安田猛 ヤクルトアトムズ 1973 10勝12敗 2.02
安田猛は、1972年に、社会人野球の大昭和製紙からヤクルトアトムズに入団。新人ながら先発、リリーフとフルでリーグ最多の50試合に登板し、最優秀防御率新人王を獲得します。

1973年もリーグ最多の53試合に登板。この年は、14試合先発11試合完投4試合完封を記録するタフな投球ぶりで、しかも、無四球試合が多く、81イニング連続無四死球のプロ野球記録を樹立しています。記録前後の四球はいずれも、阪神・田淵幸一への敬遠でした。208 2/3回を投げ、防御率は2.02。新人から2年連続で、最優秀防御率のタイトルを獲得しました。    

「王キラー」として名を馳せた名投手で、この年も王貞治は抑えるものの、巨人戦は一度も勝てずに終わります。二桁勝利を挙げるも、負けも二桁で負け越し。チーム防御率はリーグ1位の2.60ながら、チーム打率はリーグ6位の.229。好投しても報われない不遇の一年に終わりました。
現役投手時代の安田猛

現役投手時代の安田猛

佐藤道郎(1974年)

投手 球団 達成年 勝敗 防御率
佐藤道郎 南海ホークス 1974 7勝8敗 1.91
佐藤道郎は、1970年、新人ながらリリーフの主力として、リーグ最多の55試合に登板。いきなり18勝、防御率2.05を記録し、最優秀防御率新人王を獲得します。その後も、たびたびリーグ最多登板を記録。1972年には、最高勝率のタイトルも獲得しています。

1974年からは完全にリリーフに徹しますが、シーズン大詰めの9月には、防御率2.2台で、規定投球回数も見える状況でした。残り5試合で、防御率2.03、投球回数は123 2/3。あと7イニング投げれば規定投球回クリアです。その後の登板は次の通り。

9月26日 日本ハム戦 2回0失点
9月28日 日本ハム戦1試合目 4回0失点
9月28日 日本ハム戦2試合目 2回0失点

これで、投球回数131 2/3規定投球回をクリア。2位の神部の防御率が2.38で差があったため、残り2試合は登板を回避し、防御率1.91最優秀防御率のタイトルが確定しました。

さらに、この年から設立された最多セーブ投手(13セーブ)のタイトルも獲得。勝敗は7勝8敗と負け越しですが、これはあくまで抑えの成否を表す数字の一つで、セーブ数と合わせれば成功が上回っています。
南海時代の佐藤道郎

南海時代の佐藤道郎

鈴木孝政(1976年)

投手 球団 達成年 勝敗 防御率
鈴木孝政 中日ドラゴンズ 1976 7勝8敗 2.98
鈴木孝政は、1975〜1977年の3年間、抑えを中心に先発としても活躍。3年連続最優秀救援投手(1975年は最多セーブ投手)のタイトルを獲得します。しかも、いずれの年も規定投球回をクリアし、1977年には18勝を挙げています。

そして、今回ご紹介する1976年は、60試合に登板。うち3試合が先発で、148 1/3イニングを投げ、防御率は2.98最優秀防御率のタイトルを獲得しますが、セ・リーグでは歴代最も悪い数字です。勝敗は7勝8敗と負け越しですが、これはあくまで抑えの成否を表す数字の一つで、セーブ数(26セーブ)と合わせれば成功が上回っています。

3年間の無理がたたり、1978年からは肘の痛みで、球速も低下。4年連続で規定投球回未満に終わります。再び規定投球回に達したのは1982年、中日優勝の年でした。
2013年の鈴木孝政

2013年の鈴木孝政

斉藤明夫(1982年)

投手 球団 達成年 勝敗 防御率
斉藤明夫 横浜大洋ホエールズ 1982 5勝6敗 2.07
入団以来、先発で活躍していましたが、1981年途中、先発から抑えに転向。さらに、1982年には、登録名を「斉藤明雄」から「斉藤明夫」に変更します。すると、抑え投手として、8連続セーブ年間30セーブを挙げ当時の日本記録を更新。しかも、投球回数134 2/3で、ギリギリ規定投球回をクリアし、防御率2.07最優秀防御率のタイトルまで獲得しました。

56試合の登板で、先発は1度だけあるものの、1試合平均2イニング以上投球した計算になり、タフなシーズンだったことがわかります。勝敗は5勝6敗と負け越しですが、これはあくまで抑えの成否を表す数字の一つで、セーブ数と合わせれば成功が上回っています。

翌年以降も抑えとして活躍し、1983年と1986年には最優秀救援投手のタイトルを獲得しました。
37 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ユニークな選手名や裏技で振り返る『初期のファミスタ』クイズ付き!!

ユニークな選手名や裏技で振り返る『初期のファミスタ』クイズ付き!!

1986年に発売され、現在に至るまで野球ゲームの傑作として認知されている「ファミスタ」シリーズについて振り返ってみましょう。
【プロ野球】アンチ巨人注目!あの無敵の巨人に強かった!昭和の巨人キラー投手たち

【プロ野球】アンチ巨人注目!あの無敵の巨人に強かった!昭和の巨人キラー投手たち

昭和の時代は、無敵の最強チームだった読売ジャイアンツ(巨人)。特に昭和40年代はV9を達成し、巨人の黄金期でした。その巨人を倒すべく、多くのエースが巨人に勝負を挑みますが、そのほとんどが負け越し。そんな中、アンチ巨人をスカッとさせてくれた名投手がいました。今回は、昭和に活躍した6人の "巨人キラー" をご紹介します。
izaiza347 | 204 view
【訃報】「まさかり投法」で知られる元プロ野球選手の村田兆治さんが火災で死去。

【訃報】「まさかり投法」で知られる元プロ野球選手の村田兆治さんが火災で死去。

元プロ野球選手の村田兆治さんが11日未明、東京・世田谷区内の自宅での火災に巻き込まれ、病院に運ばれたものの死亡が確認されました。72歳でした。
隣人速報 | 914 view
マサカリ投法・村田兆治 「昭和生まれの明治男」と呼ばれ、フォークを武器にロッテ一筋で完投にこだわった野球人生でした

マサカリ投法・村田兆治 「昭和生まれの明治男」と呼ばれ、フォークを武器にロッテ一筋で完投にこだわった野球人生でした

ロッテの大投手、マサカリ投法の村田兆治。「サンデー兆治」や「昭和生まれの明治男」と呼ばれました。途中、フォークボールを習得後、更に成績を伸ばしました。最後までロッテで過ごし、完投にこだわりを持った大投手でした。
ひで語録 | 22,184 view
【大型トレード】どっちがトクした!?田淵を獲得した西武?真弓・若菜を獲得した阪神?

【大型トレード】どっちがトクした!?田淵を獲得した西武?真弓・若菜を獲得した阪神?

1978年のプロ野球オフシーズンには、"世紀のトレード" が話題になりました。阪神(田淵幸一、古沢憲司)と西武(真弓明信、竹之内雅史、若菜嘉晴、竹田和史)のトレードです。ミスタータイガースと西武の有力選手が動いた大型トレード。阪神と西武、果たしてどちらのチームがトクしたのでしょうか?
izaiza347 | 138 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト