機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 元祖ガンダムの四部作最終話
2016年12月28日 更新

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 元祖ガンダムの四部作最終話

宇宙世紀0093年、行方不明となっていたシャア・アズナブルはネオ・ジオンを再興し、地球連邦政府に宣戦を布告した。隕石落としを実行に移したネオ・ジオン軍に対して、ブライト・ノアが指揮するロンド・ベル隊は孤立無援の戦いを強いられる。そこには、シャアのライバルであるアムロ・レイの姿があった。しかし、彼らの善戦も空しく、5thルナは地球へ落下していく。  シャアの動向に脅威を感じたアムロは、サイコフレームを組み込んだMS、νガンダムを受け取るため、開発主任のチェーン・アギが待つ月へと向かった。

8,477 view
「アムロ 感じてみろ・・・」(シャア)
言葉通りに出会う二人。運命的なものを感じさせるのとクエスがシャアと出会うための必要な場面。
しかし会ったとたんに殴りっこを始めてしまうとはなんともまぁ仲の悪いこと・・・

クエス・パラヤ

シャアと共にロンデリオンから出奔

シャアと共にロンデリオンから出奔

クエス・パラヤ

クエス・パラヤ

クエスの最期

クエスの最期

地球連邦政府の参謀次官アデナウアー・パラヤの娘。13歳。髪型は左右で長さの異なるツインテール。
ニュータイプの資質を持ち、劇中では敵味方の陣営を転々とする。
感受性が強く、他人の心情を敏感に読み取ったり、鋭い直感力を持つ一方で、情緒不安定で感情の起伏が激しく、自分勝手な行動をとってしまったり、思ったことを包み隠さず口にしてしまったりするような面もある。
劇中ではハサウェイ・ノア、ギュネイ・ガスの2人から好意を寄せられるものの、その内面は愛のない家庭で育ったことで父親の愛情に飢えており、アムロ・レイやシャア・アズナブルに父親的なものを求め、チェーン・アギやナナイ・ミゲルには激しい嫉妬を向けていた。
地球生まれの地球育ちだが、誰もがニュータイプになれれば人は分かり合えるという考えを持ち、かつては家出をしてインドでニュータイプになるための修行をしていた経験を持つ。

ニュータイプ研究所で訓練を受けたクェスはファンネルを使いこなすなど非凡な才能を見せ、ヤクト・ドーガやα・アジールの性能を発揮していく。だが、初陣となるルナツーでは、自らが攻撃した巡洋艦のブリッジに父がいたことに気付かないまま父親を手にかけることになり、それを期に感情のバランスを失っていく。
地球がなくなれば人は誰もがニュータイプとなって分かり合えるというシャアの思想を信じ、連邦軍を相手に戦い続けるが、最終的には戦場で彼女を慕うハサウェイと再会し、彼の身を挺した説得を受けるもそれを拒み、彼女の存在を危険と感じたチェーンの攻撃を受けてα・アジールもろとも撃墜され、戦死した。
13歳という設定上仕方がないのかもしれないが、とにかくわがままで気紛れで超ファザコン。
ララァの存在を知ってシャアにつめよるがいとも簡単に丸め込まれるところなどまったくの子供。
父親を殺してしまったことなど露も知らず戦いの中でニュータイプとしての才能を開花させていく。
ただ最期ハサウェイを庇って撃墜されたのは意外だった。

α・アジール

NZ-333 α・アジール

NZ-333 α・アジール

クエス・パラヤ専用機
シャア・アズナブル率いるネオ・ジオンが開発したニュータイプ専用大型モビルアーマー。
「α・アジール」の読み方は「アルファ・アジール」ではなく、「アルパ・アジール(アルパージール)」である。
名称の「アジール」とは一般的には「聖域」「避難所」の意(英語ではアサイラム)。

ヤクト・ドーガと並行して開発されていたサイコ・ドーガを始祖に持ち、デラーズ紛争期のノイエ・ジール、第一次ネオ・ジオン抗争期のクィン・マンサなど、ジオン〜ネオ・ジオンのニュータイプ専用機の集大成とも言うべき機体である。
しかし、多機能を突き詰めた結果全長100m超の巨体になってしまい、通常サイズの艦船には格納することは出来ず、非戦闘時には艦船に曳航されて移動する。
MAらしい大推力とサイコミュによってコントロールされる火器を全身に装備し、圧倒的な戦闘能力を有する。
ジオンの開発した機体の中ではあまり美しくないデザインのような・・・
話しはそれるがノイエジールはかっこよかったなー。

アクシズ落下作戦

アクシズ発進

アクシズ発進

さらに地球連邦に恫喝を行い、アクシズを得れば和平すると騙し、 まんまと手に入れたアクシズ本体を使って、地球へと降下。 人類滅亡・地球寒冷化作戦を決行させます。
当然こうなるでしょ。シャアが一度宣戦を布告しておいてただで和平条約などチャンチャラおかしい。

サイコフレームの本当の力

サイコフレームの共振

サイコフレームの共振

敵も味方も

敵も味方も

サイコフレームの共鳴現象により発生する正体不明の謎の力場で、詳細なメカニズムは不明。人智を超えた数々の不思議な現象を引き起こす発光現象(緑色〈作中では虹色とも言われている〉のオーロラ状に広がる光の帯。『機動戦士ガンダムUC』のOVA版では赤色や青色、金色のものも確認できる)を伴いながら莫大なエネルギーを無尽蔵に発生するが、それは電気や光とは異なり、物理が物理に働きかけて生じる弱々しい既存のものなど比較にならない、全く別次元の莫大なエネルギーである。後述の「アクシズ・ショック」の際に初めてこの現象が確認されて以降、サイコフレーム搭載機によりたびたび確認されている。予めこのような作用を想定して開発されたシステムではなく、地球圏に生きる人々の多くの思惟が共鳴した結果、偶発的に発生する現象である。
架空の話しのアニメとはいえ、これはちょっとやりすぎかな・・・リアル感がまったく失われてしまった様に感じたのは僕だけ?
53 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア(第二次ネオ・ジオン抗争)のモビルスーツたち

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア(第二次ネオ・ジオン抗争)のモビルスーツたち

またまたやります。劇場版『逆襲のシャア』のモビルスーツ等をを挙げてみます。シリーズ中でかぶっている機体があった場合は省かせていただきます。(単に僕が気づいてないだけの場合もありますが)
yakushakowai | 25,227 view
イラスト風の彩色を施した「GGG シャア・アズナブル アートグラフィックス」 が発売決定!

イラスト風の彩色を施した「GGG シャア・アズナブル アートグラフィックス」 が発売決定!

株式会社メガハウスは、ガンダムシリーズの歴代男性キャラクターをハイクオリティな精度で立体化するフィギュアシリーズ「ガンダム・ガイズ・ジェネレーション(GGG)」より、イラスト風の彩色を施した「GGG シャア・アズナブル アートグラフィックス」 の発売を決定しました。
隣人速報 | 1,288 view
【訃報】「シャア」の名前の由来にもなったフランスのシャンソン歌手、シャルル・アズナヴールさん死去。

【訃報】「シャア」の名前の由来にもなったフランスのシャンソン歌手、シャルル・アズナヴールさん死去。

10月1日、フランスを代表するシャンソン歌手として著名なシャルル・アズナヴールさんが自宅で亡くなりました。94歳でした。
隣人速報 | 507 view
『ガンプラり歩き旅』その79 ~リアルガンプラ派も必読! SDガンダムプラモにしかない、お宝パーツを備えたSDサザビー!~

『ガンプラり歩き旅』その79 ~リアルガンプラ派も必読! SDガンダムプラモにしかない、お宝パーツを備えたSDサザビー!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、メカ単位での紹介をする大好評連載。 新展開では『機動戦士Zガンダム』(1985年)『機動戦士ガンダムZZ』(1986年)『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988年)まで、旧キットから最新のHGUCまで、商品の発売順に、再現画像と共に網羅紹介していこうという趣向になっております!
市川大河 | 3,819 view
RX系ガンダムの変遷と後継種ガンダムの発展を調べてみました。(12)

RX系ガンダムの変遷と後継種ガンダムの発展を調べてみました。(12)

UC0090頃、地球連邦軍に復帰していたアムロ・レイ大尉が自らが発案、設計に関与したニュータイプ専用機の開発を要請したZ計画以外でのRXナンバー、ガンダム。このアナハイム製ガンダムのご紹介が中心です。
yakushakowai | 16,896 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト