【ハイパー脇役列伝】左とん平
2016年11月7日 更新

【ハイパー脇役列伝】左とん平

1960年から1980年代にかけて、その特異なキャラクター、ビジュアルから「主役」「主演」ではなく「脇役」として数多くの映画、ドラマで活躍した左とん平。ミドルエッジ世代の私たちには馴染み深い名脇役の一人ではないでしょうか。そんな存在感のある名バイプレイヤーである役者・左とん平の活動を振り返ります。

6,918 view

左とん平プロフィール

左 とん平(ひだり とんぺい、本名;肥田木 通弘<ひだき みちひろ>、1937年5月30日 - )は、日本の俳優。東京市王子区(現・東京都北区)出身。しまだプロダクション所属。世田谷学園高校卒業。
左とん平!劇団冗談工房!ヘイ・ユウ・ブルース!ぎんざナイトナイト! | こいもうさぎのブログ (1778500)

1957年、高校の同級生の辻しげるらと劇団を結成。後に、三木鶏郎の冗談工房に入団する。この時のマネージャーは、後の作家・野坂昭如[だった。1957年にラジオの「トリロー・サンドイッチ」のメンバーになる。その後、テレビに出演。
森繁久彌、三木のり平に憧れて芸能界入りした左とん平。1960年代から精力的に舞台、ドラマ、映画と活動の幅を広げていき、喜劇役者としてのキャリアを積むと共に、その知名度を上げていきました。

主なテレビドラマ出演作

☆寺内貫太郎一家☆

1974年、TBS系列の水曜劇場枠で放送された爆発的人...

1974年、TBS系列の水曜劇場枠で放送された爆発的人気ドラマでした。平均視聴率はなんと31.3%!

出典 ameblo.jp
タメさん役で出演。 石貫の職人さんでした。※石屋「寺内...

タメさん役で出演。 石貫の職人さんでした。※石屋「寺内石材店(石貫)」

☆時間ですよ☆

1970年TBS系列午後9時から水曜劇場で放送された人...

1970年TBS系列午後9時から水曜劇場で放送された人気番組。

浅太郎役 ドラマの舞台となる「松の湯」の常連のチンピラ...

浅太郎役 ドラマの舞台となる「松の湯」の常連のチンピラでした。

出典 けん
浅太郎役 しょっちゅうショウさん(船越英二)たちと小料...

浅太郎役 しょっちゅうショウさん(船越英二)たちと小料理屋ぽん太で一杯やってました。

☆「ムー」「ムー一族」☆

1977年、TBS系列の「水曜劇場」で放送された連続ド...

1977年、TBS系列の「水曜劇場」で放送された連続ドラマです。

野口五郎役  足袋職人。 桃子(五十嵐めぐみ)が好きだ...

野口五郎役  足袋職人。 桃子(五十嵐めぐみ)が好きだが常にスルーされてました。

金田さん(樹木希林)との掛け合いも面白かったですよね~

金田さん(樹木希林)との掛け合いも面白かったですよね~

☆西遊記2☆

1978年放送の「西遊記」のパート2。1979年から1...

1978年放送の「西遊記」のパート2。1979年から1980年に日本テレビ系列で放送された連続ドラマです。

出典 lineq.jp
ドラマ「西遊記」では2代目の猪八戒役を演じました

ドラマ「西遊記」では2代目の猪八戒役を演じました

面白いドラマだったから続編が生まれたわけなのですが、初代の猪八戒役・西田敏行が多忙でスケジュールが合わず、左とん平が2代目をつとめることになったそうです。西田八戒のイメージが強く残ったままの左とん平の八戒については賛否両論ありますが、私個人的には左とん平の方が好きです。だってリアルに豚な気がしません?(失礼?)
56 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『ドラマのTBS』ホームドラマ全盛期の1970年代を代表するドラマ 6選:岸辺のアルバム・肝っ玉かあさん・ありがとう・時間ですよ・ケンちゃんシリーズ・ムー一族

『ドラマのTBS』ホームドラマ全盛期の1970年代を代表するドラマ 6選:岸辺のアルバム・肝っ玉かあさん・ありがとう・時間ですよ・ケンちゃんシリーズ・ムー一族

ホームドラマ全盛期の1970年代を代表するテレビドラマ「岸辺のアルバム」「肝っ玉かあさん」「ありがとう」「時間ですよ」「ケンちゃんシリーズ」『ムー一族』の6作品は“ドラマのTBS”の象徴的作品でもあります。「ありがとう」のシリーズ最高視聴率は、民放ドラマ史上最高の視聴率56.3%を記録しました。
ガンモ | 45,719 view
カンヌでグランプリ受賞!人間の生と性が痛いほどリアル!「楢山節考」

カンヌでグランプリ受賞!人間の生と性が痛いほどリアル!「楢山節考」

1983年の映画「楢山節考」。カンヌ映画祭でパルム・ドールを受賞し、まだ40代だった坂本スミ子が老婆に見えるようにと歯を削り、「村の掟」に従い子に背負われ山に捨てられる70歳の役に挑んだ作品です。「姥捨て」という風習や胸苦しいほどの閉塞的な村人の生と生を描いた名作です!
けん | 18,611 view
郷ひろみ&樹木希林の伝説デュエット『お化けのロック』と『林檎殺人事件』

郷ひろみ&樹木希林の伝説デュエット『お化けのロック』と『林檎殺人事件』

郷ひろみ&樹木希林の伝説デュエットがTBS開局60周年特別音楽企画番組「音楽の日」で36年ぶりに復活。当時の懐かしい動画を紹介。
あぁ、ハレンチ。大信田礼子が魅せます、魅せます。ずべ公番長シリーズ!

あぁ、ハレンチ。大信田礼子が魅せます、魅せます。ずべ公番長シリーズ!

ずべ公ではありますが、お色気たっぷり、大信田礼子の魅力満載です。ずべ公とはいえ、ドスは振り回すわ、マシンガンはぶっ放すわのやりたい放題。これが伝説の「ずべ公番長」シリーズ全4作です。
obladioblada | 4,079 view
傑作SF少女漫画「僕の地球を守って」は、「男女7人月物語」だった!? 雑誌「ムー」とのつながりがあった?作者の異例のコメントとは?

傑作SF少女漫画「僕の地球を守って」は、「男女7人月物語」だった!? 雑誌「ムー」とのつながりがあった?作者の異例のコメントとは?

「僕の地球を守って」は、木蓮と紫苑(亜梨子と 輪)の恋愛を巡るSF要素たっぷりの少女漫画です。SF要素の強さが、当時、社会現象を引き起こしました。アニメ化もされた壮大なストーリーの「僕の地球を守って」を振り返ってみましょう。
ぶちうに | 944 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト