カンヌでグランプリ受賞!人間の生と性が痛いほどリアル!「楢山節考」
2017年1月26日 更新

カンヌでグランプリ受賞!人間の生と性が痛いほどリアル!「楢山節考」

1983年の映画「楢山節考」。カンヌ映画祭でパルム・ドールを受賞し、まだ40代だった坂本スミ子が老婆に見えるようにと歯を削り、「村の掟」に従い子に背負われ山に捨てられる70歳の役に挑んだ作品です。「姥捨て」という風習や胸苦しいほどの閉塞的な村人の生と生を描いた名作です!

13,982 view

楢山節考とは?

1983年カンヌ国際映画祭にてパルム・ドール受賞作品!

 (1742454)

キャッチコピーは【親を捨てるか、子を捨てられるか】
『楢山節考』(ならやまぶしこう)は、1983年製作の日本映画。深沢七郎の同名小説(厳密には『楢山節考』と『東北の神武たち』の2つを原作とする)の2度目の映画化作品。1983年のカンヌ国際映画祭にてパルム・ドールを受賞した。
【日本人も】3大映画祭で2度最高賞を獲った世界の名監督たち - NAVER まとめ (1742295)

1954年地獄門(衣笠貞之助監督)1980年影武者(黒澤明監督)に続きこの作品で今村昌平監督が受賞した。

誰も期待していなかった作品がまさかの受賞!

楢山節考 | 玉川上水日記 (1742281)

第36回カンヌ国際映画祭では、大島渚監督の『戦場のメリークリスマス』がグランプリ最有力と言われ下馬評が高く、製作の松竹は大島、奥山融副社長ら総勢20人以上がファーストクラスの飛行機でカンヌ入りした。『楢山節考』も『戦場のメリークリスマス』とともにカンヌ国際映画祭に出品されたが、こちらはまったく期待されてなく、誰もカンヌへ行こうとしない。
プロデューサーの日下部は、「どうしてもカンヌに行きたい」と主張すると岡田社長から「恥をかくのは日下部一人で充分」と言われた。今村も「後輩の大島監督が受賞するのに何でわざわざ行かなきゃならんの」と言う。宣伝も営業の誰も付いて行くと言わず。
結局、主演女優の坂本スミ子と2人で、エコノミークラスでカンヌ入りした。現地での宣伝合戦も『戦場のメリークリスマス』は、国際的にも知名度が高い大島やデヴィッド・ボウイを擁して注目度が極めて高かったが『楢山節考』が逆転、グランプリ・パルム・ドールを受賞した。
岡田社長も今村監督もカンヌに来なかったため、世界中の映画人とプレスが日下部の元へ殺到。「あなたの映画が受賞したんですね、おめでとう」「そう、あれ、おれの映画なんです」と日下部はプロデューサーにとっての最高に一夜を満喫した。

楢山節考「村の掟」

①「結婚し、子孫を残せるのは長男だけである」
・長男以外の男子は「ただの食い扶持」と邪険にされ、最初から一家の働き手として育てられる。次男以降は奴(ヤッコ)と呼ばれる。長男には逆らえない。結婚もできないゆえ、童貞が多い。
楢山節考 (1983) こんな日は映画を観よう/ウェブリブログ (1742457)

②「他家から食料を盗むのは重罪である」
・他家から食べ物を盗むのは1番の重罪にあたり、「楢山様に謝らせる」という処罰を受ける。「楢山様に謝らせる」とは、盗人の家に村中の人間で押し入り、他に食料がないか調べ、出てきた食料(盗んでない物でも)を山分けにされる。
けん (1742452)

子沢山で厳しい食料難に陥り、豆かすを盗んでしまった一家は女・子供含め全員生き埋めにされた。
出典 けん
③「70歳を迎えた老人は【楢山参り】に出なければならない」。
・苦しい食糧事情の為の口減らし。高齢の年寄り(男女関係なく)をその家の長男などが背負子(しょいこ)を一人で担いで連れて行き楢山に置いてくる。
けん (1742449)

山へ入る前夜に儀式もある。
出典 けん

主なキャスト

辰平役  緒形拳

けん (1742420)

45歳。短気で手が早いが、その行動や言動は現代で言うところの「へタレ」の裏返しでもある。前妻のたけやんを不慮の事故で亡くしている。子供はけさ吉・とめ吉・ゆきと3人いる。父親に似ているが、自分の母親(辰平にとっては父方の祖母)の「楢山参り」に対する心労から失踪した父親に似てると言われるのが内心不愉快。
出典 けん

おりん役 坂本スミ子

55 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【クイズ】ファミコン本体・周辺機器に関するクイズ!

【クイズ】ファミコン本体・周辺機器に関するクイズ!

ファミリーコンピューターが1983年に発売された後、ファミコン用の周辺機器が多く発売されました。懐かしいファミコン本体や周辺機器に関するクイズです。あなたは何問正解できるかな?
東京ディズニーランドの「イッツ・ア・スモールワールド」34年の幕を下ろす。2018年春にリニューアル!!

東京ディズニーランドの「イッツ・ア・スモールワールド」34年の幕を下ろす。2018年春にリニューアル!!

東京ディズニーランドのアトラクション「イッツ・ア・スモールワールド」が2月末に34年の歴史に幕を下ろし、ネット上では惜しむ声が上がっている。
red | 2,495 view
【ハイパー脇役列伝】左とん平

【ハイパー脇役列伝】左とん平

1960年から1980年代にかけて、その特異なキャラクター、ビジュアルから「主役」「主演」ではなく「脇役」として数多くの映画、ドラマで活躍した左とん平。ミドルエッジ世代の私たちには馴染み深い名脇役の一人ではないでしょうか。そんな存在感のある名バイプレイヤーである役者・左とん平の活動を振り返ります。
けん | 6,549 view
【稲垣潤一】の「夏のクラクション」夏の終わりを告げるこの名曲をアンサーソングと共に振り返る

【稲垣潤一】の「夏のクラクション」夏の終わりを告げるこの名曲をアンサーソングと共に振り返る

1983年にリリースされた稲垣潤一さんの「夏のクラクション」。この曲にはアンサーソングがあったのをご存じですか?この記事では「夏のクラクション」を中心にアンサーソングと共に振り返ってみたいと思います。
つきねこ | 981 view
不作?とんでもない!83年組7人が「お神セブン」となってデビュー35周年イベントを開催!!

不作?とんでもない!83年組7人が「お神セブン」となってデビュー35周年イベントを開催!!

レジェンド級アイドルが多数輩出された82年デビュー組などに比べ、大ブレイクした人が少なかったことから「不作」という不名誉な称号を得ている83年デビュー組の女性アイドル。そんな彼女たちが21世紀に入り「神7」ならぬ「お神セブン」として活動しているのをご存知でしょうか?
隣人速報 | 3,807 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト