郷ひろみ&樹木希林の伝説デュエット『お化けのロック』と『林檎殺人事件』
2015年9月17日 更新

郷ひろみ&樹木希林の伝説デュエット『お化けのロック』と『林檎殺人事件』

郷ひろみ&樹木希林の伝説デュエットがTBS開局60周年特別音楽企画番組「音楽の日」で36年ぶりに復活。当時の懐かしい動画を紹介。

3,372 view

郷ひろみ&樹木希林の伝説デュエットが36年ぶりに復活

歌手郷ひろみ(59)と女優樹木希林(72)が2015年6月27日、TBS開局60周年特別音楽企画番組「音楽の日」で、36年ぶりにデュエットを歌う。
当時の郷ひろみ&樹木希林

当時の郷ひろみ&樹木希林

2人は、TBS系ドラマ『ムー』(1977年)、『ムー一族』(1978年~79年)で共演し、それぞれの劇中歌である「お化けのロック」と「林檎殺人事件」をデュエットした。
当時と同じオーバーオール姿の郷ひろみと樹木希林

当時と同じオーバーオール姿の郷ひろみと樹木希林

当時と同じオーバーオール姿になり、フニフニダンスのポーズで撮影されると、樹木は「着たら急にあの時代になっちゃうから不思議ね~。この振りをまた覚えなきゃ」と笑わせた。
 その上で郷に「20歳の郷さんは、“僕はねぇ、結婚は一度。(何度もするのは)考えられない”と言ってた。それが凄く印象的」と、厳しい突っ込み。結婚3度の郷は「言ったんでしょうね…」とタジタジだった。
人気アイドルと実力派女優によるコミカルな組み合わせや、緩やかなダンス、メロディ、分かりやすい衣装が受け、特に「林檎殺人事件」は、同局系音楽番組『ザ・ベストテン』で12週連続ランクイン。
4週連続1位を獲得するという大ヒットを記録した。

それ以降、2人は、1996年のTBS系単発ドラマ『坊ちゃんちゃん』で共演し、日本テレビ系の音楽番組『THE M』でもトークをしたが、テレビでデュエットを披露するのは、実に36年ぶりとなる。

郷ひろみと樹木希林のコメント

【郷ひろみのコメント】
まさか、樹木さんが(出演を)快諾していただけるとは思っていませんでした。「お化けのロック」も「林檎殺人事件」も樹木さんがいないと成立しませんから。僕自身、視聴者の皆さんと同じ気持ちで、すごく楽しみにしています。
「お化けのロック」も「林檎殺人事件」も、僕としては遊びで作った印象はまったくないんですよ。数ある僕の楽曲の中で大切な2曲ですし、極端なことを言うと、「これが一番好きです」というファンの方もいるぐらい。
どういうふうに歌うか、これからリハーサルで詰めていきますが、当日は間違いなく楽しくなると思います。多くの方が期待してくださっていることが感じられますので、楽しみにしていてください。

【樹木希林のコメント】
36年ぶりにこの衣装を着て、郷さんの隣に立ったら、急にあの頃に戻った気がしました。不思議なものですね。でも、声はあの時とは同じように出ないと思いますよ。なんとか当時の状態に近づきたいと思いますが、ダメでもともとの気持ちでやらせていただきます。でもね、自分で自分に期待はしてないの。テレビを観ている方が、「昔と違うよ」って言ってもいいじゃない。それもお楽しみの一つかもしれません。

動画で振り返る当時の『お化けのロック』と『林檎殺人事件』

お化けのロック 郷ひろみ/樹木希林 ムー - YouTube

1977年9月1日リリース。
作詞:阿木燿子/作曲:宇崎竜童/編曲:萩田光雄
ダブルタイトルでリリースされたが、レコード盤では、A面「帰郷」、B面「お化けのロック」で分類されている。2曲とも郷自身が主演したTBS系水曜劇場「ムー」のテーマとなった。
『お化けのロック』は悠木千帆から改名した樹木希林とのデュエット曲で、コミカルな振り付けが話題となった。なお、ジャケットの裏面には振り付けが載っている。

郷ひろみ 樹木希林 林檎殺人事件 1978 06 12 - YouTube

1978年6月21日リリース。
作詞:阿久悠/作曲・編曲:穂口雄右
『お化けのロック』に続く樹木希林とのデュエット曲で、テレビドラマ『水曜劇場「ムー一族」』(TBS系列)の挿入歌となった。
『ザ・ベストテン』では4週連続で1位に輝き、3週目の1位となった8月24日放送時には司会の久米宏と黒柳徹子の衣装で出演した。また1978年の年間ベストテン第10位に輝いた。

2008年、日本テレビの音楽番組『THE M』で再開した郷ひろみと樹木希林

再会!きりんに緊張する郷ひろみ - YouTube

2008年4月22日放送。再会トークで盛り上げた。
13 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【ハイパー脇役列伝】左とん平

【ハイパー脇役列伝】左とん平

1960年から1980年代にかけて、その特異なキャラクター、ビジュアルから「主役」「主演」ではなく「脇役」として数多くの映画、ドラマで活躍した左とん平。ミドルエッジ世代の私たちには馴染み深い名脇役の一人ではないでしょうか。そんな存在感のある名バイプレイヤーである役者・左とん平の活動を振り返ります。
けん | 6,691 view
公開生放送、海外ロケ、別番組ジャックなんでもありの豪華ドラマ「ムー一族」

公開生放送、海外ロケ、別番組ジャックなんでもありの豪華ドラマ「ムー一族」

前篇の「ムー」をさらにパワーアップして、さらにコメディー性を高めたムー一族。豪華なレギュラー陣に加え、サプライズゲストも登場し華を添えました。見れば元気がでてあしたから頑張れるドラマです。
Kengreen | 4,439 view
『ドラマのTBS』ホームドラマ全盛期の1970年代を代表するドラマ 6選:岸辺のアルバム・肝っ玉かあさん・ありがとう・時間ですよ・ケンちゃんシリーズ・ムー一族

『ドラマのTBS』ホームドラマ全盛期の1970年代を代表するドラマ 6選:岸辺のアルバム・肝っ玉かあさん・ありがとう・時間ですよ・ケンちゃんシリーズ・ムー一族

ホームドラマ全盛期の1970年代を代表するテレビドラマ「岸辺のアルバム」「肝っ玉かあさん」「ありがとう」「時間ですよ」「ケンちゃんシリーズ」『ムー一族』の6作品は“ドラマのTBS”の象徴的作品でもあります。「ありがとう」のシリーズ最高視聴率は、民放ドラマ史上最高の視聴率56.3%を記録しました。
ガンモ | 43,529 view
花の82年組アイドル「白石まるみ」は今

花の82年組アイドル「白石まるみ」は今

花の82年組の1人でもある白石まるみ。あの有名プロデューサーのもと歌手として活動するも女優に転身。タレントとして様々な活動をしている白石まるみにクローズアップ!
はんまのまま | 3,351 view
傑作SF少女漫画「僕の地球を守って」は、「男女7人月物語」だった!? 雑誌「ムー」とのつながりがあった?作者の異例のコメントとは?

傑作SF少女漫画「僕の地球を守って」は、「男女7人月物語」だった!? 雑誌「ムー」とのつながりがあった?作者の異例のコメントとは?

「僕の地球を守って」は、木蓮と紫苑(亜梨子と 輪)の恋愛を巡るSF要素たっぷりの少女漫画です。SF要素の強さが、当時、社会現象を引き起こしました。アニメ化もされた壮大なストーリーの「僕の地球を守って」を振り返ってみましょう。
ぶちうに | 506 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト