【小久保裕紀】ホークス・ジャイアンツの主将から、ジャパンの監督へ
2016年11月25日 更新

【小久保裕紀】ホークス・ジャイアンツの主将から、ジャパンの監督へ

ダイエーのリーダーだった小久保は突然の無償トレードで巨人に移籍するが、巨人でもリーダーシップを発揮。他球団から来た選手としては異例の巨人の主将となる。その後ダイエーに復帰し、引退後は「日本代表監督」を務めている小久保選手の球歴を振り返る。

2,754 view

入団当初の小久保選手

1992年にはバルセロナオリンピック野球日本代表に大学生で唯一選出され、銅メダル獲得に貢献するなど、アマチュア時代からその能力が飛びぬけていた小久保選手。1993年のドラフト会議でダイエーホークスに2位で指名されて入団する。入団一年目から一軍入りしたものの、プロの壁に当たり、最終的に78試合に出場し、打率.215・6本塁打という不本意な成績でシーズンを終える。
ダイエーホークス時代の小久保選手

ダイエーホークス時代の小久保選手

小久保選手がブレイクのきっかけとなったのが、その年のオフに参加した「ハワイ・ウインター・ベースボール」。そこで首位打者とMVPに輝いた小久保選手は翌年の1995年、二塁手のレギュラーを奪取すると、全試合出場、28本塁打を放ちパ・リーグの本塁打王に輝くのでした。

忘れてはならない、一つの事件

96年は不振に終わったものの、97年は打率.302・36本塁打・114打点の好成績を挙げて小久保選手は打点王を獲得。そんな順調な選手生活の中で「一つの事件」が起こります。

断っておきたいのですが、私は輝かしい小久保選手の経歴にことさらキズつけようという気もありません。ただ、97年のオフに球界を揺るがす「プロ野球選手脱税事件」が発覚。小久保選手も主犯格の1人として捜査をうけ、裁判の結果、懲役1年、執行猶予2年、罰金700万円の有罪判決が言い渡されているという事実は、彼の球歴において忘れてはならぬ出来事だと思うのです。
脱税事件を報じる当時の新聞記事

脱税事件を報じる当時の新聞記事

この事件を受け、小久保選手は、1998年の開幕戦から8週間の出場停止と制裁金400万円の処分を受けています。

突然の無償トレード

小久保選手はその後怪我で戦列を離れたり不調に陥るシーズンはあったものの、1999年の日本一。2000年のリーグ優勝に大きく貢献。30歳で1億円プレーヤーにもなり、ダイエーホークスの主砲・精神的な支柱として確固たる地位を築いていくのです。
個人タイトルには手が届かなかったものの、2000年~2002年まで3年連続で30本以上の本塁打を放つ(31本、44本、32本)など好調なシーズンを送っていた小久保選手ですが、2003年のオープン戦でホーム生還時に相手選手と交錯。右膝の前十字靭帯断裂・内側靭帯損傷・外側半月板損傷・脛骨と大腿骨挫傷という全治6ヶ月以上の重傷を負います。
無償トレードの衝撃

無償トレードの衝撃

小久保選手を欠いたものの、チームは3年ぶりのリーグ優勝、4年ぶりの日本一を達成。優勝決定時には小久保選手も駆けつけ共に優勝を祝った・・・数ヵ月後、小久保選手は突如「無償トレード」で巨人に移籍することになるのでした。
巨人の入団会見

巨人の入団会見

この無償トレードの真相は、当時の球団社長が言ったとされる「うるさい小久保がいなかったから優勝できた」という言葉をめぐって小久保選手との間に確執があったとか、怪我の扱い・リハビリの渡航費、治療費が球団から一切支払われなかった・・・など様々な原因があると言われています。

この決定にダイエーの選手は、日本一の優勝旅行をボイコットするなど球団に対して反発する姿勢を見せました。

奮闘した巨人時代

巨人に移籍した2004年、小久保選手の怪我は完治していたとは言いがたい状態でしたが、開幕当初から主力として活躍。アテネ五輪でチームを離れた高橋選手に代わって4番を務め、この年41本塁打を放ち、見事に復活を果たすのです。

ちなみに堀内政権の1年目となったこの年、一番から仁志、清水、ローズ、高橋、小久保、ペタジーニ、阿部、二岡と続く打線は259本塁打を記録。「史上最強打線」と呼ばれたのですが、投手陣が振るわずこれだけの打線を誇りながらチームは3位に終わるのです。
ヒーローインタビューを受ける小久保選手

ヒーローインタビューを受ける小久保選手

2005年シーズンも34本塁打を記録。巨人ファンにとっては「暗黒時代」と評される堀内政権において、小久保選手は唯一の光明と呼ばれる程奮闘していたのです。

2006年シーズンには、巨人軍第17代目の主将に指名される程、選手の中心でした。
(他球団から移籍してきた選手としては初めての事)
第二期原政権の初年度となったこの年、小久保選手は6月に古傷の右手親指内側側副靭帯を剥離骨折。復帰後も思うような活躍をすることが出来ず、チームも3年連続のBクラスに沈みます。

ホークス復帰

2006年オフ小久保選手はFA宣言。ソフトバンクに球団名称が変わっていた古巣のホークスに復帰します。
34 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【松本匡史選手】青い稲妻と呼ばれた巨人軍不動のトップバッター

【松本匡史選手】青い稲妻と呼ばれた巨人軍不動のトップバッター

俊足巧打、そして守備も抜群に上手い。青い手袋を身につけていた事から 「青い稲妻」と呼ばれた松本匡史選手は、正に理想的な一番打者だった。 1980年代の巨人軍を支えた松本選手の球歴を振り返る。
和尚 | 25,267 view
【河野博文投手】ミスターに「ゲンちゃん」と愛された中継ぎエースの現在地。

【河野博文投手】ミスターに「ゲンちゃん」と愛された中継ぎエースの現在地。

1988年に最優秀防御率賞を獲得した河野投手はその後、FAで日本ハムから巨人に移籍する。1996年シーズン、首位に最大11.5ゲーム差をつけられてからの大逆転優勝(メークドラマ)に大きく貢献した。長島監督から「ゲンちゃん」と呼ばれた中継ぎエースは引退後波乱の人生を送ることになる・・・。
和尚 | 5,898 view
【駒田徳広選手】「満塁男・駒田」が起こした球史に残る「二つの事件」を振り返る。

【駒田徳広選手】「満塁男・駒田」が起こした球史に残る「二つの事件」を振り返る。

満塁の際、無類の強さを誇った「満塁男」・駒田選手。巨人のスター選手だった彼は選手生活の晩年・FA宣言をして横浜に移籍する。「来る選手はいても、FAで巨人を出る選手などいない」そう思われていた球界の常識を変えた選手だった。
和尚 | 49,767 view
【槙原寛己選手】完全試合を達成した、伝説の「先発三本柱」の1人

【槙原寛己選手】完全試合を達成した、伝説の「先発三本柱」の1人

1990年代の巨人には他球団が羨む先発投手が三人所属していた。 斎藤雅樹、桑田真澄と共に「先発三本柱」と呼ばれた男、槙原寛己投手。 抜群の成績を残しながら「エース」と呼ばれる事はなかった槙原投手の活躍を振り返る。
和尚 | 3,580 view
【大久保博元選手】巨人の救世主になった「デーブ」

【大久保博元選手】巨人の救世主になった「デーブ」

2015年楽天イーグルスの監督に就任。そして成績不振のため一年で解任。 打撃コーチとしては…監督としては…と指導者としての評価が分かれる大久保博元氏。 そんな彼の現役時代の活躍を振り返る。「彼は、まぎれもなく巨人の救世主だった」
和尚 | 3,972 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト