【松本匡史選手】青い稲妻と呼ばれた巨人軍不動のトップバッター
2016年11月25日 更新

【松本匡史選手】青い稲妻と呼ばれた巨人軍不動のトップバッター

俊足巧打、そして守備も抜群に上手い。青い手袋を身につけていた事から 「青い稲妻」と呼ばれた松本匡史選手は、正に理想的な一番打者だった。 1980年代の巨人軍を支えた松本選手の球歴を振り返る。

25,229 view

●松本選手の球歴

松本選手は、報徳学園時代、2年生の時(1971年)に四番・レフトで春夏の甲子園に連続出場。
その後早稲田大学に進学すると、内野手に転向。、1976年のドラフト会議で巨人に指名される。この時の指名順位は5位と評価は決して高くなかったものの、その俊足を買われ入団後1年目から主に代走要員として一軍の試合に出場するものの、巨大戦力・巨人では定位置を奪えずにいました。
後に「地獄」と称される地獄の伊東キャンプの様子

後に「地獄」と称される地獄の伊東キャンプの様子

転機が訪れたのは、1979秋に長嶋茂雄監督が静岡県の伊東スタジアムで行った「地獄の伊東キャンプ。そこで松本選手は俊足を生かす為に右打ちからスイッチヒッターに転向する為の猛練習を課されます。
(長島監督は、当時1番打者を務めていた柴田選手の後継者として松本選手を考えていました)

スイッチヒッターとして転向してしばらく結果は出ませんでしたが、練習を続けた結果、長島監督が勇退後の1981年には打率3割をマーク。1982年には初めて盗塁王を獲得するのです。
盗塁を決める松本選手

盗塁を決める松本選手

出典 labola.jp
また松本選手が活躍し始めると、青色の手袋を着用し「青い稲妻」のニックネームを付けられます。(この愛称には、柴田選手が赤い手袋を着用し「赤い稲妻」と呼ばれていた事の対比という意味あいも込められています)
 (1554371)

●大記録達成

リーグを代表する1番打者に成長した松本選手は1983年、シーズン76盗塁という「セリーグ記録」を打ちたて、2年連続盗塁王を獲得します。この「セリーグ記録」はその後、現在まで30年以上破られていません。※パリーグ&NPB記録は、福本選手のシーズン106盗塁

盗塁を決める松本選手

脅威のシーズン75盗塁。
この記録は30年以上破られていません。
出典 youtu.be

●なぜ盗塁数は減少したのか?

少しの間、話を現代に戻し「なぜこの記録は破られないのか?」という事を考察します。
松本選手の記録更新の期待を抱かせたのは、1985年盗塁王に輝いた広島の高橋慶彦選手の73個。
高橋慶彦選手

高橋慶彦選手

2000年代では2003年から阪神の赤星選手が3年連続で60個以上の盗塁数を記録しますが(61個、64個、60個。ちなみにこれは140試合での記録)、その後、年間最多盗塁記録は減少傾向です。
2015年の盗塁王に輝いた山田哲人選手の記録は34個。ちなみに2015年パリーグの年間最多盗塁記録は中島卓也選手の34個です。試合数も増加し、盗塁技術も上がっているはずなのに、なぜ近年盗塁数は減少していったのでしょう?
赤星憲広選手

赤星憲広選手

実は、この盗塁数の減少について、野球解説者となった松本氏自身が次のように解説しています。
「盗塁は結局、信用なんです。監督が信用すればどんどん走らせる。でも、今はそれを選手のほうがさせないようにしちゃっているんですよ。サインを出してもスタートを切らないとか、簡単にアウトになってしまっているとか。そうなると信用はどんどん落ちていくし、監督もサインを出しづらくなる」

さらに松本氏は、盗塁数を増やす為には「年間を通して結果を出し続ける持続力があるかどうか。また、足が速いだけでは盗塁は成功しない」とも解説します。

●引退

松本選手に話を戻します。松本選手の魅力は盗塁だけでなく、守備範囲の広いセンターとして守備の要としても活躍。1981年から3年連続でゴールデングラブ賞を受賞しました。
ウォーレン・クロマティ選手が加入後の1985年からセンターからレフトにコンバート。
1987年、6月下旬くらいから打撃がスランプ気味になり、後半戦、台頭してきた駒田徳広選手がスタメン出場する機会が増えていきます。

そんな中、しぶりにスタメンに起用された試合でイージーフライを落球すると、王監督がこれに激怒。
更に出場機会を失っていきます。そんな中、後楽園球場から外野の広い東京ドームに本拠地が変更が決定。
後楽園球場の最後の姿

後楽園球場の最後の姿

元々肩に故障歴があり、送球に不安のあった松本選手はトレード要員として名前が挙がる様にまでなりました。後楽園球場最後の年のリーグ優勝を手土産に、松本選手はジャイアンツのユニフォームのまま、引退することを選びました。33歳の若さでした。
28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【駒田徳広選手】「満塁男・駒田」が起こした球史に残る「二つの事件」を振り返る。

【駒田徳広選手】「満塁男・駒田」が起こした球史に残る「二つの事件」を振り返る。

満塁の際、無類の強さを誇った「満塁男」・駒田選手。巨人のスター選手だった彼は選手生活の晩年・FA宣言をして横浜に移籍する。「来る選手はいても、FAで巨人を出る選手などいない」そう思われていた球界の常識を変えた選手だった。
和尚 | 49,573 view
【槙原寛己選手】完全試合を達成した、伝説の「先発三本柱」の1人

【槙原寛己選手】完全試合を達成した、伝説の「先発三本柱」の1人

1990年代の巨人には他球団が羨む先発投手が三人所属していた。 斎藤雅樹、桑田真澄と共に「先発三本柱」と呼ばれた男、槙原寛己投手。 抜群の成績を残しながら「エース」と呼ばれる事はなかった槙原投手の活躍を振り返る。
和尚 | 3,574 view
【鹿取義隆選手】かっての守護神が宿敵となって巨人ナインに立ちはだかった!

【鹿取義隆選手】かっての守護神が宿敵となって巨人ナインに立ちはだかった!

1980年代、無類の安定感を誇り巨人のリリーフエースとして君臨した鹿取義隆選手。だが、トレードによって西武に移籍。そしてかっての守護神が1990年の日本シリーズにおいて、今度は宿敵の一員として、巨人ナインの前に立ちはだかったのである。
和尚 | 19,908 view
【河野博文投手】ミスターに「ゲンちゃん」と愛された中継ぎエースの現在地。

【河野博文投手】ミスターに「ゲンちゃん」と愛された中継ぎエースの現在地。

1988年に最優秀防御率賞を獲得した河野投手はその後、FAで日本ハムから巨人に移籍する。1996年シーズン、首位に最大11.5ゲーム差をつけられてからの大逆転優勝(メークドラマ)に大きく貢献した。長島監督から「ゲンちゃん」と呼ばれた中継ぎエースは引退後波乱の人生を送ることになる・・・。
和尚 | 5,878 view
【野口茂樹】ドラゴンズ投手陣を支えたノーヒッターは「天敵」に移籍して・・・

【野口茂樹】ドラゴンズ投手陣を支えたノーヒッターは「天敵」に移籍して・・・

ドラゴンズのエースとしてリーグ優勝に貢献し、最優秀防御率賞など数々の賞を受賞した野口投手。1996年にノーヒットノーランを達成するなど、特に巨人戦に強く「天敵」とも呼ばれた存在でした。その後、2005年にFAを宣言し、野口投手はその巨人に移籍するのですが・・・。
和尚 | 11,110 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト