【赤城の山も今宵限り】北関東を走り抜けたJR東日本【107系】が引退へ
2017年9月7日 更新

【赤城の山も今宵限り】北関東を走り抜けたJR東日本【107系】が引退へ

「赤城の山も今宵限り・・・」で有名な国定忠治の里を走る両毛線をはじめ、北関東各線で走り抜けたJR東日本「107系」が引退することが発表されました。関東平野から山岳地帯へと、用務客や観光客を運んだこの「107系」についてまとめてみました。

422 view

107系 引退のニュースが。

JR東日本「107系」とは。

107系電車(107けいでんしゃ)は、1988年(昭和63年)から1991年(平成3年)にかけて製造された東日本旅客鉄道(JR東日本)の直流通勤形電車である。
1987年4月に民営化されたJRは、国鉄時代の車両を引き継いだわけですが、車両は老朽化しており、また編成が長く、無駄な輸送力が生まれていました。
このため、新しく発足したJR東日本にふさわしく、また需要に合わせた編成が組める新車を製作することにしました。こうして、165系の代用として登場したのが107系です。
107系

107系

出典:裏辺研究所 さまより。

107系の車内。

107系の車内

107系の車内

評判では、結構いいシートで、多分イメージとしては小田急8000系のようなシートなのだと思いますが、いかんせん「オールロングシート」。
通勤客にはいいのですが、交通の結束点・高崎駅に着いて、さあこれから群馬の観光地へGO!と意気込んだ先が、このロングシートだと、ちょっと萎えましたね・・・。
長編成の107系@両毛線

長編成の107系@両毛線

wikipediaに「通勤用車両として製造された」とあるように、通勤用として、両毛線で2両3編成の6両編成として、堂々の運用をしていますね。
107系以前に活躍した車両 165系

107系以前に活躍した車両 165系

元・急行用車両として活躍した165系は、急行電車としての任務を終えた後転属し、上越線などでローカル輸送用として活躍しました。
旅情としては、断然この165系がイイ!
しかし1両2ドアで、通勤電車として使うには、多くの乗客の乗り降りに時間がかかり、新車投入もやむをえなかったのでしょう。

107系で??と思ったのは、草津温泉に普通電車で行った時のことです。
草津温泉の玄関口・長野原草津口駅

草津温泉の玄関口・長野原草津口駅

185系特急「草津号」

185系特急「草津号」

107系のロングシートがおイヤなら、特急がございます、ということなのですが、この185系も、もとは新幹線の恩恵が少ない地域向けに、「急行にも使える特急車両」として登場したものなので、いかんせん観光地に行くにはゴージャス感が不足ぎみのような気がします。
今は常磐線特急「ひたち」から転属された651系が草津号として運用されています。

107系の運用範囲。

デビュー年:1988(昭和63)年
保有会社:JR東日本
運行区間:信越本線、上越線、吾妻線、両毛線、東北本線(小山~黒磯)
元運行区間:日光線
運行区間を見てみるとおわかりのように、関東平野周辺の山岳地帯に向かう路線で多く運用されていることがわかります。
その中で、思い出すのが、赤城山と国定忠治の世界です。
両毛線国定駅に停車する107系

両毛線国定駅に停車する107系

28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

東京から103系が消えた日【エメラルドグリーン常磐線ラストラン・ギャラリー】

東京から103系が消えた日【エメラルドグリーン常磐線ラストラン・ギャラリー】

2006年3月17日、東京で最後まで常磐線に残っていた103系が引退しました。その日たまたま撮影した写真がありますので、ご紹介したいと思います。今月(2017年10月3日)、大阪環状線からも103系が引退しましたが、「昔こんな電車東京でも走ってたよなー」的な想い出を味わっていただければ幸いです。
【10/3大阪環状線から引退】関西の人に愛された電車【オレンジ色の103系】

【10/3大阪環状線から引退】関西の人に愛された電車【オレンジ色の103系】

1963年から製造が開始され、3500両を超える車両が製造された国鉄103系。JR発足から30年がたち新型車両に主役の座を譲ってきましたが、2006年に首都圏から引退したあと、「大阪環状線に行けば遭える」と、鉄道ファンの心の拠り所だった大阪環状線の103系が2017年10月3日で引退することが発表されました。
ジバニャンLOVE | 1,174 view
【なぜ中央線の東京駅はあんなに高いのか】1995年の大工事

【なぜ中央線の東京駅はあんなに高いのか】1995年の大工事

東京以外の方にはなじみが薄いと思いますが、中央線の始発・東京駅の中央線ホームは長大なエスカレーターを上った、かなり高いところにあります。なぜ、あんなに不便になっているのでしょうか。そこには1995年に行われた大工事がありました。
ジバニャンLOVE | 2,912 view
【構想50年、着工30年】沿線住民の悲願ついに【小田急線複々線化2018年完成へ】

【構想50年、着工30年】沿線住民の悲願ついに【小田急線複々線化2018年完成へ】

小田急電鉄は昨日(2017年11月1日)、2018年3月中旬にダイヤを「白紙改正」することを発表しました。これは代々木上原ー登戸間の複々線化が完成することによるもので、これにより電車の大幅な速達度向上、混雑率緩和が見込まれます。小田急とその周りを取り巻く情勢について書いてみました。
【羽田空港に負けるな!】成田空港のアクセスが便利になったのは1991年から

【羽田空港に負けるな!】成田空港のアクセスが便利になったのは1991年から

1978年に開港した、日本から世界に飛び立つ玄関口、成田空港。今はJR東日本と京成電鉄が空港の真下まで乗り入れ、非常に便利になりましたが、この充実した鉄道網は1991年からです。成田空港へのアクセスの歴史を調べてみました。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト