つのだじろう「恐怖新聞」読むと100日寿命が縮む新聞
2019年10月2日 更新

つのだじろう「恐怖新聞」読むと100日寿命が縮む新聞

「しんぶ~ん」の声とともに、午前0時に配達される恐怖新聞。70年代のホラー漫画ブームを牽引し、オカルトの世界にかかせない存在となった、つのだじろう先生の「恐怖新聞」。どのような漫画だったか振り返ります。

14,985 view

「恐怖新聞」

http://stat.ameba.jp (1629769)

つのだじろう先生作。
週刊少年チャンピオンで1973年~1975年連載。
コミックスは全9巻、文庫版は全5巻。
主人公・鬼形礼のもとに突如配達された恐怖新聞。その新聞は、未来に起こる怪奇な事件が記事になっており、一回読むと100日寿命が縮まるというもの。謎の悪霊に取り憑かれた鬼形礼は、どんなにあらがっても、その新聞を読むはめになります。
それから、心霊・UFO・伝説など、オカルトな事件に遭遇します。
次第に寿命は縮まり、写真に映る自分の姿が老人になっているのに気付いた鬼形礼は、なんとか悪霊を祓おうとしますが・・・最後はどうなるか、のちほど紹介します。

つのだじろう先生

http://www.officiallyjd.com (1629773)

1936年生まれ。
主な作品に「うしろの百太郎」「空手バカ一代」「恐怖新聞」などがあります。
藤子不二雄両先生、赤塚不二雄先生、石ノ森章太郎先生など、現在の漫画の礎を作ってくださった先生方が、若かりし頃住んでいたことで有名なトキワ荘に、住んではいないものの、しょっちゅう通っていたことから、つのだじろう先生もトキワ荘メンバーのひとりです。
最初はギャグ漫画を描いていた、つのだ先生ですが、「うしろの百太郎」あたりから、ホラー漫画家として有名になりました。
怪奇現象に造詣が深く、昔、夏になると特番として放送されていた心霊番組に、コメンテイターとして出演されていました。
弟は、ミュージシャンのつのだ☆ひろさん。

主な登場人物

鬼形礼(きがたれい)

鬼形礼(きがたれい)

悪霊に取り憑かれ、毎日恐怖新聞を読むことになった中学生。鬼形礼は途中からは、ストーリーテラーのようにオカルトについて解説をしたりと、怪奇現象について詳しくなります。しかしその間にも、どんどん寿命が縮んでいくのでした。
恐怖新聞(手前)

恐怖新聞(手前)

午前0時に、鬼形礼のもとへ届く新聞。未来に起こる、怪奇な事件や、、鬼形礼の身の回りに起こる事件が載っています。この新聞が配達された者は、どんなに抵抗しても、恐怖新聞を読まざるを得ないことになります。
ポルターガイスト

ポルターガイスト

鬼形礼に取り憑いた悪霊。物や人を動かせるので、ポルターガイストと呼ばれています。この悪霊が、恐怖新聞を届けさています。

恐怖新聞は防げないのか?

目がすいつけられる

目がすいつけられる

恐怖新聞を見ないようにしても、届いてしまうと、何故か目がすいつけられ、強引に読まされていまします。
出典 naruseriri
窓を突き抜ける

窓を突き抜ける

窓を閉めて、新聞が入ってこられないようにしても、この通り。
破くと怪我をする

破くと怪我をする

学校の先生が、悩む鬼形礼のため、泊まりに来てくれました。いつもどおり新聞が届きますが、先生が見ると普通の新聞です。先生は新聞を破ろうとしますが、返って大怪我をすることに。
出典 anabre.net
どこにいても届く

どこにいても届く

こちらは修学旅行にて。たとえ旅行先でも、恐怖新聞は届くのです。
出典 naruseriri
悪霊祓いをしても無駄

悪霊祓いをしても無駄

インチキ臭い教祖の教えに従い、悪霊祓いをしても、やはり無駄な抵抗でした。
出典 naruseriri
このように、いろいろ試しても、結局新聞を読むことになることがわかった鬼形礼は、途中から、新聞を普通に読むようになります。ときには事件を未然に防ごうとしたり、新聞を有効活用します。
しかし、忘れてはいけないのが、1回読むと100日寿命が縮まること。
ある時、写真の中の自分が老けていることに気付いた鬼形礼は、再び悪霊祓いをしようとしますが・・・

鬼形礼の最期

香具耶に紫光山の霊場に連れて行かれた鬼形礼だが、雑念が多く除霊に集中できない。一時は香具耶が優勢だったが、香具耶に化けたポルターガイストに騙されて捕まった鬼形礼が重傷を負い、その後に起きた局地的な大地震により鬼形礼は死んでしまう。香具耶の方は1ヶ月の重傷、鬼形礼を殺すという目的を果たしたポルターガイストは霊界へ去った。
naruseriri (1629924)

鬼形礼は死んだのですが、幽体の状態になっており、そこに現れた死神と、閻魔大王のような顔の、悪の霊団の頭から、「クラスメイトを全員殺したら、生き返らせる」という条件を出されます。
鬼形礼の死体のある場所は、洞穴で冷凍保存ができます。自分の死体が腐らないうちに、クラスメイトを殺しに、鬼形礼は学校に行きますが・・・
出典 naruseriri
33 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ミドルエッジ女子必見!講談社「なかよし」が創刊65周年!記念原画展が開催決定!!

ミドルエッジ女子必見!講談社「なかよし」が創刊65周年!記念原画展が開催決定!!

1954年の創刊以来、女の子に愛されてきた漫画雑誌「なかよし」が、2020年1月号で65周年を迎えます。それを記念し、原画展の開催が決定しました。今回二度目となる告知ですが、「なかよし」に連載されていた名作もご紹介します。
隣人速報 | 704 view
あの「エコエコアザラク」がホラー小説になって蘇る!ホラーの名手・岩井志麻子がノベライズ!!

あの「エコエコアザラク」がホラー小説になって蘇る!ホラーの名手・岩井志麻子がノベライズ!!

誠文堂新光社・秋田書店・パルプライドの3社が手掛ける小説レーベル「APeS Novels(エイプス・ノベルズ)」より、古賀新一の傑作ホラー漫画「エコエコアザラク」の小説版「小説 エコエコアザラク」が刊行されることが明らかとなりました。
隣人速報 | 307 view
90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、東京・新宿高島屋及び京都高島屋などで開催されることが決定しました。
隣人速報 | 1,371 view
講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

1954年の創刊以来、女の子に愛されてきた漫画雑誌「なかよし」が、2020年1月号で65周年を迎えます。日本で現存するマンガ雑誌の中で最も長い歴史を持つ「なかよし」。その65周年を記念し、原画展の開催が決定しました。開催期間は10月4日から12月25日まで。
隣人速報 | 761 view
「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

池田理代子の短編作品「あのひとはいま…」「星くずの童話(メルヘン)」「クロディーヌ…!」をはじめとした全10作品の電子配信がスタートしました。扱っているのはKindleストア、楽天Kobo電子書籍ストア、Google Play、iBooks、Yahoo!ブックストア、SONY Reader Storeなどの6電子書店。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト