90年代~00年代にヒット番組を量産した放送作家・おちまさとの今
2020年6月6日 更新

90年代~00年代にヒット番組を量産した放送作家・おちまさとの今

『進ぬ!電波少年』、『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』、『学校へ行こう!』、『ガチンコ!』、『内村プロデュース』など、人気番組を数多く手がけたカリスマ放送作家・おちまさと。彼の経歴と近影について紹介していきたい。

2,007 view

『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』の企画「放送作家予備校」をきっかけにデビューしたおちまさと

90年代後半から00年代前半の平成大不況時。社会全体が“労働者のヒーロー”を求めていたからなのか、音楽プロデューサーを核に据えた「小室ファミリー」や「つんくファミリー」の隆盛に、カリスマ美容師ブームに端を発した各種カリスマブーム、あるいは『プロジェクトX〜挑戦者たち〜』の大流行など、本来、黒子となるべき仕事人にスポットライトが当たりもてはやされる時代だった。そんな折に、テレビ業界に現れたスターがおちまさとだった。

おちは、20歳の時に『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』(日本テレビ系)の企画「放送作家予備校」のオーディションを経て放送作家デビュー。『元テレ』総合演出・テリー伊藤を師匠として下積みを積み、90年代中頃から頭角を現した。

手掛けた番組は、『進ぬ!電波少年』(日本テレビ系)、『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』(日本テレビ系)、『香取慎吾の特上!天声慎吾』(日本テレビ系)、『学校へ行こう!』(TBS系)、『ガチンコ!』(TBS系)、『桑田佳祐の音楽寅さん 〜MUSIC TIGER〜』(フジテレビ系)、『ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャーこれができたら100万円!!』(テレビ朝日系)、『内村プロデュース』(テレビ朝日系)、『「ぷっ」すま』(テレビ朝日系)など。90年代後半から00年代前半にかけての人気番組のエンドロールには、ことごとく「企画構成:おちまさと」のクレジットが表示されたものだった。
 (2197726)

「内村プロデュース」~創世紀~あの頃キミは若かった!!伝説の爆笑企画&門外不出の秘蔵映像 [DVD]

「自分電視台」「百萬男」など、尖った番組も多く手掛けていた

おちまさとは企画構成のみならず、演出、プロデュースも務め、さらには演者の一人として自身が手掛ける番組に出演することもよくあった。プロデュースまで務めた番組には、毎回異なる新進気鋭の映像作家に当時人気絶頂だった女優・加藤あいを起用したCMを撮らせる「24人の加藤あい」(TBS系)や、人気タレントにビデオカメラを渡して企画、演出、撮影すべてをセルフでやらせる、YouTube時代を予見したかのような「自分電視台 〜Self Produce TV〜」(フジテレビ系)など、攻めた内容のものが多かったことが印象的。

中でも鮮烈だったのが、2000年から2001年にかけてフジテレビの深夜に放送された「百萬男」という番組。街行く人の中から無作為に選んだ1人に突然現金100万円を手渡しして、制限時間5時間以内に使いきってもらうという、今風な言い方をすればリアリティショー的な番組だ。金を使えるのは本人のみ。貯金や借金返済、ギャンブルに使うのはNGで、使いきれなかった場合は全額返済しなければならない。

おちまさとの演出手法には、「期限や目標を設けて人を動かす」という特徴が散見される。不良たちがプロテストを目指して鍛錬する「ガチンコファイトクラブ」や、毎回与えられる命題をクリアしなければ死んでしまう主人公を描いた「天国に一番近い男」など(おちは脚本等担当)がその代表例だ。

「百萬男」は、この演出方程式の究極系ともいえる。番組側からチョイスされた一般人は100万円の札束を急に渡されて歓喜したかと思えば、制限時間があるために、家電量販店に駆け込んで最新家電を買い漁り、高級料理を一気食いするなど大慌て。企画が終了すると、「お金って何なんでしょうね……」といったふうに虚無感に襲われるというのがいつもの流れ。今となってはこの内容のどこまでがリアルだったのか定かではないが、とにかく刺激的だったのは確かだ。
 (2197729)

箱付き 100万円札束 ダミー 化粧箱 百万円 D 金融機関共通 文字入り リアル帯 札束 ドッキリ 父の日 プレゼント ジョークグッズ 百万円札 レプリカ

2019年には29歳年下女性との再再婚が話題に

おちまさとの活躍はバラエティ番組の制作に留まらなかった。ラジオ番組「ロストジェネレーション」(TOKYO FM)のパーソナリティを務め、同番組発のガールズユニット「YeLLOW Generation」が歌う楽曲の作詞を手掛けたり、『天国に一番近い男』、『世にも奇妙な物語』の脚本を手掛けたりとマルチに活動。

プライベートでは、2006年8月に当時19歳だったモデルの河辺千恵子との泥酔デートが週刊誌にすっぱ抜かれ、2年後の2008年にその河辺と21歳差の年の差婚(おちは離婚歴があるため再婚となる)。2010年5月には第1子女児が誕生するも、2015年11月に離婚。子どもの親権はおちが持つことに。その後、2019年5月には29歳年下にあたる24歳の一般女性と再再婚して、令和ベビーの男の子も設けていたことを公表した。
 (2197732)

河辺千恵子「brilliance」
2010年代からはテレビ業界とは距離を置き、企業とタッグを組んでプロデュ―スすることが多くなっているおち。近年、厚生労働省イクメンプロジェクト推進メンバーに選ばれてからは、ブログやTwitterなどで育児関連の発信を頻繁に行っている。かつて尖った企画を量産していた気鋭のカリスマ放送作家も、今や御年54歳。ブログやTwitterをのぞいてみると、色付き眼鏡に茶髪だったイケイケ時代とはまるで違う、家庭を持ちすっかり丸くなった近影を見ることができる。
 (2197734)

おちまさとオフィシャルブログ
出典 ameblo.jp

オススメの特集記事

14 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

街ぶらバラエティー番組の先駆けDAISUKI!の人気の秘密はなに?

街ぶらバラエティー番組の先駆けDAISUKI!の人気の秘密はなに?

90年代の深夜番組として放送されていた、ひでちゃん・なおちゃん・松本さんがレギュラーで出演していた「DAISUKI!」は、視聴率が10%台をキープするほどの人気番組でした。今回は、「DAISUKI!」が多くの人から愛され続けた理由をひも解いてみたいと思います。
がきんこ | 2,378 view
【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!②

【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!②

小学校の休み時間にマネしたギャグ、中学や高校になって口癖のように使ってみたセリフ。テレビを通して観た、様々なギャグやセリフが心に残っている人は多いことでしょう。そんなギャグやセリフを10個ピックアップ、それぞれにまつわるテーマをクイズにしてみました。ぜひ、懐かしみながら挑戦してみて下さい!
【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!①

【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!①

小学校の休み時間にマネしたギャグ、中学や高校になって口癖のように使ってみたセリフ。テレビを通して観た、様々なギャグやセリフが心に残っている人は多いことでしょう。そんなギャグやセリフを10個ピックアップ、それぞれにまつわるテーマをクイズにしてみました。ぜひ、懐かしみながら挑戦してみて下さい!
Tバックの進化系?過激なコスチュームTフロントで衝撃を与えた『ピンクサターン』

Tバックの進化系?過激なコスチュームTフロントで衝撃を与えた『ピンクサターン』

飯島愛などによって流行したTバックを超えるTフロントを着用した『ピンクサターン』について紹介。
きちんとチキン | 97,628 view
【海外スター】90年代に輝いたオーストラリア出身の俳優たち

【海外スター】90年代に輝いたオーストラリア出身の俳優たち

80年代後半からオーストラリア出身の演技者たちが世界のエンタメ界で少しずつ、しかし着実に実力が認められるようになっていたと感じている方も多いのではないでしょうか。90年代になるとアメリカやイギリスのテレビドラマ、またハリウッド映画などで活躍するオージーたちの多いこと多いこと。現在もオーストラリアから多くのスターたちが世界の舞台に羽ばたいていますよね。ここでは90年代に高い人気を誇ったオーストラリア出身の俳優たちの功績を振り返ります。
Hamanasunohana | 343 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト