2016年3月22日 更新

昭和から人気があった!!バリエーション豊富な駄菓子屋の中身が見えない『ブロマイド』

手頃の価格で買えるのでお気に入りのブロマイドを手に入れるために何度も写真の入った袋くじに挑戦したものです。

46,963 view

駄菓子屋で熱心に集めた袋引きブロマイド

子供頃小銭を握りしめて、駄菓子屋に駆け込んだ子供の頃・・・。

子供頃小銭を握りしめて、駄菓子屋に駆け込んだ子供の頃・・・。

中に入ると、ズラリと並ぶお菓子の上には中身が見えないブ...

中に入ると、ズラリと並ぶお菓子の上には中身が見えないブロマイドが沢山吊る下がって売っていました。

 昭和40年代の子供達にとって、駄菓子屋はトレンドが溢れる大切な拠点だった。現在でも駄菓子を扱う店棚は存在するが、大型店の一角に収まっていたり量販型式であったり、当時とは随分と趣が異なる。昔は、学校や神社の近くに店があることが多く地域に溶け込んでいた。そこへは小遣いをもった子供達が、友達同士や兄弟で集まってくる。小遣といっても10円単位。50円もあれば色々と買えた。
 目当てはクジや菓子、玩具である。店内には、色とりどりの遊び心満載の商品が並び、釣り下がっていた。今日で言う、ドン・キホーテのジャングル方式みたいなものだ。ある時、「クジ引き」と「集める」という要素を兼ね備えたブロマイドが目にとまった。
中の写真がわからないように薄っぺらい紙袋に1枚、1枚写...

中の写真がわからないように薄っぺらい紙袋に1枚、1枚写真が入っていました。

そのため何が当たるかわからないので、わくわくしながら好きな紙袋を1枚引いて選んだものです。
カードが束ねられている表紙には、1枚だけ内容のサンプルが糊付けされている。それを見てシリーズが分かる。大抵の店主なら、この表紙サンプルを最後の1枚を買い切った客に譲った。当然、大人買いはできないので、サンプルが誰の手に渡るのか、そのタイミングを皆が気にしていたものだ。

もっとも古い相撲ブロマイド!

30年代に発売されたブロマイド

30年代に発売されたブロマイド

 私達の子供の頃にも、切手収集や相撲力士のプロマイド(ブロマイドが正しいがなぜかプロマイドと言われていた)を集めるのが流行っていた。相撲力士のプロマイドは駄菓子屋で天井から一本の紐でくくられた袋(新聞紙で作られている)束の中から、一枚を選んで買うのである。5円で飴が10個買えた時代で50銭銅貨があった時代。相撲力士が化粧回しをつけた白黒の名刺大のプロマイドである。しかし、プロマイドの価値が高いのは下位の力士のプロマイドであった。「安念山」「信夫山」等々、数が少ないからである。何しろ,横綱、大関のプロマイドはみんなが持っているのである。「鏡里」「東富士」「栃錦」「千代の山」。ありえないことだが、新入幕の力士のプロマイドなんぞ、もっていたら大いばりする事ができた。また、交換の方法も当事者同士の価値観で決まるのであった。1枚と2枚の交換というようにである。       
ブロマイドの歴史を感じます。

ウルトラマンなどの怪獣シリーズが人気でした。

怪獣ブームの中で、子ども心にコレクションの楽しさを教えてくれたのは、駄菓子屋の5円ブロマイドで、それまでの代表的な人気商品の「めんこ」にとって代わりました。中に何が入っているか分からない束の中から、1つの袋を引くと1枚のブロマイドが手に入ります。希望の物が出てこないともう1回挑戦ということになり、たくさんのコレクションになります。そして、昭和45(1970)年からの怪獣シリーズの再放送や翌年から放映された「帰ってきたウルトラマン」人気で、ブロマイド人気は全盛期を迎えました。
1970年代の初頭、主に駄菓子屋で売られていたウルトラマンやゴジラ等のブロマイド
山勝/岡野商店(マル昌) 5円引きブロマイド

山勝/岡野商店(マル昌) 5円引きブロマイド

1970年代の初頭、主に駄菓子屋で売られていたウルトラマンのブロマイド。
山勝、岡野商店の2社から販売されていました。約90×135mmサイズの片面印刷。

一束30枚つき。
天田(アマダ) 6連カード

天田(アマダ) 6連カード

後発で5円引きに対抗する、ミシン線で切り離せるカード。1枚10~20円。写真のように、3連タイプもありました。
山勝のゴジラシリーズ、丸昌のガメラシリーズ、天田のウルトラセブン6連カード(裏面にジャンケンやトランプの絵が描かれているカード)を格別好んでいました。
天田◆ウルトラセブン/ウルトラマン6連カード・33種の裏。

天田◆ウルトラセブン/ウルトラマン6連カード・33種の裏。

その人気にあやかったのが怪獣のブロマイドです。
ウルトラ怪獣にインスパイアされた、パチモン怪獣のブロマイド。1970年代にちびっこたちがこぞって集めていたもので、1回5円でくじ引きするという5円引のブロマイド
 パチモン怪獣

 パチモン怪獣

しかしその人気も、昭和47(1972)年以降の「仮面ライダー」放映とともに始まったライダーカードブームによって次第に影をひそめていきました。
昭和46年(1971年)春頃から、駄菓子屋では「仮面ライダーブロマイド」(山勝)が売られていました。
緑の袋に入っており、1枚5円。

緑の袋に入っており、1枚5円。

第1弾から第11弾までの全198枚
第10弾再版からは、1枚10円に値上。
出典 ameblo.jp
第1弾に入っていた仮面ライダー旧1号

第1弾に入っていた仮面ライダー旧1号

出典 ameblo.jp

70年代中盤になるとアイドルスターのブロマイドが並ぶ

アイドルのブロマイドと言えば、マルベル堂が本家本元に相違ありませんが、私の様な片田舎に住んでいた者にとっては、駄菓子屋ブロマイドの方が買い易い状況にありました。
しかしながら、この駄菓子屋ブロマイドシリーズはくじ引きシステムになっているため、封を開けるまでは何が入っているか分からないのがミソ。興味のない歌手のカードが当たると処分に困ってしまう
70年代前半の新3人娘やめぐみ・アグネス・美代子は後半になると姿を消し、百恵淳子は常に強く、淳子ちゃんの人気ピークの75年はやはりブロマイドも1位、(余談ですが76年の俳優部門1位が三浦友和さんで女性歌手部門は山口百恵さんでした 画像)、しかし意外?なことにあまり売れていなかったであろう74年のキャンディーズもランキング一桁。なんと麻丘さんと美代ちゃんに挟まれてました。キャンディーズって段々人気じゃなくて「年下ランちゃんセンター」でドーン!といった感じに思ってたんですが。ブロマイド売り上げで番組や映画のキャストなども決まったらしいです。
これは桜田淳子のブロマイド

これは桜田淳子のブロマイド

その後、80年代~90年代まで人気アイドルのブロマイドは沢山発売されて大人気でした。
当時の人気アイドルミックスしたブロマイド

当時の人気アイドルミックスしたブロマイド

宮沢りえ、Wink、中山美穂等が入っていました。

宮沢りえ、Wink、中山美穂等が入っていました。

そして引き物くじでは、ついにはブロマイドならぬ下敷きま...

そして引き物くじでは、ついにはブロマイドならぬ下敷きまでもが誕生しました。

1回100円
ついつい集めてしまうので家に結構置いてありました。

あたりくじが存在する?!

袋の中には当たりが存在します。

袋の中には当たりが存在します。

更にさくらももこがくじを引いてポスターを当てたという実話があります。
さくらももこは百恵ちゃんのポスターあてたことがあるとエ...

さくらももこは百恵ちゃんのポスターあてたことがあるとエッセイ本の『あのころ』に書かれています。

アニメのブロマイドも販売しています!!

手塚治のジャングル大帝

手塚治のジャングル大帝

60 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

70~80年代「平凡パンチ表紙」 関根恵子&懐かしいアイドル

70~80年代「平凡パンチ表紙」 関根恵子&懐かしいアイドル

男性週刊誌「平凡パンチ」の表紙を飾った、80年代の女性アイドル、 関根恵子グラビア写真、人気女優の懐かしいセクシー画像。
子供の頃一度は試した!? ラムネのビー玉問題 お菓子のラムネとの関係?  

子供の頃一度は試した!? ラムネのビー玉問題 お菓子のラムネとの関係?  

昔からあるラムネ、子供の頃に始めて玉押しを当ててラムネを開ける瞬間とてもドキドキした思い出があります。今もなお売られているラムネですが、よく考えるとたくさんの疑問が浮かびませんか?そんなラムネを少しだけ調べてみました。
「プロマイド回想セット」が高齢者福祉施設で人気!昭和のスターが思い出と共に蘇る

「プロマイド回想セット」が高齢者福祉施設で人気!昭和のスターが思い出と共に蘇る

プロマイドのマルベル堂とトレンドマスター株式会社が発売した「プロマイド回想セット」が、半年間で1000セットもの売れ行きをみせ、好評を得ている。
"上から読んでも下から読んでも"の「お茶と海苔の山本山」が2018年にフルリニューアル!2017年から先行プロジェクトが3つ始動開始!

"上から読んでも下から読んでも"の「お茶と海苔の山本山」が2018年にフルリニューアル!2017年から先行プロジェクトが3つ始動開始!

創業327年を誇るお茶と海苔の山本山の先行プロジェクト:⑴〈巻物〉をモチーフにした銘茶商品を先行発売、⑵ 海苔の生産地である有明海をロケ地とした海苔動画を公開、⑶ Instagramの運用開始を発表しました!
『フィリックスガム(丸川製菓)』 沼田健のノスタルジーX(エックス) ~昭和あるあるマンガはじめました~vol.41

『フィリックスガム(丸川製菓)』 沼田健のノスタルジーX(エックス) ~昭和あるあるマンガはじめました~vol.41

イラストレーター沼田健さんによる『昭和あるある』4コマ漫画! 懐かしいエピソードに共感して楽しんでもらうもよし、一人でノシタルジーに浸るもよし、あの頃昭和へプレイバック!!駄菓子屋に必ず置いてあった定番のガムといえば、これ!フィリックスガム!
沼田健 | 2,541 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト