【訃報】80年代フジのバラエティをけん引したディレクター・佐藤義和さん死去。ひょうきん族、笑っていいともなど
2020年12月2日 更新

【訃報】80年代フジのバラエティをけん引したディレクター・佐藤義和さん死去。ひょうきん族、笑っていいともなど

フジテレビの元プロデューサーで、80年代に同局における数々のバラエティ番組をヒットに導いた佐藤義和さんが11月、沖縄県内で亡くなっていたことが明らかとなりました。72歳でした。

2,150 view

【訃報】80年代フジのバラエティをけん引したディレクター・佐藤義和さん死去。

フジテレビの元プロデューサーで、80年代に同局における数々のバラエティ番組をヒットに導いた佐藤義和さんが11月、沖縄県内で亡くなっていたことが明らかとなりました。72歳でした。

第一報はこちらです!

佐藤さんは1948年、宮城県生まれ。大学卒業後の1971年、フジテレビの制作系子会社「フジポニー」に入社し、その後1980年にフジテレビに転籍。翌1981年には「オレたちひょうきん族」のディレクターを担当し、「ひょうきんディレクターズ」の一員“ゲーハー佐藤”としてレコードをリリースするなど、人気ディレクターとして数々の番組を手がけました。またプロデューサーとしても「森田一義アワー 笑っていいとも」などをヒットに導くなど、80年代~90年代におけるフジのバラエティ黄金期を支えていました。その後の佐藤さんですが、2005年に退社後はフリーのプロデューサーに転身。沖縄に移住し活動を継続していましたが、2019年にはプロデューサー業からの引退を表明していました。

佐藤義和さんの手掛けた番組を振り返る!

1980年から2005年までフジテレビに在籍し、ディレクター・プロデューサーとして様々な番組にかかわった佐藤さん。彼の手掛けた番組の数は非常に多岐にわたっており、すべてをご紹介することはとても出来ないのですが、中でも特に有名な番組についてここで軽く振り返っておきましょう。

オレたちひょうきん族

佐藤さんの代表作と言えるのが、1981年から1989年にかけて放送された「オレたちひょうきん族」。佐藤さん自身は1987年まで同番組のディレクターを担当し、ビートたけしと明石家さんまをスーパースターへと成長させるとともに、「タケちゃんマン」「アミダばばあ」「ホタテマン」「アダモステ」といった名物キャラクターを輩出し、「ひょうきん族」は80年代のフジを代表するお笑い番組として君臨することとなりました。
 (2243656)

森田一義アワー 笑っていいとも!

1982年から2014年にかけて放送された「森田一義アワー 笑っていいとも!」。日本のお昼を象徴するバラエティ番組として長年愛された同番組ですが、佐藤さんはディレクターおよび2代目プロデューサー(1987年から1994年まで)を担当し、また「笑っていいとも!増刊号」「笑っていいとも!特大号」のプロデューサーも兼任していました。
 (2243659)

ウッチャンナンチャンの誰かがやらねば!

若手時代のウッチャンナンチャンを代表するバラエティ番組「ウッチャンナンチャンの誰かがやらねば!」「ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!」のプロデューサーも担当していました。「CHAKE&YASKA」「クイズ5、6人に聞きました」など、有名人や他局の番組のパロディが展開されたのを覚えている方も多いかと思います。
 (2243657)

ダウンタウンのごっつええ感じ

1991年から1997年にかけて放送された「ダウンタウンのごっつええ感じ」の初代プロデューサーも務めていました。ダウンタウンが全国区の人気を獲得するきっかけとなった番組であり、今田耕司、東野幸治といったレギュラー出演陣も、現在大物芸人として活躍しています。

このように、日本のバラエティ番組史において非常に大きな功績を残した佐藤さん。彼が世に送り出した番組はこれからも人々に愛されていくのは間違いありません。ご冥福をお祈り申し上げます。
 (2243658)

「ひょうきん族」を振り返りたくなった方はこちらで!

25 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • 📺cx 2021/3/23 15:09

    群馬県系では横澤彪さんがひょうきん族のNG事故で「懺悔室の神父様で」懺悔の神様ブッチー武者さんとNGを裁かれました

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

東村山に変な銅像が!?東京・東村山市が志村けんさんの銅像を建立するプロジェクトを始動させる!!

東村山に変な銅像が!?東京・東村山市が志村けんさんの銅像を建立するプロジェクトを始動させる!!

東京・東村山市は、今年3月に新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった同市の名誉市民・志村けんさんの銅像を建立するため、クラウドファンディングサイト「READY FOR」にて資金獲得のための「ありがとう志村けんさん。東村山市に銅像をつくるプロジェクト」をスタートさせました。
隣人速報 | 1,572 view
“トシちゃん”こと田原俊彦の愛娘・田原可南子(27)が「FLASH」最新号で大胆グラビアを披露!!

“トシちゃん”こと田原俊彦の愛娘・田原可南子(27)が「FLASH」最新号で大胆グラビアを披露!!

光文社より発売中の週刊誌「FLASH」の第1596号(3月9日発売)にて、田原俊彦の愛娘・田原可南子が同誌で10年ぶりのグラビアを披露し、SNSなど各所で大きな話題となっています。
隣人速報 | 42,591 view
【訃報】ポルノ雑誌「ハスラー(HUSTLER)」を創刊した実業家、ラリー・フリントさん死去。

【訃報】ポルノ雑誌「ハスラー(HUSTLER)」を創刊した実業家、ラリー・フリントさん死去。

ポルノ雑誌「ハスラー」の創刊者として著名な実業家・雑誌編集者であるラリー・フリントさんが現地時間の10日、アメリカ・ロサンゼルスの自宅で亡くなっていたことが明らかとなりました。
隣人速報 | 984 view
「全日本仮装大賞」から「欽ちゃん」の文字が消える?萩本欽一(79)が番組内で引退をほのめかす!!

「全日本仮装大賞」から「欽ちゃん」の文字が消える?萩本欽一(79)が番組内で引退をほのめかす!!

2月6日に放送された、日本テレビ系の人気バラエティ番組「欽ちゃん&香取慎吾の全日本仮装大賞」の第98回にて、司会を務める萩本欽一(79)が「今回で私、この番組終わり」と番組中で発言し、物議を醸しています。
隣人速報 | 1,378 view
【訃報】元「チャンバラトリオ」ゆうき哲也さん死去。ミナミの帝王、お笑いウルトラクイズなど

【訃報】元「チャンバラトリオ」ゆうき哲也さん死去。ミナミの帝王、お笑いウルトラクイズなど

ハリセンチョップで人気を博したお笑いグループ「チャンバラトリオ」の元メンバーとして著名な俳優・ゆうき哲也(ゆうき てつや)さんが、1月4日に亡くなっていたことが明らかとなりました。79歳でした。
隣人速報 | 3,125 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト