ドラマ仕立てが画期的!ウルフルズのPVを見てみよう!
2020年10月10日 更新

ドラマ仕立てが画期的!ウルフルズのPVを見てみよう!

現在はスマホに特化するなど様々なPVがありますが、90年代当時、ウルフルズのPVはかなり画期的でした!曲は知っているけどPVは知らないという人もぜひチェックしてみてください。

933 view

90年代当時、画期的だったウルフルズのPV!

Amazon.co.jp: SUN SUN SUN '95: ウルフルズ: Digital Music (2227656)

今でこそ、様々なPVがありますが、元々は曲をアピールするものですから、アーティストが演奏するシーンや、普段の姿などを映し出したものが多かったですよね。ドラマ風の作品もあったと思いますが、ウルフルズは一味違う!

曲が一度止まってセリフが入ったりするんです。初めて見た時は「なんだこれは!」と衝撃的でした。

ウルフルズのPVは竹内芸能企画という映像事務所の竹内鉄郎監督が撮っているものが多いです。変わったPVはすべて竹内芸能企画のものでした。Cocco、スピッツ、ギターウルフなど数々のアーティストの作品を手掛けられています。

変わった作品も多いですが、オーソドックスな作品もあり、どれも素敵なPVです。当時高校生だった私の気になる会社ナンバーワンでした。

ウルフルズの知名度が一気に上がった作品といえば「ガッツだぜ!!」ですが、それ以前から斬新なPVをたくさん作られていたんですよ。

切ない夏の恋を描いた「SUN SUN SUN’95」

Amazon.co.jp: SUN SUN SUN’95: 音楽 (2227654)

私が初めて「なんだこれ」と思ったPVは「SUN SUN SUN’95」でした。明るい夏をテーマにした明るい楽曲なのですが、PVは切ないドラマのようでした。

ゲストに渡辺満里奈さんを迎え、渡辺満里奈さんとトータス松本さんの恋を描いています。まるで日活の映画のような雰囲気です。

なじみの店にトータスさんが入ってきたところからPVは始まります。この時点で曲はまだ始まっていないので、曲の長さよりPVの長さの方がかなり長いです。

ウルフルズのメンバーと待ち合わせをしていたトータスさん。そのお店ではライブも行われていて今日はウルフルズがやってきます。そして演奏を始めるウルフルズ。

トータスさんは絡まれたり、渡辺満里奈さんをナンパしたりしています。時々セリフがないところもありますが、基本的に歌と一緒にセリフも流れています。このドラマのBGMというか、あくまでバックミュージックとして「SUN SUN SUN’95」が流れているという感じですね。

ドラマの重要シーンでは音楽がとまってドラマだけが展開!曲を聴かせるためのPVなのにこんなんでいいのか!とかなりびっくりしました。でも印象には残るのでプロモーションとしては大成功なんですよね。

ちょっと昔を意識したようなフィルムで雰囲気も良く、今でも好きです。というかこの曲とPVでウルフルズのファンになりました。

大ヒット曲「ガッツだぜ!!」も途中で切れます!

Amazon.co.jp: ガッツだぜ!!: 音楽 (2227660)

「SUNSUNSUN'95」の次のシングルが「ガッツだぜ!!」でした。大ヒットしたのでPVも一部見たことあるという人が多いでしょう。トータスさんが殿さまの格好をしているあれです。

その時着用していた殿さまの衣装は、なんと志村けんさんのバカ殿様のもの。本当に志村さんが使用していたもので「志村」と書かれていたのだとか。「ガッツだぜ!!」発売前はまだ無名だったウルフルズ。衣装を貸してくださるなんて志村さんすごいですよね。

「ガッツだぜ!!」は江戸時代?に殿さまがライブをしているという設定です。電気系は自転車で発電しています。冒頭では家来たちがキーボードの使い方に試行錯誤しているのが面白いです。家来の衣装もバカ殿さまのものだと思われます。

こちらのPVは殿さまが歌っているからか歌がメインで歌中のセリフはほとんどないですが、観客の中に面白い人がいるのでご注目。そして吹屋で殿さまを狙う人も。初めは別の人にあたっているのですが大サビの部分で殿さまに命中。この時一度楽曲が止まり「ガッツだぜ!!」という町民のコールで殿さま復活。また歌いだすというPVになっていますよ。

大阪の街を練り歩く「大阪ストラット」

Amazon.co.jp: すっとばす: 音楽 (2227663)

ウルフルズの初期は大阪に特化した歌が多く、PVにもそれが出ていましたね。「大阪ストラット パート2」は楽曲自体も大阪紹介のような感じですが、PVもその通り。大阪みなみで撮影されています。

ラップ部分はトータスさんが一人で6役を演じていてまるでコントのようですよ。

ちなみに「大阪ストラット」は大瀧詠一さんの」「福生ストラット Part2」のカバーで固有名詞を大阪のものに差し替えています。ウルフルズのオリジナルかと思いきや、意外ですよね。大阪ストラットにはパート1もあるのですがずっとCD未収録でした。「バンザイ 〜10th Anniversary Edition〜」という企画アルバムに収録されていますよ。

ちなみに、同じように街を練り歩くPVに「すっとばす」があります。商店街をチンドン屋のようにひたすら練り歩いているPV.これもかなり記憶に残ります。大阪の商店街だと思っていたのですが、なんと東京都町田市鶴川のセントラル商店街でした。

ちなみにご紹介した3曲のPVは竹内鉄郎監督ですが、「すっとばす」のPVの監督は特に公表されていなく、不明です。竹内監督ではないのでしょうね。
12 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

PVや衣装が衝撃的だった!T.M.Revolutionのヒット曲集めました

PVや衣装が衝撃的だった!T.M.Revolutionのヒット曲集めました

T.M.Revolutionさんといえば、斬新な衣装やPVが思い出されますがたくさんの名曲がありますよね。T.M.Revolutionさんのヒット曲をまとめてみました。
saiko | 272 view
太った?ジャミロクワイが床が動く曲『Virtual Insanity』を語る動画が公開!歌詞の誕生は日本の”地下街”がきっかけ!?

太った?ジャミロクワイが床が動く曲『Virtual Insanity』を語る動画が公開!歌詞の誕生は日本の”地下街”がきっかけ!?

90年代にアシッド・ジャズを代表するグループとして人気を博したジャミロクワイ。そのリードボーカルのジェイ・ケイ自身が床の動く曲『Virtual Insanity』について語る動画が公開しています!また、名曲の歌詞誕生のきっかけには、日本の都市が関係しているようです。
雑誌「Men'sEgg」等にレギュラー掲載されていた『相坂真菜美』現在は〇〇?!

雑誌「Men'sEgg」等にレギュラー掲載されていた『相坂真菜美』現在は〇〇?!

2000年 に有線チャンネルで放送されていた「ASIAN美少女FILEプチドルスクール」レギュラー出演し映画等にも出演していた相坂真菜美さん。現在は〇〇社長と言います。
ギャング | 295 view
映画「EUREKA」で主演を務めた女優・宮﨑あおいの兄『宮﨑将』引退し現在は?!

映画「EUREKA」で主演を務めた女優・宮﨑あおいの兄『宮﨑将』引退し現在は?!

映画「EUREKA」や「トーリ」・「NINIFUNI」等数々の主演を務め女優・宮﨑あおいさんの兄に当たる宮﨑将さん。2015年に芸能界を引退されました。現在が気になりまとめてみました。
ギャング | 426 view
レオナルド・ディカプリオの10代から30代に至るまでの出演作を特集放送!【『タイタニック』放送記念】レオ様 大スターへの道

レオナルド・ディカプリオの10代から30代に至るまでの出演作を特集放送!【『タイタニック』放送記念】レオ様 大スターへの道

洋画専門チャンネルザ・シネマでは、『ギルバート・グレイプ』で19歳にしてアカデミー助演男優賞にノミネート、『タイタニック』の世界的大ヒットにより、トップスターへと駆け上った“レオ様”ことレオナルド・ディカプリオの、 『タイタニック』 を含む10代から30代に至るまでの出演作5作品を5月8日(水)~10日(金)に特集放送いたします。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト