【この中で誰が本当の鬼畜だと思いますか?】松本清張原作・映画「鬼畜」
2017年1月25日 更新

【この中で誰が本当の鬼畜だと思いますか?】松本清張原作・映画「鬼畜」

1978年に公開された松本清張原作の「鬼畜」。女房にも愛人にもうだつのあがらない亭主を緒方拳、鬼嫁を岩下志麻が演じています。愛人と亭主の子3人を育てなくてはならなくなった苦悩や怒り、狂気を宿した演技で岩下志麻が熱演しています。その演技にトラウマになった子(私も含めて)も多かったんじゃないでしょうか?

386,246 view

映画「鬼畜」とは

『鬼畜』(きちく)は、松本清張の短編小説。『別册文藝春秋』1957年4月号に掲載され、1957年12月に短編集『詐者の舟板』収録の1作として、筑摩書房から刊行された。
1978年に松竹で映画化、2002年にテレビドラマ化されている。
漂流ポスドクは見た 鬼畜 (1770002)

「弟はきっと星になったんだ。妹はきっとお金持ちに拾われたんだ。だけどぼくだけはとうちゃんからはなれない。」
2002年放送のテレビドラマ版では父親役をビートたけし...

2002年放送のテレビドラマ版では父親役をビートたけしが演じている。(鬼嫁役は黒木瞳)

子供の頃観て、岩下志麻演じる母親の、あまりの恐ろしさにトラウマになった人も多いんではないでしょうか?私は「もし、自分が両親の本当の子じゃなかったらどうしよう!」と心底怯えたのを覚えています。(笑)
子供を捨てる、育てない、置き去りにする、と岩下志麻・緒方直人の夫婦に対する恐怖感のみで内容そっちのけだった私ですが、ミドルエッジ世代になり、母親になって改めて観直した「鬼畜」。
本当に鬼畜なのは一体誰なのか?ラストシーンの子供の一言は本当に感動的なものなのか?など考えながら振り返ってみました。

主な登場人物

宗吉 緒形拳

川越で印刷所を営む。仕事熱心な良い亭主かと思いきや、7...

川越で印刷所を営む。仕事熱心な良い亭主かと思いきや、7年も面倒を見ている愛人と3人の子供までいた。

お梅 岩下志麻

宗吉の妻。子供はいないが夫と一緒に印刷所を守り立てよう...

宗吉の妻。子供はいないが夫と一緒に印刷所を守り立てようと必死に働いてきた。(銀行の担当者いわく、やり手)

菊代 小川真由美

料理屋の女中。宗吉の愛人で、宗吉との間に3人の子供がいる。

料理屋の女中。宗吉の愛人で、宗吉との間に3人の子供がいる。

利一

けん (1770155)

出典 けん

良子と庄二

菊代と宗吉の長女と次男

菊代と宗吉の長女と次男

出典 けん

ストーリー

【映画】鬼畜 - いくらおにぎりブログ (1770201)

 (1770204)

埼玉県川越市で妻のお梅と印刷所を経営する宗吉。仕事を真面目にこなし、子供はできずとも妻と2人で平凡に暮らしているようにみえた。しかし、宗吉には7年も前から愛人の菊代、2人の間にできた3人の子供までいた。
菊代との関係も、最初は良かったものの、印刷所が火事になり、お得意様を失くし、銀行からの融資も断られるようになり菊代たちに生活費を工面できなくなっていた。
生活に困った菊代は子供たち3人を連れて宗吉の家に乗り込んで来た。事実を知ったお梅は激怒を超えて怒り狂う。自分はともかく子供たちも放って寝入る宗吉に愛想を尽かした菊代は、子供3人を残したまま姿を消す。
79 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • 酒呑み河童 2018/1/7 20:48

    コメント失礼します
    本当に3人の子供は宗吉と菊代の子だったのだろうか?
    真面目で酒に弱い男が、いいように
    扱われ、邪魔な子供を押し付けられ
    悲劇になったのではと思います

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

美人とは、こういった女性のことをいうのでしょうね。最も魔性の女が似合う女優らしい女優、岩下志麻。

美人とは、こういった女性のことをいうのでしょうね。最も魔性の女が似合う女優らしい女優、岩下志麻。

これほど魔性の女の役が似合う女優はいないのではないかと思います。可憐な娘から鬼嫁にヤクザの女房。そして息子との禁断の愛に溺れる母親役まで。美人だからこそできる、いえ、美人でないと出来ない魔性の女役。岩下志麻はさすがです。
obladioblada | 2,588 view
1978年2月にリリースされた【山口百恵】の「乙女座 宮」を聴き直そう

1978年2月にリリースされた【山口百恵】の「乙女座 宮」を聴き直そう

山口百恵さんにはヒット曲が多いですが、皆さんにとってこの「乙女座 宮」はどうですか?僕は小学生の時に聴いていた記憶が残っています。今回はそんな懐かしい「乙女座 宮」を聴き直してみたいと思います。
つきねこ | 442 view
マイルドウォッカをロックでちょう~~だい!!80年代「樹氷」流行りました。

マイルドウォッカをロックでちょう~~だい!!80年代「樹氷」流行りました。

樹氷~~1980年代のニュースピリッツならびに酎ハイブームを築いた商品、サントリーの樹氷、現在も親しまれつづけているロング商品で、特に80年代はお洒落なキャッチコピーで話題になりました。
ギャング | 2,751 view
待ってたゾ!『スープラ』の復活がついに決定!新型は日本で春頃に発売か!?

待ってたゾ!『スープラ』の復活がついに決定!新型は日本で春頃に発売か!?

1978年に「セリカXX(ダブルエックス)」として誕生した初代スープラ。復活が長らく期待されていましたが、1月14日、トヨタ自動車が「2019年北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)」にて、ついに新型の「スープラ」の市販モデルを公開しました。
「夢想花」とんでとんでとんでとんでとんででお馴染みにの【円広志】の代表曲を振り返る

「夢想花」とんでとんでとんでとんでとんででお馴染みにの【円広志】の代表曲を振り返る

円広志さんの「夢想花」といえば、あの頭から離れないサビですよねぇ(^^)/ 1978年にリリースされポプコンでも世界歌謡祭でもグランプリを受賞した名曲中の名曲を、今回は振り返ってみたいと思います!
つきねこ | 433 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト