【ザ・グレート・サスケ】地域活性化プロレスのパイオニアだった
2019年6月13日 更新

【ザ・グレート・サスケ】地域活性化プロレスのパイオニアだった

地域活性化を旗頭として、地元に根付いた活動を行うプロレス団体が数多くあります。しかしその先駆者はザ・グレート・サスケでした。東北6県に根付いた地域密着型プロレスを浸透させた彼の足跡を追ってみました。

348 view

ザ・グレート・サスケとは

まずは簡単に「ザ・グレート・サスケ」(以下、サスケ)のプロフィールをご紹介しましょう。

【プロフィール】

●本 名 : 村川政徳(むらかわ まさのり)
●出身地 : 岩手県盛岡市
●誕生日 : 1969年7月18日(50歳) ※2019年6月現在
●身 長 : 180㎝
●体 重 : 85㎏ 
●デビュー: 1990年3月1日
https://m.media-amazon.com/images/I/81Q+SveUc3L._AC_UL320_.jpg (2113373)

【経 歴】

プロレス団体の老舗『新日本プロレス』が設立した「新日本プロレス学校」の生徒として、プロレスのイロハを身体に叩き込まれました。しかし最終関門のプロテストに合格できず、『ユニバーサルプロレス』から「MASAみちのく」の名前でデビューを果たす事になります。
1992年8月、メキシコ修行から帰国し活動拠点を日本に置くことを機に『ザ・グレート・サスケ』として活動を開始しました。

【地域活性を胸にみちのくプロレス旗揚げ】

1992年10月、『ユニバーサルプロレス』のリング上で東北の地域活性を目指すために業界初の地域密着型プロレス『みちのくプロレス』の設立を高らかに宣言しました。
その後約半年間の準備期間を経て、1993年3月16日岩手県矢巾町民体育館にて記念すべき旗揚げの日を迎えました。当時から業界のセオリーをぶち壊す奇想天外な興行形態で話題となりました。
一例を挙げると「プロレスはパイプ椅子に座って観戦するもの」が常識でしたが、みちのくプロレスでは「全席ゴザ」というスタイルにしました。
老若男女問わず、全員がリングの四方に敷かれたゴザにあぐらをかいて観戦するアットホームかつ経費を掛けないスタイルを確立しました。
これによって、選手とお客さんの距離がグッと近くなり親しみが湧いてくるようですね。

【テーマ曲が格好いい】

とにかく団体のテーマ曲イコールサスケの入場曲が格好良いんですよ。
百聞はなんとやら…お聴きください。

ザ・グレート・サスケのファイティングスピリット

【新日本プロレスのリングで全国区に】

【テーマソング】 みちのくプロレスのテーマ

いかがですか?いきなり心がざわついてきませんか?思わず着信音にしてしまいたくなる曲ですよね。
『ザ・グレート・サスケ』の名前を全国区にのし上げたのが、皮肉にもプロテストで不合格の烙印を押した「新日本プロレス」でした。
1994年4月、新日本プロレス主催で『第1回スーパーJカップ』が両国国技館にて開催されました。
この趣旨は団体の枠を超えてジュニアヘビー級の活性化を目的としたもので、全14名の選手がトーナメント形式で戦いを繰り広げました。
日本中のプロレスファンが注目した大会でサスケは、準決勝で「獣神サンダーライガー」からピンフォールを奪い、迎えた決勝戦では「ワイルド・ペガサス」に惜敗したものの、そのファイティングスピリットに胸打たれた人は多いはずです。
そして遂に東北の英雄が全国に知られることとなりました。

NJPW Super J Cup 04 16 1994 Jushin Thunder Liger VS The Great Sasuke

この観客の興奮ぶりを見れば一目瞭然でしょう。とにかく「よく頑張った、感動した!」

【大仁田厚との電流爆破デスマッチ】

1994年10月30日、肌寒い風が吹く岩手県滝沢村に約9,000人のプロレスファンが集結し熱気を帯びていました。
参考までに当時の滝沢村の人口は約52,000人ほどです、その集落に位置する「岩手県滝沢村産業文化センター第一展示場」で一大イベントが開催されました。
『ノーロープ有刺鉄線電流地雷爆破ダブルヘル時限爆弾デスマッチ』!
こんな無謀な試合を行うのはサスケと当時「涙のカリスマ」と呼ばれていた「大仁田厚」の2人です。リングにロープは張られていません、その代わりに2面には小型爆弾が取り付けてある電流が流れる有刺鉄線、もう2面の場外には地雷爆破が設置されており落ちればもれなく被爆。
14分58秒という過激な試合の2秒後、時限爆弾が爆発という並の人間なら命の補償は出来ない試合内容、結果的にサスケは惜敗しましたがまた一つプロレス史に名を残す試合をやってしまいました。

このシーンは生で観戦したことのある人にしか分からないでしょう。爆風の激しさだけはこれを見ただけでも分かって頂けますか?
連日激しい戦いを繰り返しながらもサスケはある日こんな事を言いました。
「俺はどんなに怪我していてもリングに上がればプロレスラーだ。お客さんは俺のケブラーダを見に来てんだから、それが出来なくなったらプロレス辞めちゃうよ。」
引用記事がないのが非常に残念ですが、プロレス雑誌のインタビューでこう語っていました。
これがサスケのファイティングスピリットの表れじゃないでしょうか。
24 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【プロレスクイズ・覆面レスラー編】集え、往年の覆面レスラーファン!この難問が解けますか?

【プロレスクイズ・覆面レスラー編】集え、往年の覆面レスラーファン!この難問が解けますか?

プププ・プロレスクイズ~!ってなノリでお届けしたい「プロレスクイズ」、今回は覆面レスラー編からの出題。往年の覆面レスラーファンにぜひ遊んでいただきたい、そんな10問をご用意してみました。それではどうぞ!
意外な経歴、海外でも活躍 異色の「お遍路レスラー」新崎人生

意外な経歴、海外でも活躍 異色の「お遍路レスラー」新崎人生

白装束に身を包み、鋼の肉体から独創的な技を繰り出す異色のレスラー、新崎人生をご存じでしょうか。小さなインディー団体からキャリアをスタートさせ、メジャー団体にも上がり、海外のファンをも魅了した「お遍路レスラー」の足跡をご紹介します。
augusta wen | 15,069 view
【時代の名シーン】プロレスで衝撃だった事件は?その顛末を教えて!

【時代の名シーン】プロレスで衝撃だった事件は?その顛末を教えて!

数々のプロレス名勝負の裏で起きた事件。抗争アングル?負傷アングル?インパクト大だった事件の顛末を教えて下さい!
長州力6・26引退試合がライブ上映決定!永遠のライバル・藤波との死闘の行方は!?

長州力6・26引退試合がライブ上映決定!永遠のライバル・藤波との死闘の行方は!?

昭和~平成を駆け抜けたプロレスラー、長州力が6月26日に後楽園ホールで行う引退試合「POWER HALL 2019」の対戦カードがついに決定!新日本プロレスリング株式会社の公式ツイッターで告知されました。
隣人速報 | 2,617 view
90年代活躍したAV男優!!『チョコボール向井』の病気・プロレス・逮捕・引退・現在!!

90年代活躍したAV男優!!『チョコボール向井』の病気・プロレス・逮捕・引退・現在!!

1990年代から2000年代にかけてセクシー男優やプロレスラーとして活躍したチョコボール向井さん病気や逮捕など波乱の人生を送っています。AV男優は引退されて今は第二の人生を送っているそうです。
ギャング | 21,532 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト