「カラス族」なんて言葉まで生まれた【東からの衝撃】ヨウジ・ヤマモトとコム・デ・ギャルソン
2017年1月26日 更新

「カラス族」なんて言葉まで生まれた【東からの衝撃】ヨウジ・ヤマモトとコム・デ・ギャルソン

81年パリコレクションにデビューしたヨウジ・ヤマモトとコム・デ・ギャルソンの川久保玲。モデルの顔を白く塗り、奇妙な黒い服を着せて電子音の鼓動の中を歩かせたこともあり、そのスタイルに反発する評価も多く受けましたが・・・

16,764 view

東からの衝撃

1981年パリコレクションでデビュー

日本での商業的成功を収めた山本耀司(ヨウジ・ヤマモト、Y`s)、コム デ ギャルソン(川久保玲)は1981年パリコレクションにデビュー。
ヨウジ・ヤマモト(山本耀司)

ヨウジ・ヤマモト(山本耀司)

生誕 1943年10月3日(73歳)
日本の旗 日本・東京都
出身校 文化服装学院
慶應義塾大学
職業 ファッションデザイナー
団体 株式会社ヨウジヤマモト
著名な実績 「ヨウジヤマモト」のデザイン等
受賞 日・装苑賞(1969年)
日・遠藤賞(1969年)
仏・芸術文化勲章(1994年・2005年・2011年)
日・紫綬褒章(2004年)
日本ブランド創造貢献企業表彰(2005年)
英・ロイヤル・デザイナー・フォー・インダストリー(2006年)

出典Wikipedia
川久保玲(コム デ ギャルソン)

川久保玲(コム デ ギャルソン)

生誕 1942年10月11日(74歳)
日本の旗 日本・東京都
出身校 慶應義塾大学(文学部哲学科)
職業 ファッションデザイナー
団体 株式会社コムデギャルソン
┗代表取締役社長
著名な実績 「コムデギャルソン」の運営
受賞 日・毎日ファッション大賞(1983年)
仏・シュバリエ賞(1992年)
日・芸術選奨(2001年)
日・朝日賞(2003年)
仏・国家功労章(2004年)
米・CFDA賞(2012年)
僕の記憶では、モデルの顔に白くペイントしたり(あれはもうメイクとはいえないでしょ)BGMも電子音のみを使ったりと、かなり思い切った演出だったようですね。
聞いたところテクノサウンドじゃないですよ。ホントの電子音「ビーブー」っていう音です。

「黒の衝撃」「東からの衝撃」などと話題になり、ファッション界に新旋風を引き起こしました。
これ以降国産DCブランドの旗手として「イッセイ・ミヤケ」「タケオキクチ」「コムサ・デ・モード」などと並び業界を引っ張っていきます。
そのスタイルは色彩がダーク(黒)、素材は古着のようなもので、シワシワなものや穴の空いたものや加工したものを使用。

カッティングもシンプルながら大胆なカッティングで、オーバーサイズで体のラインは全く隠されてしまうものでした。

このようなスタイルをジャーナリズムは「禁欲的(ストイック)」「宗教的」などと表現しました。
ヨウジヤマモト コレクション

ヨウジヤマモト コレクション

1981年のものではありません。(悪しからず)
川久保玲(コム デ ギャルソン) コレクション1982

川久保玲(コム デ ギャルソン) コレクション1982

以上のように、メディアの反応は決して好評とは限らず、変えって批判的な批評もあったようですね。

日本での反応

カラス族登場

カラス族スタイル

カラス族スタイル

左側 大学でもカラス族(リュック以外古着) 右側 ネオカラス族(ブーツ以外古着)
当時のプレタポルテでは「黒:ダーク」のカラーは「反抗」などを意味しあまり使用されない色であり、その色をあえて前面に打ち出した点も衝撃的でした。

日本では「カラス族」などと表現されました。
初めのころはショップの店員さん(ハウスマヌカン)なんかが着ていたんでしょうけど、アっという間に若者の間に浸透していきましたね。

もっとも本物はなかなか高額で手が出ませんでしたけど・・・

それでもTVや雑誌などで「カラス族」なんて言葉が使われ始め、一世を風靡しました。

こんなこともありました。

この格好で外に出ると隣んちのおばぁちゃんが「これからお葬式かい?どなたが亡くなられたんだい?」なんて声をかけられたそんな頃のお話です。
(確かに白いワイシャツに黒ネクタイでもすれば全然OKですね。大体礼服なんて持ってなかったし・・・)

その後、「黒」を前面に打ち出すファッションが世界的に流行しました。

このころから・・・

歌舞伎町元コマ劇場前

歌舞伎町元コマ劇場前

いわゆるキャッチの人々
26 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

今でも人気!DCブランドの魅力

今でも人気!DCブランドの魅力

80年代にブーム到来したDCブランド。そんな素晴らしいDCブランドと関わっている人達を紹介していきます。
syotalalala | 15,893 view
ルナ先生、やるっきゃ騎士、みんなあげちゃうなども網羅!『ラブコメヒロイン大解剖 80´s 少年マンガ編』が好評発売中!

ルナ先生、やるっきゃ騎士、みんなあげちゃうなども網羅!『ラブコメヒロイン大解剖 80´s 少年マンガ編』が好評発売中!

三栄書房より、80年代に登場したラブコメ漫画のヒロインを特集したムック『ラブコメヒロイン大解剖 80´s 少年マンガ編』が現在好評発売中です。
隣人速報 | 574 view
オカルトマニア感涙!ミステリーサークルをモチーフにした「月刊ムー」のベロアジャンパーが登場!

オカルトマニア感涙!ミステリーサークルをモチーフにした「月刊ムー」のベロアジャンパーが登場!

有限会社ハードコアチョコレートより、「月刊ムー」×「ハードコアチョコレート」のコラボ企画として『ミステリーサークル・ベロアジャン』とハードコアチョコレートオリジナル商品の『HARDCCメルティングスカル・ベロアジャン』の受注を開始しました。
隣人速報 | 157 view
皆勤賞が廃止の動き!?昭和の頃は当たり前だったのに姿を消したモノゴト

皆勤賞が廃止の動き!?昭和の頃は当たり前だったのに姿を消したモノゴト

学校を休まず毎日通い続けることで貰える「皆勤賞」。皆勤賞を目指して毎日頑張る子供たちも多くいるかと思いますが、このたびの新型コロナウイルスの感染拡大を受けて「皆勤賞って本当に必要か?」という疑問の声が各所から上がっています。
隣人速報 | 1,371 view
『機動戦士Zガンダム』の35周年記念!Zガンダムや逆襲のシャアをモチーフにしたフライトジャケットが発売!!

『機動戦士Zガンダム』の35周年記念!Zガンダムや逆襲のシャアをモチーフにしたフライトジャケットが発売!!

アパレルショップ「STRICT-G(ストリクト ジー)」より、ミリタリーファッションブランド“ALPHA INDUSTRIES(アルファ インダストリーズ)”による計4種のフライトジャケットの発売が決定しました。
隣人速報 | 2,065 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト