「カラス族」なんて言葉まで生まれた【東からの衝撃】ヨウジ・ヤマモトとコム・デ・ギャルソン
2017年1月26日 更新

「カラス族」なんて言葉まで生まれた【東からの衝撃】ヨウジ・ヤマモトとコム・デ・ギャルソン

81年パリコレクションにデビューしたヨウジ・ヤマモトとコム・デ・ギャルソンの川久保玲。モデルの顔を白く塗り、奇妙な黒い服を着せて電子音の鼓動の中を歩かせたこともあり、そのスタイルに反発する評価も多く受けましたが・・・

12,659 view

東からの衝撃

1981年パリコレクションでデビュー

日本での商業的成功を収めた山本耀司(ヨウジ・ヤマモト、Y`s)、コム デ ギャルソン(川久保玲)は1981年パリコレクションにデビュー。
ヨウジ・ヤマモト(山本耀司)

ヨウジ・ヤマモト(山本耀司)

生誕 1943年10月3日(73歳)
日本の旗 日本・東京都
出身校 文化服装学院
慶應義塾大学
職業 ファッションデザイナー
団体 株式会社ヨウジヤマモト
著名な実績 「ヨウジヤマモト」のデザイン等
受賞 日・装苑賞(1969年)
日・遠藤賞(1969年)
仏・芸術文化勲章(1994年・2005年・2011年)
日・紫綬褒章(2004年)
日本ブランド創造貢献企業表彰(2005年)
英・ロイヤル・デザイナー・フォー・インダストリー(2006年)

出典Wikipedia
川久保玲(コム デ ギャルソン)

川久保玲(コム デ ギャルソン)

生誕 1942年10月11日(74歳)
日本の旗 日本・東京都
出身校 慶應義塾大学(文学部哲学科)
職業 ファッションデザイナー
団体 株式会社コムデギャルソン
┗代表取締役社長
著名な実績 「コムデギャルソン」の運営
受賞 日・毎日ファッション大賞(1983年)
仏・シュバリエ賞(1992年)
日・芸術選奨(2001年)
日・朝日賞(2003年)
仏・国家功労章(2004年)
米・CFDA賞(2012年)
僕の記憶では、モデルの顔に白くペイントしたり(あれはもうメイクとはいえないでしょ)BGMも電子音のみを使ったりと、かなり思い切った演出だったようですね。
聞いたところテクノサウンドじゃないですよ。ホントの電子音「ビーブー」っていう音です。

「黒の衝撃」「東からの衝撃」などと話題になり、ファッション界に新旋風を引き起こしました。
これ以降国産DCブランドの旗手として「イッセイ・ミヤケ」「タケオキクチ」「コムサ・デ・モード」などと並び業界を引っ張っていきます。
そのスタイルは色彩がダーク(黒)、素材は古着のようなもので、シワシワなものや穴の空いたものや加工したものを使用。

カッティングもシンプルながら大胆なカッティングで、オーバーサイズで体のラインは全く隠されてしまうものでした。

このようなスタイルをジャーナリズムは「禁欲的(ストイック)」「宗教的」などと表現しました。
ヨウジヤマモト コレクション

ヨウジヤマモト コレクション

1981年のものではありません。(悪しからず)
川久保玲(コム デ ギャルソン) コレクション1982

川久保玲(コム デ ギャルソン) コレクション1982

以上のように、メディアの反応は決して好評とは限らず、変えって批判的な批評もあったようですね。

日本での反応

カラス族登場

カラス族スタイル

カラス族スタイル

左側 大学でもカラス族(リュック以外古着) 右側 ネオカラス族(ブーツ以外古着)
当時のプレタポルテでは「黒:ダーク」のカラーは「反抗」などを意味しあまり使用されない色であり、その色をあえて前面に打ち出した点も衝撃的でした。

日本では「カラス族」などと表現されました。
初めのころはショップの店員さん(ハウスマヌカン)なんかが着ていたんでしょうけど、アっという間に若者の間に浸透していきましたね。

もっとも本物はなかなか高額で手が出ませんでしたけど・・・

それでもTVや雑誌などで「カラス族」なんて言葉が使われ始め、一世を風靡しました。

こんなこともありました。

この格好で外に出ると隣んちのおばぁちゃんが「これからお葬式かい?どなたが亡くなられたんだい?」なんて声をかけられたそんな頃のお話です。
(確かに白いワイシャツに黒ネクタイでもすれば全然OKですね。大体礼服なんて持ってなかったし・・・)

その後、「黒」を前面に打ち出すファッションが世界的に流行しました。

このころから・・・

歌舞伎町元コマ劇場前

歌舞伎町元コマ劇場前

いわゆるキャッチの人々
26 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

女の子の憧れ!バービーとお揃いのスタイルでドレスアップが可能に!!

女の子の憧れ!バービーとお揃いのスタイルでドレスアップが可能に!!

阪急うめだ本店・4階コトコトステージ41にて、永遠のファッションアイコン「バービー」とお揃いのドレスアップスタイルが可能となるアイテムを販売します。期間は11月15日から11月28日まで。
隣人速報 | 612 view
今でも人気!DCブランドの魅力

今でも人気!DCブランドの魅力

80年代にブーム到来したDCブランド。そんな素晴らしいDCブランドと関わっている人達を紹介していきます。
syotalalala | 14,361 view
ミドルエッジ男子の実生活に役立つ!?女性の下着に関する教養が詰まった漫画が刊行!!

ミドルエッジ男子の実生活に役立つ!?女性の下着に関する教養が詰まった漫画が刊行!!

株式会社KADOKAWAより、コミック電撃だいおうじにて連載中の『真面目ガールと青春ランジェリー』(タチ著/電撃コミックスNEXT)の第1巻が現在好評発売中です。
隣人速報 | 3,653 view
少年ジャンプがユニークな展開色々!広島カープとコラボにマワシヨミジャンプに大喜利に!

少年ジャンプがユニークな展開色々!広島カープとコラボにマワシヨミジャンプに大喜利に!

創刊50周年を迎えた週刊少年ジャンプが、現在ユニークな企画を続々と展開しています。この記事では、最近の展開をまとめてみました。
隣人速報 | 554 view
和解なのか対決なのか?「美味しんぼ」のよくわからない構図のハンカチが話題に!!

和解なのか対決なのか?「美味しんぼ」のよくわからない構図のハンカチが話題に!!

80年代から現在に至るまで、グルメ漫画の金字塔として君臨する「美味しんぼ」。このたび、そんな美味しんぼをモチーフにした珍妙な構図の「ハンカチ」がSNS上で大きな話題となっています。
隣人速報 | 3,858 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト