特撮『ウルトラマンA』の最終回ってどうだった?
2020年11月15日 更新

特撮『ウルトラマンA』の最終回ってどうだった?

子供のときに観てたけど、最終回ってどんなだったっけ?そんな作品ってけっこうありますよね。そんな方のために、最終回のあらすじをお届けします。これであなたも思い出せるはず?『ウルトラマンA』はこんな感じでした。今だ!変身!北斗と南!

487 view

『ウルトラマンA(エース)』

製作:円谷プロダクション、TBS
放送期間:1972年4月7日から1973年3月30日
放送時間:金曜19:00から19:30
放送局:TBS系列
放送話数:全52話
主題歌:「ウルトラマンA」ハニー・ナイツ

スタッフ

監督:筧 正典(最終回担当)ほか
脚本:市川森一(最終回担当)ほか
特殊技術:高野宏一(最終回担当)ほか
美術:高橋昭彦
特殊効果:関山和昭
音楽:冬木透

キャスト

北斗星司:高峰圭二

南 夕子:星光子

竜 五郎隊長:瑳川哲朗

ナレーター:岸田森

『ウルトラマンA』とは

異次元人ヤプールが、怪獣より強い超獣を従えて地球侵略を開始した。ヤプールの野望を阻止するためにM78星雲から派遣されたウルトラ兄弟の5番目ウルトラマンA(エース)は、北斗星司と南夕子に自分の命と力を与えた。超獣攻撃隊TAC(Terrible-monster Attacking Crew)に入隊した2人はウルトラリングを使い、ウルトラタッチによってAに変身して超獣と戦う。
男女合体変身が目新しい《ウルトラシリーズ》第5作目。ただし南は最終回にも姿は見せるものの、ウルトラリングを北斗に渡して去っている。
ウルトラリング

ウルトラリング

『ウルトラマンA』の最終回

第52話「明日(あす)のエースは君だ!」 最強超獣ジャンボキング サイモン星人 登場

ナレ-ション「正体不明の円盤同士の戦いにTACはただちに調査に向かった」

墜落した円盤を調査しているTAC隊員たち。そこで見つけたのはウルトラマンのお面を付けてごっこ遊びをしている子供たちで、宇宙人の子供がいじめられていた。TACはその宇宙人を基地に連れて行くことにする。
子供「ねえ、そいつ死刑にするの?だって宇宙人だろう?」
北斗「宇宙人ならみんな死刑にしてもいいと思ってるのか?そのお面はなんだ。ウルトラ兄弟は弱い者いじめはしない。何もしない宇宙人の子供をわけもなくいじめたりしない。ウルトラ兄弟はゾフィーもマンもセブンも弱い者の味方なんだ」

基地へ向かう車内での会話。宇宙人の子供はサイモン星人で、ヤプールに侵略されて宇宙を追放された遊牧星人だった。サイモン星人が怯えだし、車を停める。空から光と声。
ヤプールの声「地球の空をさまよう超獣の亡霊たちよ。Aの手で空の塵となった幾多の超獣の怨霊よ。ここに集まれ。いま一度生き返るのだ。生まれ出でよジャンボキング!」
亡霊たちは合体してジャンボキングとなった。拳銃(タックガン)で攻撃するTAC。しかし口から放つ火炎弾で反撃され、サイモン星人を連れて北斗は車から逃げる。

サイモン星人を抱きかかえて爆発の中を逃げる北斗は、先ほどの子供たちに会った。子供たちに秘密基地に案内され、そこへ身を隠す。サイモン星人に謝る子供たち。基地にある通信機から声がした。
ヤプールの声「サイモンを引き渡せ。私はサイモンを追ってきたのだ。地球人には用はない。もし地球人がサイモンをかばうのならば地球人も私の敵だ。サイモンを出せ。サイモンを私に渡せ。さもないとこの街を破壊して皆殺しにしてやるぞ」

だが子供たちは、サイモン星人を守ると決めた。
北斗「よく言った。その気持ちがあれば君たちは立派にウルトラの兄弟だ。超獣は俺にまかしとけ。君たちはここでサイモンを守るんだ」
基地を出ようとした時、サイモン星人の発した光線が足に当たって北斗は立てなくなる。サイモン星人は身を案じ、行かせたくないのだと子供たちは言う。

TAC基地から戦闘機が3機(タックファルコンとタックアロー2機)出撃した。砲撃の後、ジャンボキングを街から移動するために投げ網作戦を行う。頭から網で包んだものの、暴れてしまいタックアロー2機は地面に叩きつけられる。
ヤプールの声「今日は街の半分を破壊した。あとの半分は明日まで取っておいてやろう。明日の朝8時までにサイモンを渡すのだ」
ジャンボキングは消えた。

サイモン星人は基地を出て行こうとする。自分から捕まりに行くのだと子供たちは言う。
子供「地球にはAがいる。Aが来てくれるまで俺たちがサイモンを守るんだ!」
北斗は子供たちにサイモン星人を任せて、TAC基地に戻った。
基地。ジャンボキングはこれまでに倒した超獣のもっとも強い部分を集めて再生させたもので、最強の超獣だという。サイモンを引き渡して様子を見ようという隊員の提案に、北斗は反対する。
北斗「待ってください。そんなことをしたら、あの少年たちの気持ちを踏みにじってしまうことになります。家や街はまた建て直すこともできます。しかしあの少年たちの気持ちは、一度踏みにじったら簡単には元には戻りません。彼らはウルトラの兄弟のように勇敢で優しい気持ちを持とうとしています。その気持ちだけは大切にしてやりたいと思います!」
隊長は明日、試作段階だが細胞分解ミサイルを試してみようと言った。
隊長「街も子供たちの心も破壊させてはならん」

夜になった。ひとり夜空を見上げている北斗。
北斗(…明日はAになろう。明日こそはどんなことがあっても)
オーロラの中に南 夕子の姿が浮かんだ。
夕子「星司さん。もしあなたがウルトラマンAだということを誰かに知られたら、あなたは二度と人間の姿に戻れないのよ」
北斗「知っている。でもどうして今、それを言うんだ」

次の日の朝。8時まであと1分。隊長は北斗に、サイモン星人と少年たちのところへ行くよう言う。すると秘密基地にはたくさんの子供たちがいて、みながサイモン星人を守ろうとしていた。笑顔になる北斗。

8時になった。サイモン星人の頭上に生えた触角が光ると、ジャンボキングが出現した。TACは青い光線(細胞分解ミサイルだと思われる)を発射する。命中するが変化はなく、逆に発射兵器を壊されてしまった。街を破壊し始めるジャンボキング。ビルは壊れ、街は炎に包まれる。
 (2235938)

サイモン星人の頭上にある触角を、北斗は不審に思う。
北斗(…あの点滅は何だ。何かを発信しているようだ)
ジャンボキングが秘密基地に近づいてきた。地震のように揺れ、皆は脱出する。

サイモン星人は北斗にテレパシーで話しかける。その声はヤプールのものだった。
ヤプールの声「ジャンボキングを操っているのはこの私だ。まんまと罠にかかったな。はやくみんなの前でAになってやったらどうだ。北斗星司、いやウルトラマンA!」
拳銃をサイモン星人に向ける北斗。驚く子供たち。
ヤプールの声「フフフフ。みんなの前で私を撃つがいい。誰も私をヤプールだとは信じていないぞ。私を撃てば、お前は子供たちの信頼を裏切ることになるぞ。人間の子供から優しさを奪い、ウルトラマンAを地上から抹殺することが私の目的だったのだ!」
北斗は、ついに撃った。倒れるサイモン星人。かけよる子供たち。

子供たち「なぜサイモンを殺したんだ!なぜだ!」「サイモンを守ると言ったくせに、なぜ殺したんだ!」「こいつは超獣が怖くてサイモンを殺したんだ!」
北斗「違う。こいつはヤプールだったんだ」
子供たち「嘘だ、信じるもんか!」「どうしてサイモンがヤプールなんだ!証拠を見せろ!」
北斗「テレパシーだ。テレパシーでこいつがそう言った」
子供たち「でたらめ言うな。人間のくせになんでテレパシーがあるんだ」「テレパシーがあるのはウルトラ兄弟だけだ!」

悩む北斗は、夕子の言葉を思い出す。
夕子「星司さん。もしあなたがウルトラマンAだということを誰かに知られたら、あなたは二度と人間の姿に戻れないのよ」

子供たち「もう優しさなんて信じないぞ!TACは超獣を倒せないもんだからサイモンを殺したんだ!」「俺たちだってもうお前の言うことなんか聞くもんか!」
ついに告白する北斗。
北斗「…ぼくが奴のテレパシーをわかったのは…それはぼくが、ウルトラマンAだからだ。うそじゃない。見ていてくれ。これがウルトラマンA、最後の戦いだ」
駆け出した北斗はウルトラマンAに変身した。
北斗の声(…彼らに真実を伝えるには、こうするしかなかった。さようなら地球よ、さようならTACの仲間たち。…さようなら北斗星司)
ジャンボキングとの戦いが始まった。激闘は続き、Aのカラータイマーが赤く点滅し始める。

子供たち「エース!がんばれー!」
子供たちとTAC隊員が見守っている。

メタリウム光線で怯んだところを、ギロチンショットがジャンボキングの首を切り落とした。

笑顔の子供たちとTAC隊員。
Aの声「優しさを失わないでくれ。弱い者をいたわり、互いに助け合い、どこの国の人たちとも友達になろうとする気持ちを失わないでくれ。たとえその気持ちが何百回裏切られようとも。それが、私の最後の願いだ」
飛び去るA。手を振る子供たち。
「エース!さようなら!」
夕空を飛んで行くいくAは、光を放つ点となって消えた。

その後の『ウルトラマンA』

その後は次作『ウルトラマンタロウ』、次々作『ウルトラマンレオ』に客演します。ちなみに前作『帰ってきたウルトラマン』と合わせて《昭和2期ウルトラシリーズ》と呼ばれています。

ウルトラ兄弟のひとりとして、その後もたくさん出演しているのですが、特筆しておきたいのは2006年放送の『ウルトラマンメビウス』です。同作はウルトラマンシリーズ誕生40周年記念作品で『ウルトラマン80』までと同じ世界を舞台にしています。
第44話「エースの願い」には北斗星司が出演。ヤプールと超獣にやられ倒れたメビウスに対して、熱いメッセージを投げかけています。そしてAにも変身。最後には、本作最終回での「最後の願い」を主人公ミライに伝えます。

そして北斗が振り返ると…そこには南 夕子の姿が!約30年ぶりの再会!約30年ぶりのウルトラタッチ!主題歌に「今だ!変身!北斗と南」とあるように、やはりふたり揃ってのAなのです。
20 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ウルトラセブン放送50周年「昭和ウルトラ兄弟・ウルトラファミリー」列伝

ウルトラセブン放送50周年「昭和ウルトラ兄弟・ウルトラファミリー」列伝

昭和ウルトラシリーズの懐かしい見ごたえのある動画・画像・グッズ、イベント情報をまとめています。放送当時の出演者の話は面白いです。タロウ(篠田三郎)がレオ(真夏竜)を救った話などは感動します。
ガンモ | 8,981 view
究極の合体技でラスボスを倒す(アニメ・漫画・特撮のヒーロー・ヒロインたちの合体系究極技)

究極の合体技でラスボスを倒す(アニメ・漫画・特撮のヒーロー・ヒロインたちの合体系究極技)

ウルトラシリーズ、仮面ライダーシリーズ、キン肉マンの至高のツープラトン技、スポーツ漫画の合体技、セーラームーンなど美少女戦士物の究極の合体技を振り返ってみましょう。全員の力を合わせて敵を倒す合体技的な展開は、平成になって特に増えてますが、特に昭和の名作品にフォーカスして代表的な合体技を懐かしんでみましょう。
ガンモ | 50,116 view
ウルトラシリーズの再放送事情:再放送枠で初代ウルトラマンとウルトラセブンの直接対決もあった

ウルトラシリーズの再放送事情:再放送枠で初代ウルトラマンとウルトラセブンの直接対決もあった

1970年代はウルトラシリーズなどの特撮番組や人気の定番アニメの再放送が大変充実していました。初代ウルトラマンやウルトラセブンは特に何度も再放送されました。地域によって番組編成は異なっていると思います。今回のまとめは関東キー局の70年代のウルトラシリーズの再放送状況をピックアップしておさらいしていきます。
トントン | 34,469 view
皆勤賞が廃止の動き!?昭和の頃は当たり前だったのに姿を消したモノゴト

皆勤賞が廃止の動き!?昭和の頃は当たり前だったのに姿を消したモノゴト

学校を休まず毎日通い続けることで貰える「皆勤賞」。皆勤賞を目指して毎日頑張る子供たちも多くいるかと思いますが、このたびの新型コロナウイルスの感染拡大を受けて「皆勤賞って本当に必要か?」という疑問の声が各所から上がっています。
隣人速報 | 2,360 view
特撮『スペクトルマン』の最終回ってどうだった?

特撮『スペクトルマン』の最終回ってどうだった?

子供のときに観てたけど、最終回ってどんなだったっけ?そんな作品ってけっこうありますよね。そんな方のために、最終回のあらすじをお届けします。これであなたも思い出せるはず?『スペクトルマン』はこんな感じでした。スペクトルマン、怪獣ヲ殺セ!
こういち | 4,448 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト