2016年12月29日 更新

シリーズ最終話『リーサル・ウェポン4』。今回もデコボコ問題児コンビは健在です!!

1987年から始まったリーサルウェポンも11年目の本作品で打ち切り(2016年現在)。派手なオープニングにカーチェイスに大クラッシュと、壮絶なアクションシーンが超満載。ホームドラマチックな要素も盛り込まれた、とてもコミカルな本作品をご紹介しましょう。

457 view

リーサルウェポン4 1998年公開

ご存知、マーティンとロジャーのデコボココンビが繰り広げる刑事アクションムービー。
11年前に始まったこのシリーズも、今回で完結となりました(2016年現在)。

派手な爆発シーンで始まり、カーチェイスに大格闘のアクションシーンあり、ホームドラマチックなシーンも、コミカルなシーンも満載でホントに楽しめる作品です。

今回は、ハリウッドデビューのジェット・リーが悪のボスとして出演しており、メル・ギブソンとの格闘シーンも見どころの一つとなっています。
 (1810180)

出典 eiga.com

あらすじ

ロス市警刑事のリッグスとマータフは、同僚刑事のローナがリッグスの子を身ごもっていること、マートフの娘リアンが妊娠していることを相手から知らされる。それから9ヶ月後、中国人の密入国船事件で揺れており、リッグスたちは激しい銃撃戦を繰り広げるが、乗組員たちを取り逃してしまう。
彼らは事件にはチャイナタウンの犯罪王ベニー・チャンが絡んでいることを突き止めるが、そこにはさらなる黒幕として、チャイニーズ・マフィアの存在があることを知る。

映画『リーサル・ウェポン4』 オリジナル劇場予告編

主役はこの2人

お馴染み、メル・ギブソン(マーティン役)とダニー・グローバー(ロジャー役)のズッコケコンビ。
あまりにも問題児過ぎるため、上層部は現場から引き離そうと必死です。
そこで思いついたのがデスクワーク。
なんと彼らが警部に昇進してしまうのです。
でも、そんなことでおとなしくしている2人ではないんですけどねぇ。。。
 (1810487)

新人刑事も参戦

新人刑事としててリス・ロック(リー・バターズ刑事)が登場します。ドタバタのマシンガントークで笑わせてくれますよ。
そして、ロジャーの娘・リアンとできてしまうのですが、それを知らないロジャーとのやりとりがコミカルで最高におもしろいです。

彼はエミー賞(アメリカのドラマ部門)やグラミー賞(音楽部門)をも受賞している多才なコメディアンで、アメリカでは有名な男です。
 (1810296)

今回の悪役

この作品がハリウッドデビューとなるジェット・リー(ワン・シン・クー)が今回の悪役。
密入国・偽札づくりなど悪の限りをやるカンフーの達人。マーティン達に1度は勝利するものの、最後は兄と共にやられてしまいます。

ジェット・リーは、小さい体ながらキレのいいカンフーを駆使したアクションスターですね。
この後、ハリウッドで大活躍します。
 (1810290)

ド派手なオープニング

いきなり見せてくれますよこの映画は。

片手にマシンガン。もう一方の手に火炎放射器を持った謎の男が登場。
マシンガンと火炎放射器をぶっ放し続け、暴れまわっちゃいます。

この先この男がストーリーにどういうふうに関係してくるのか興味津々になってしまうのですが、まったく関係なし!
オープニングだけで出番なし!
単なる火炎放射器男事件だったのです。。。
 (1810277)

昔の水中ヘルメットのようなものをかぶっているので、ピストルの弾は跳ね返すは顔は見えないは。
いったい何者??
 (1810272)

 (1810270)

やたらめったら火炎を放ち続けます。
 (1810271)

そしてマーティンに火炎放射器のタンクを撃ち抜かれ、タンクローリーに激突。
 (1810275)

タンクローリーが吹っ飛んだ後に、ガソリンスタンドが大爆発!
ロスアンゼルスは大変ですねぇ。
この事件の最中にマーティンは彼女の妊娠を、ロジャーは娘の妊娠をそれぞれ聞かされ、
事件そっちのけの大口論。
そして、犯人をやっつけるために、何故かロジャーが裸に。。。
 (1810274)

 (1810273)

ロジャーの赤いパンツばかりが目立った
オープニングの終焉でした。
 (1810286)

なんとも微笑ましい後ろ姿ではありませんか。

カーアクション

今回も壮絶なカーアクションが満載。
クラッシュあり、車上走行あり、高層ビルへのダイビングあり、スピードとスリルのオンパレードって感じです。
 (1810429)

当時のメル・ギブソンは42歳。
体張ってます。
頑張ってます。
 (1810438)

マーティン達の車が敵に弾き飛ばされ、
高速道路からビルにダイブ!
 (1810439)

なんとそのまま走ってビルの反対側の
壁を突き破って地上へダイブ!!
やってくれます。
 (1810436)

敵の車が踏切りで貨物列車と衝突炎上。

コミカル満載で超楽しい

もう、何をやってもサイコーのこの2人。
冒頭の彼女と娘の妊娠騒ぎに始まり、警部に昇進したかと思えばアッと言う間にヒラに逆戻り。
トークも内容も顔も何もかもが面白すぎます。
 (1810488)

出典 eiga.com
チャイニーズマフィアのボス、ベニー・チャンに笑気ガスを嗅がせ、悪事を聞き出すのですが、バターズのミスでガスが部屋中に充満してしまい、みんな揃って大笑いの渦。
もう、見ているこっちまで笑いが止まらなくなっちゃいますよねぇ。
おバカですねぇ。
 (1810470)

 (1810480)

出典 ameblo.jp

格闘シーン

ジェット・リー扮するワン・シン・クーとの最終決闘。
マーティンとロジャーとバターズがマフィア同士の取引現場に踏み込みます。
バターズが撃たれ、マーティン&ロジャー対クーの壮絶な格闘が始まります。
1度は苦渋を飲まされた2人ですが、徐々にクーを追い詰め、協力して悪を消し去るのでした。
52 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

映画『ヤング・フランケンシュタイン』アブノーマルな脳みその怪物が蘇る愉快なホラー映画だった!!

映画『ヤング・フランケンシュタイン』アブノーマルな脳みその怪物が蘇る愉快なホラー映画だった!!

『ヤング・フランケンシュタイン』は、1974年にアメリカで制作され、1975年10月31日に日本で公開されたホラーコメディ映画。元祖「フランケンシュタイン」をパロディ化したとても面白い作品です。また、「フランケンシュタイン」へのオマージュである不気味なモノクロ映像となっている。
星ゾラ | 612 view
シリーズ第3弾『ダイ・ハード3』世界一ツイテない男ジョン・マクレーンの今度の舞台はニューヨーク。

シリーズ第3弾『ダイ・ハード3』世界一ツイテない男ジョン・マクレーンの今度の舞台はニューヨーク。

今度の敵はあのハンスの兄弟。恨みつらみでマクレーンへの復讐に燃えているのかと思いきや。。。大がかりな爆破や派手なアクションシーンは今回も盛りだくさん。相棒も加わった新しいダイ・ハードをお楽しみください。
ナベゲン | 576 view
マイケル・J・フォックス主演『摩天楼はバラ色に』若者のアメリカンドリームを描くドタバタラブコメディ。

マイケル・J・フォックス主演『摩天楼はバラ色に』若者のアメリカンドリームを描くドタバタラブコメディ。

バックトゥザフューチャーでブレイクしたてのマイケル、彼のコメディセンスが満載で最高に面白い!!クリクリお目目のヘレンのかわいらしさも見事にマッチング。名匠ハワードロス監督ならではの作品をご紹介。
ナベゲン | 989 view
【星の王子ニューヨークへ行く】80年代シンデレラの王子はエディ・マーフィー!?

【星の王子ニューヨークへ行く】80年代シンデレラの王子はエディ・マーフィー!?

よく喋るお調子者のイメージが強いエディ・マーフィーが、誠実な青年に扮するという異色の役柄に挑んだ「星の王子ニューヨークへ行く」。「ビバリーヒルズ・コップ」や「48時間」ほどの知名度はありませんが、笑ってほっこりできる上質なコメディ映画です。
TAKANA135 | 2,066 view
笑いたい時にはこれを観よう!『サボテン・ブラザース』

笑いたい時にはこれを観よう!『サボテン・ブラザース』

お馬鹿映画も今よりもっともっと上映されていた気がする80年代。 笑いたいな、という時にはほっこり温かい気持ちになれるコメディが最高です。 懐かしい3人組を観て笑いませんか?

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト

懐かしい!記憶をくすぐる商品

(PR)アマゾンで購入可能