80年代に大人気!ファミコン漫画雑誌『わんぱっくコミック』
2017年1月24日 更新

80年代に大人気!ファミコン漫画雑誌『わんぱっくコミック』

1985年から1989年まで刊行された漫画雑誌『わんぱっくコミック』。ファミコン攻略マンガが小学生たちに大ヒットしたことから、ラジコンやキョンシー、『ハリマ王の伝説』なる食玩シールなども扱うようになりました。しかし、手広くやり過ぎたことが仇となり、最終的には売り上げが低迷して廃刊、という悲しい結末をたどった漫画雑誌です。

5,574 view

『わんぱっくコミック』とは?!

『わんぱっくコミック』は、かつて徳間書店から発行されていた少年漫画雑誌。略称はわんコミ。
1985年11月に第一弾を刊行。当初は隔月刊の刊行だったが、1986年5月号から月刊化。1989年1月号で休刊。
徳間書店『わんぱっくコミック』

徳間書店『わんぱっくコミック』

徳間書店『わんぱっくコミック』創刊~廃刊号+増刊3冊

徳間書店『わんぱっくコミック』創刊~廃刊号+増刊3冊

ファミコン攻略マンガは大当たり!

『月刊コロコロコミック』などと同様、小学生が主対象の読者年齢層だった。『ゼルダの伝説』、『スーパーマリオブラザーズ』など当時人気のあったファミリーコンピュータ(ファミコン)ゲームを題材にした漫画が多く掲載された。任天堂やサンソフトといったソフトメーカーと直にタイアップを行い、キャラクターデザイナー自身によるコミカライズや、発売前のゲーム作品を連載の際、同時に開発スタッフのインタビューを同時掲載するなど、ゲームを軸にしたメディアミックスを本格的に行ったほぼ最初の漫画雑誌である。
月刊わんぱっくコミック 1987年1月号

月刊わんぱっくコミック 1987年1月号

「ファミコン大特集号!」と銘打って、当時の小学生たちをひきつけました!
「徳間書店 わんぱっくコミックス」

「徳間書店 わんぱっくコミックス」

連載されていたファミコン攻略マンガや、ファミコン関連マンガを単行本化したもの。
ゼルダの伝説 わんぱっくコミックス(ファミリーコンピュ...

ゼルダの伝説 わんぱっくコミックス(ファミリーコンピュータディスクシステム) コミック

発売日: 1986年
著者: 乱丸
発行: 徳間書店わんぱっくコミックス
ファミコン版での設定をもとに、著者がつくるオリジナルストーリーを楽しめる作品がたくさんありました。
メトロイド わんぱっくコミックス(ファミリーコンピュー...

メトロイド わんぱっくコミックス(ファミリーコンピュータ必勝テクニック完ペキ版10) コミック

発売日: 1986年
著者: みなづき由宇
発行: 徳間書店わんぱっくコミックス
こちらの「メトロイド」は有野課長がゲームセンターCXの番組内で読んで攻略に活用したという攻略マンガ。エロ漫画家の「ものたりぬ」こと、「みなづき由宇」の著作です。

あの『スーパーマリオくん』の前身マンガが連載!

スーパーマリオブラザーズ2 1巻 わんぱっくコミックス...

スーパーマリオブラザーズ2 1巻 わんぱっくコミックス(ファミリーコンピュータディスクシステム) コミック

発売日: 1986年
著者: 沢田ユキオ
発行: 徳間書店わんぱっくコミックス
『スーパーマリオくん』の前身にあたる作品。
徳間書店『わんぱっくコミック』1986年8月号から、第2部に相当する「スーパーマリオブラザーズ3」を含めると休刊(廃刊)号の1989年1月号まで連載された。
単行本は3巻までが発行されたが、現在全て絶版。第4巻の刊行が予定されていたが、『わんぱっくコミック』休刊に伴い発行されなかった。「マリオ2」は完結し、クッパとの決着は「マリオ3」に持ち越されたが、「マリオ3」は開始直後に(僅か2話で)『わんぱっくコミック』休刊に伴い未完となった。
なお、『スーパーマリオくん』が連載となる以前はこのマリオ2が沢田にとっての最長連載作品かつ最大巻数を発行したマンガだった。

マリオ初心者向け講座 第19回「スーパーマリオくんの前身」 - YouTube

今回はスーパーマリオくんの前身についてです マリオくんの前はこんなマンガでした
何年たっても画風が全く変わらないという安心感。「スーパーマリオブラザーズ2」から「スーパーマリオくん」へ引き継がれた要素が大きく、わんぱっく時代から、子どもたちの心を掌握するテクニックを兼ね備えていました。

タレントの「車だん吉」も執筆!

車だん吉 「お笑いマンガ道場」より

車だん吉 「お笑いマンガ道場」より

1976年から1994年まで放送された中京テレビのバラエティ番組『お笑いマンガ道場』で全国的に有名となり、プロ顔負けの漫画を披露し、人気を博した。マンガ道場での共演者であった漫画家 鈴木義司、富永一朗の推薦を受け、漫画家活動も行っており、漫画雑誌「わんぱっくコミック」や欽ちゃんの4コマ漫画おまけ付きい!(週刊漫画サンデー)などに漫画を掲載したこともある。
33 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

80年代~90年代のりぼん歴代連載作がスカイツリーに集結!「250万乙女のときめき回廊」1月9日から開催予定

80年代~90年代のりぼん歴代連載作がスカイツリーに集結!「250万乙女のときめき回廊」1月9日から開催予定

月刊少女漫画雑誌「りぼん」の創刊60周年を記念したイベント「250万乙女のときめき回廊 at TOKYO SKYTREE」が、2017年1月9日~3月31日までの期間限定で開催される。今回、80年代~90年代に連載された人気漫画が東京スカイツリーを彩る。
red | 1,890 view
懐かしさで涙が出そう・・・「FM STATION」のカセットレーベル集めてみたよ!

懐かしさで涙が出そう・・・「FM STATION」のカセットレーベル集めてみたよ!

カセットテープに使っていたカセットレーベル!今回は「FM STATION」のカセットレーベル集めてみたよ!
うーくん | 116,555 view
マリオやリンクが映画デビュー!?任天堂が映画界への参入を計画中!

マリオやリンクが映画デビュー!?任天堂が映画界への参入を計画中!

1985年発売の「スーパーマリオブラザーズ」を大ヒットさせ、世界的ゲームメーカーにまで成長した任天堂。その任天堂が映画業界へ進出の一報が入ってまいりました!過去にはハリウッドが手掛けて「?」となった実写化、今回はうまくいくのでしょうか!?
『スーパーマリオUSA』ってなんでUSA?実は元々はマリオのゲームじゃなかったんです!

『スーパーマリオUSA』ってなんでUSA?実は元々はマリオのゲームじゃなかったんです!

『スーパーマリオUSA』とは、任天堂が1992年9月にファミコン用ソフトとして発売したアクションゲームです。本作は番外的な作品で、作品自体は『マリオシリーズ』にしては地味な方ですが知名度はそこそこなのでタイトルだけなら聞いたことがあるという人も多いはず。ですが、なぜ ”USA” なのかを知っている人は少ないのでは? このタイトルには本作の特殊な発売経緯が関係していたのです。…調べてみましょう!
高速バスに追いやられた急行「こまがね」【鉄道ジャーナル1985年5月号より】

高速バスに追いやられた急行「こまがね」【鉄道ジャーナル1985年5月号より】

今や高速バスで「速くて安い」旅が楽しめる区間が多くなりましたが、かつてはそのような区間の多くに国鉄の「急行」電車が走っていました。そんな時代の入れ替わりの時期に発行された「鉄道ジャーナル1985年5月号」から、飯田線の急行「こまがね」と高速バスをご紹介します。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト