ラッツ&スターの前身!シャネルズ時代を振り返る!スター街道までの歩みとは?
2021年1月23日 更新

ラッツ&スターの前身!シャネルズ時代を振り返る!スター街道までの歩みとは?

メインボーカルの鈴木雅之や桑マンの愛称で親しまれる桑野さんらが組んでいたラッツ&スターは有名です。今回は、その前身となる「シャネルズ」時代の活躍やエピソードを振り返ってみました。

1,671 view

シャネルズの概要

Amazon | Heart&Soul | シャネルズ | J-POP | 音楽 (2253041)

シャネルズは、ソロ歌手としても活躍している鈴木雅之が1975年に高校時代の友人らと共に結成したバンドです。

初期メンバーの中には、度重なる不祥事で世間を騒がせてしまった田代まさし氏などもいました。
結成当時はアマチュアバンドでしかなく、メンバーそれぞれが別の仕事を持つ傍らで、時間を作っては演奏活動をしていました。

結成から数年の間は、TVの音楽番組やコンテストなどに出場するなど、目立った活躍があったわけではありませんがその才能とセンスを評価した業界人は多かったと後に語られています。
(山下達郎などはデビュー前からシャネルズの音楽を認めていたなど)

シャネルズはアマチュア時代にメンバーの入れ替えを経て、1980年にレコードデビューする頃には総勢10人という大所帯になっていました。

デビュー曲となる「ランナウェイ」がミリオンセラーのメガヒットを記録したことで、一気にシャネルズというバンドが世間に認知されることとなり、その後はラッツ&スターとバンド名を変えるなどして活躍します。

しかし、1986年にメインボーカルである鈴木雅之がソロデビューをした頃から、バンドとしての活動が大幅に減ってしまい、その後は不定期に新曲をリリースするも事実上の活動休止状態となってしまいました。

シャネルズの由来と改名した理由とは?

 (2253044)

シャネルズの由来は憧れのバンドから

シャネルズは、前述の通り高校を卒業した若者が仲間内で集まって結成したバンドでした。

そのため、バンド名の由来も「憧れの2つのバンド名」をもじっただけという、割と単純な由来でした。

シャネルズの由来となったバンドの1つは、1969年からアメリカで活動していたロックグループ「シャ・ナ・ナ」。
シャ・ナ・ナは、当時でいう所の「懐メロ」をカバーするというスタイルで、シャネルズもそれに倣い結成からしばらくはカバー曲ばかりで活動していました。

バンド名の由来となったもう一つのバンドは「ザ・チャンネルズ」という、年代的にはシャ・ナ・ナよりも古い1955年に結成されたドゥーワップグループです。

この二つのバンド名を混ぜて名付けられたのが「シャネルズ」で、名前だけでなくドゥーワップを中心としたスタイルなど多大なる影響を受けていることが判ります。

ラッツ&スターに改名した理由とは?

シャネルズは、プロデビューしてから数年後の1983年にバンド名を「ラッツ&スター」に改名しています。

ちなみに改名してすぐにリリースした曲が「め組のひと」なので、シャネルズよりもラッツ&スターという名称の方が印象深いという方も多いのではないでしょうか。
Amazon | SING!SING!SING! | ラッツ&スター | J-POP | 音楽 (2253049)

シャネルズの改名については、鈴木雅之さんを含めてメンバーが理由を明言していません。

しかし、有力な説として世界的ブランドとして有名な「シャネル(CHANEL)」と類似するバンド名が問題だったのではないかと言われています。

一介のアマチュアバンドがシャネルと誤解される名前でも問題はなくとも、認知度や影響力が高くなったことで、バンド名の改名を余儀なくされたと考えれば、確かに納得できますよね。

改名は、ある意味シャネルズがスターになった証・・だったのかもしれません。

シャネルズ(ラッツ&スター)の代名詞!黒塗りが産まれた経緯

 (2253052)

シャネルズ(ラッツ&スター)と言えば、顔を黒塗りしてお揃いの衣装を着て歌う姿が印象的です。

実は、シャネルズがアマチュアとして活動しいていた初期は顔を黒く塗ったり、お揃いの衣装を着るなどの演出はしていませんでした。

結成後、様々なコンテストやTV番組に出演するも中々手応えを感じられなかったシャネルズは、打開策を模索する日々が続いていました。

そんな中、インパクトのある演出として初期メンバーの一人だった田代まさし氏が提案したのが「顔を黒く塗る」というスタイルでした。

シャネルズ大成のきっかけとなるアイディアを生み出した田代まさし氏は、コメディアンとしてもアイディアマンとしても類稀なるセンスがあったことが判るエピソードですよね。

それだけに、田代氏が薬物に手を出してしまい出所と再逮捕を繰り返しているのは残念でなりません。

シャネルズ(ラッツ&スター)の活動休止と再結成

 (2253070)

シャネルズとしての活動期間は1975年~1983年。

ラッツ&スターとしては改名した1983年~1985年までが精力的に活動していた期間となっています。

記事内でも触れているように、明確に解散はしていないものの1986年の鈴木雅之ソロデビューをきっかけに、バンドとしての活動は激減しました。
事実上活動休止となった背景には、TVタレントとして桑野信義氏や田代まさし氏が活躍したことも大いに関係していたでしょう。

事実上、ラッツ&スターとしてリリースした最後の楽曲は1996年の「夢で逢えたら」となっています。

ラッツ&スターとしての活動は、休止→再結集を不定期に繰り返していましたが、メンバーの一人で当時人気タレントだった田代まさし氏が2000年に盗撮容疑で、さらに2001年には風呂を覗き覚せい剤所持が発覚したことで、長期的にラッツ&スターとして活動することはありませんでした。

度重なる田代まさし氏の不祥事でラッツ&スターが揃うことはありませんでしたが、2009年に規模は小さいながらも一度ラッツ&スターとして再結集して歌を披露しています。

その後も不定期ながら企画やベスト盤のリリースなどはありましたが、2019年に再び田代まさし氏が実に4度目となる違法薬物所持で逮捕されていることから、今後ラッツ&スターが懐かしのメンバーで揃うことは難しいでしょう。

まとめ

最近は鈴木雅之さんの目立った活躍も見られず、桑マンさんもめっきりTVで見なくなってしまいましたが、シャネルズ(ラッツ&スター)の楽曲は令和となっても久し振りに聞くと素晴らしいと感じます。

田代まさし氏の度重なる不祥事があり、再結集の話が出ては立ち消えるという流れにヤキモキしたファンも多かったのではないでしょうか。

改めてシャネルズの活躍を振り返ると、実質10年程度しか精力的に活動していなかったにも関わらず、楽曲が色あせないこともありもっと長く活躍していたように感じますよね。

シャネルズ、久し振りに聞いてみてはいかがでしょうか♪

最後までお読みいただきありがとうございました。
19 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • ゆうなパパ 2021/1/26 13:25

    >>マーチン様

    コメントありがとうございます!
    24年ぶりの紅白出場やアニソンでのブレイク、確かに仰る通り最注目されています。
    恥ずかしながらアニメソングでのご活躍は存じ上げておらず、リサーチ不足で不愉快な思いをさせてしまい申し訳ございませんでした><

    どうしても、ピーク時にメディアへの露出が高かった時の印象が強く
    最近あまりお見かけしないことからあのような記述になってしまいました。

    今後は、個人的な見解のみならずしっかりとしたリサーチを行い
    客観的な事実に基づいた記事作成につとめてまいります!

    マーチン 2021/1/25 09:07

    大物新人アニソン歌手と言われ、紅白まで出た昨年の活動をもってしても活躍をしていないとは。。

    評価の基準が厳しいですね。

    ゆうなパパ 2021/1/24 09:20

    >>通りすがりの住人さま
    コメントありがとうございます!
    ソロデビュー以降、精力的に活動されメディアで見る機会が多かった頃と比べて、最近は中々ご活躍を見かけることが少なくなったと個人的には強く感じ、それを悲しいと思っての記述でした。
    コロナ禍ということもあり、ディナーショーなども中止となるなど鈴木雅之氏に限ったことでは無いとはいえ、個人的な感想でご不快な思いをさせて申し訳ございませんでした><

    通りすがりの住人 2021/1/23 18:20

    「最近は鈴木雅之さんの目立った活躍も見られず…」

    何を根拠に記載されているのでしょうか?

    すべてのコメントを見る (4)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ラッツ&スターのメンバーの現在が凄い!!

ラッツ&スターのメンバーの現在が凄い!!

1980年にシャネルズの名前でデビューしラッツ&スターに改名しその後、1996年から20年以上に亘り活動を休止しているが、正式な解散はしていない。そんなメンバーの現在を追ってみました。
ギャング | 341,029 view
ダイアン津田のモノマネも話題!鈴木雅之がソロデビュー30周年記念ライブの映像をYouTubeでプレミア公開!!

ダイアン津田のモノマネも話題!鈴木雅之がソロデビュー30周年記念ライブの映像をYouTubeでプレミア公開!!

歌手・鈴木雅之が、2016年にソロデビュー30周年を記念して開催したライブツアー「masayuki suzuki taste of martini tour 2016 step1.2.3 〜 dolce Lovers 〜」の中から、同年9月22日に行われた東京・渋谷のオーチャードホール公演の映像をYouTubeにてプレミア公開することが明らかとなりました。
隣人速報 | 525 view
ドゥーワップを日本中に広めたことで知られるシャネルズ。彼らのシングルでドゥーワップを満喫しましょう!

ドゥーワップを日本中に広めたことで知られるシャネルズ。彼らのシングルでドゥーワップを満喫しましょう!

後にラッツ&スターと名前を変えるシャネルズは、80年に颯爽と登場しドゥーワップブームを日本中に巻き起こしました。シャネルズ名義で発売された9枚のシングルをとおしてドゥーワップの楽しさを満喫しましょう。
obladioblada | 6,064 view
【週刊 20世紀Walker】Vol.15 「飛鳥」「大周」もそうだけど「悪魔のささやき」に負けたスター達!!アナログレコードの世界!Vol4

【週刊 20世紀Walker】Vol.15 「飛鳥」「大周」もそうだけど「悪魔のささやき」に負けたスター達!!アナログレコードの世界!Vol4

ミドルエッジがオススメする昭和の男子女子が泣いて喜ぶフリマサイト「20世紀交歓所」。その中の逸品を所長の「山本圭亮」と編集部アルバイト「富田葵」がナウくキャッチーに紹介するコーナーです!
R&Bの先導者『鈴木雅之』。ハスキーボイスが繰り出すラブソングに酔わされましたね。

R&Bの先導者『鈴木雅之』。ハスキーボイスが繰り出すラブソングに酔わされましたね。

シャネルズ~ラッツ&スター~ソロシンガーへ。いつの時代もR&Bラブソングを世に送り続けた鈴木雅之。デビュー当時から変わらぬサングラスとヒゲ。こだわりを感じますね。そんな彼の代表曲をご紹介しましょう。
ナベゲン | 4,837 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト