2017年6月14日 更新

アメ車大好き!ヤンチャ『3代目コルベット』で決まりでしょ!!

1968年から1982年までGM(ゼネラルモーター)から製造・販売されたシボレー・コルベット。特にアメ車のスポーツカーで人気のあった車です。当時、周りでも何人か乗ってたので懐かしく思いまとめてみました。

6,954 view

シボレー・コルベット

コルベット スティングレー

コルベット スティングレー

黒のボディは純正でバットマンカーみたいでかっこよかったです。
シボレー・コルベット(Chevrolet Corvette)は、ゼネラルモーターズ (GM) のシボレーブランドによって販売されている、
アメリカンスポーツカーでコーベットとも表記されてます。

3代目C3型

シボレー コルベット スティングレイ

シボレー コルベット スティングレイ

個人的に大好きだった赤のボディ。
出典 calent.tv
シボレー コルベット C3コルベットスティングレイ

シボレー コルベット C3コルベットスティングレイ

バックスタイルもセクシー
出典 ucar.link
3代目は1968年から1982年まで製造・販売され。

通称コークボトルと呼ばれるボディラインを持つC3型コルベットで、
大胆に膨らんだ前後フェンダーとくびれたように見えるボディ中央部がコーラのビンを連想させたことから名づけられました。

車体の殆どがボンネットと言う印象💦でセクシーと言う言葉はこの車の為にあるぐらい思っていたのは私だけでしょうか?

デザイナー

日系デザイナー、ラリー・シノダ氏

日系デザイナー、ラリー・シノダ氏

ビル・ミッチェルと日系人ラリー・シノダがデザイン・スタディとして生み出したMako Sharkが原型で、そのデザインをほぼ踏襲しています。
ただ残念な事に3代目のデザインを最後にデザイナーを引退しました。
こんなカッコイイ、ラインの車もう出てこないのか。

スティングレイ

C3 コルベット スティングレー V8 加速サウンド

ネーミングにも変化が生じ、
1968年型は単にコルベットの名で販売されたが1969年型からスティングレイの呼称が復活しました。
ただ1978年のマイナーチェンジでは単にコルベットの名に改称されました。
個人的にはコルベット・スティングレイの響きが何とも言えず好きでした。
シボレー・コルベット

シボレー・コルベット

ライトオープン

2代目を引き継ぐも

シボレー コルベットスティングレイ (2代目 )

シボレー コルベットスティングレイ (2代目 )

特なスタイルと、バリエーションにコンバーチブルと量産車初のTバールーフのタルガトップを採用しながらも、
シャシーやサスペンションは基本的に2代目のC2型のそれを引き継いでいます。

ただしリトラクタブル・ヘッドライトは少々違い、
C3型のそれは回転式ではなく、カバーを上へ持ち上げるオーソドックスなメカを採用しています。

排気量7440

1968 Corvette: Debut of the C3

1968 Corvette: Debut of the C3

これぞロングノーズ
コルベット スティングレー

コルベット スティングレー

エンジンは基本的にキャリーオーバーで、
1969年にはビッグブロックユニットが排気量拡大の変更を受けて、
7,440ccまで引き上げられた。
標準エンジンであるスモールブロックユニットには基本的に変更はなく、
ビッグブロックユニットと同じ年に排気量5,358ccから5,738ccにまで拡大しているが、
額面上は同じ300馬力と変更はありません。

しかし当時のアメ車って、やたらと排気量あげたり、無駄にボンネットやバンパーがデカいのが多かったですね。

ボンネット開けてもエンジンルームがスカスカだったり・・・でもヤンチャな子はその無駄な事が好きなんです。(笑)

クロームメッキバンパー

シボレー コルベット C3コルベットスティングレイ

シボレー コルベット C3コルベットスティングレイ

乗った印象はボンネットが3畳一間で走ってる~と言う感じでした。W
出典 ucar.link
スティングレイの代名詞クロームメッキバンパーを1973年にやめ。

エンジンラインナップが大幅に整理され、ボアφ101.6×ストローク88.4mmで5,733ccのV8 OHVエンジン一本となり、
標準仕様は190馬力、オプションで210馬力、
更に排ガス規制の厳しいカリフォルニア州専用に、コンピュータ制御の排ガスコントロール装置を取り付けた仕様が存在し、180馬力を発生しました。
1972年からエンジン性能表示が変更され、
グロス値からネット値に移行したため、
従来よりも低い馬力換算がされていたものの、
このエンジンは従来のものより確実にパワーダウンを強いられました。
なんて事だ~
Chevrolet Corvette C3 シボレー ...

Chevrolet Corvette C3 シボレー コルベット C3型

マイナーチェンジ

コルベット スティングレー

コルベット スティングレー

大きなマイナーチェンジは1978年のことです。

大きな変更点として、それまで垂直に降り立つリアウインドウが、ルーフからボディ後端までを繋ぐ湾曲した一枚ガラスに変化し、
規制によって5マイルバンパーが装着された。
オプション設定にはグラストップが追加されるが、
これはコルベットがスポーツカーというより、
長距離を高速で移動することに主眼を置いたGTカー的な方向に寄ったものであることを示しています。

最後に・・・

コルベット スティングレー

コルベット スティングレー

自分ではチョット実用的な車では無かったので買えなかったけど、
友達2人が乗ってて、何度か運転させてもらったけどボンネットのデカさに前の車との車間距離がつかめず信号待ちなど、エライ離れて止まってたのを思い出しました。W
36 件

20世紀交歓所20世紀しばりのフリマサイト

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

   

関連する記事こんな記事も人気です♪

『カマロZ28』大好きだった二代目!!まとめ・・・

『カマロZ28』大好きだった二代目!!まとめ・・・

シボレー・カマロとくに1970年~1981年まで販売されてた二代目カマロZ28がヤンチャな世代でも大人気でアメ車の中でもコルベットやトランザムなどと人気を争った1台ではないでしょうか。そのカマロをまとめてみました。
ギャング | 3,585 view
「トヨタ×GM」も短命に終わった、所さんのCMも懐かしいトヨタ・キャバリエ。

「トヨタ×GM」も短命に終わった、所さんのCMも懐かしいトヨタ・キャバリエ。

「楽ち~んキャバリエ~♪」など、所ジョージのキャラクターがが前面に打ち出されたトヨタ・キャバリエ。個性的なネーミングもさることながら、トヨタとGM(ゼネラルモーターズ)が組んだことも話題となりました。およそ5年と短命に終わったトヨタ・キャバリエについて。
シボレー、LEGOブロックで作った実物大「バットモービル」を公開!総使用数34万4187個のブロック使用

シボレー、LEGOブロックで作った実物大「バットモービル」を公開!総使用数34万4187個のブロック使用

シボレーが、LEGOブロックで作られた実物大の「バットモービル」を公開した。今回、使用された17色のLEGOブロックは、34万4187個にもおよんでいる。
red | 1,363 view
マラネッロ発『Ferrari Portofino(フェラーリ ポルトフィーノ)』が発表

マラネッロ発『Ferrari Portofino(フェラーリ ポルトフィーノ)』が発表

新型 GT、マラネッロ発『Ferrari Portofino(ポルトフィーノ)』が発表された。同車は9月のフランクフルト国際モーターショーでワールドデビューする。
『シャコタンブギ』出演者のその後・・・気になりませんか?

『シャコタンブギ』出演者のその後・・・気になりませんか?

『シャコタン☆ブギ』は、楠みちはるによる日本の漫画、またこれを原作とした実写版映画1987年に東映系にて公開されました。その出演者のその後を追ってみました。
ギャング | 24,879 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト