『ガンプラり歩き旅』その35 ~何があったか? 今はゆるキャラ、アッガイたん!~
2017年11月9日 更新

『ガンプラり歩き旅』その35 ~何があったか? 今はゆるキャラ、アッガイたん!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第35回は、ジオン水泳部で、なぜかここ37年で一番の出世頭・アッガイのHGUCです!

3,750 view
また、設定身長のアニメ版時のミス定義からか、全体のボリュームや身長が、『機動戦士ガンダム』を見慣れた者からすると、それでも大きすぎるという点は、HGUC版のミスとしてカウントするかどうかは悩むところ。
確かに、設定頭頂高とキットの大きさのズレの問題は、他でもHGUC ゲルググなどでも発生していたが、このアッガイの大きさはさすがに頭を捻ってしまう。「アッガイは、ザクが着込んだ潜水服だ」などというギャグも、元々の設定に「ザクのジェネレーターやパーツを流用して設計された」というのもあったからか、笑えないレベルの大きさに、HGUCは出来上がっている。
腕と脚の関節。膝関節はやはりボディ色で塗装。ここまでは...

腕と脚の関節。膝関節はやはりボディ色で塗装。ここまでは曲がるのだが、体育座りはさすがに無理だった

それゆえに、基本関節可動範囲はHGUCの中でもトップクラスを誇るが、そもそもアッガイに、そんなに多彩なポージング能力が必要なのかという問いかけと共に、では、アッガイのイメージビジュアルである「体育座り」が出来るのかというと、膝関節も股間関節も頑張っているのだが、結局体育座りは出来ず、その「体育座りをするアッガイ」の座は、2005年に先行して発売されたMG版が成し遂げているが、それの縮小版というわけにはいかなかったというのが現実か。

体育座りの顛末を改めて考えても、今にしてこのHGUC アッガイを見つめなおすと、HGUCも80作目辺りに近づき、当初の「初登場アニメ作品時のデザインを尊重しつつ、1/144スケールでできる範囲のギミックを仕込む」HGUC基本コンセプトが、マンネリ化が進むと同時に、逆にMGの側での技術革新が進み、それをフィードバックした、1/144版MGにしたいという欲が出てきた頃合いではなかったかと思われる。
その欲自体は決して悪いものではないが、1/100には1/100の、1/144には1/144の、それぞれスケール、サイズに見合った情報量やシリーズの役目という住み分けが大事であり、安易に1/144が1/100のダウンスケールになってもどちらもデメリットしかないだろうと思うのが、筆者の私見である。
可動軸を仕込みづらい関節に、可動アクションをくまなく仕...

可動軸を仕込みづらい関節に、可動アクションをくまなく仕込んだ設計の仕事っぷりは、賞賛すべきである

いろいろ文句を書き連ねてきたが、このアッガイは1/144 HGUC屈指の傑作キットであることは間違いはない。
クリアパーツを使ったモノアイレールの可動は、HGUC ドムのモノアイ可動の発展形ともいえるし、ほぼ全ての色分けがパーツ単位で完成しているところも手放しで称賛したい。
なので今回は、毎度お馴染み「関節を四肢色で塗る」に徹し、腕部は改めて塗装する場所がない代わりに、大きくポージングに影響して露出する首関節と、膝の関節を艦底色で塗装した。
モノアイは、シールを紛失したので、ピンクで塗装(笑)
ジオン水陸両用モビルスーツの中では、HGUC随一のクオリティのキットであろう。
25 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『ガンプラり歩き旅』その46 ~改良強化新型・グフ登場! ザクとはちがうのだよ、ザクとは!~

『ガンプラり歩き旅』その46 ~改良強化新型・グフ登場! ザクとはちがうのだよ、ザクとは!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第46回は、名将・ランバ・ラルが乗り込んだモビル・スーツ、グフです!
市川大河 | 4,740 view
『ガンプラり歩き旅』その36 ~モビル・スーツの形をした、水陸両用メガ粒子砲台、その名もゾック!~

『ガンプラり歩き旅』その36 ~モビル・スーツの形をした、水陸両用メガ粒子砲台、その名もゾック!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第36回は、ジオン水泳部ラスト。巨大なボディで鈍重なゾックのHGUC版です!
市川大河 | 4,622 view
『ガンプラり歩き旅』その33 ~1日ザクではない、旧ザクだ!~

『ガンプラり歩き旅』その33 ~1日ザクではない、旧ザクだ!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第33回は、『機動戦士ガンダム』(1979年)本編では、既に旧式モビルスーツとして扱われていた、旧ザクことザクⅠの紹介です!
市川大河 | 5,641 view
『ガンプラり歩き旅』その30 ~ジオン驚異のメカニズム! 20年目の復活のザク! 後編 量産型編~

『ガンプラり歩き旅』その30 ~ジオン驚異のメカニズム! 20年目の復活のザク! 後編 量産型編~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第30回は、ガンダムメカマニアの56%(推定)が「ガンダムより好き」と即答する、量産型ザク!
市川大河 | 9,381 view
『ガンプラり歩き旅』その29 ~シャアがくる! 20年目の復活のザク! 前編 シャア専用編~

『ガンプラり歩き旅』その29 ~シャアがくる! 20年目の復活のザク! 前編 シャア専用編~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第29回は、みなさんお待ちかね! ガンダムファイト! ……じゃなかった、皆さんお待ちかねの、シャア専用ザク、HGUC版です!
市川大河 | 4,776 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト