2017年11月14日 更新

イタリア代表が60年振りにW杯予選敗退!1997年のプレーオフではロシアに勝利するも今回はスウェーデンに屈す!

2018年サッカーワールドカップ・ロシア大会の欧州予選プレーオフが行われ、過去4度の優勝を誇るアズーリことイタリア代表の予選敗退が決定。1997年のプレーオフではロシアに勝利するも、今回は3大会振りの本大会出場を目指すスウェーデンに屈した。

245 view

イタリア代表が1958年大会以来、60年振りにW杯予選で敗退が決定!

2018年に開催されるサッカーワールドカップ・ロシア大会の欧州予選プレーオフ・セカンドレグが行われ、過去4度の優勝を誇るアズーリことイタリア代表の予選敗退が決定した。

スウェーデン代表と対戦したイタリア代表は、0-0のスコアレスで引き分けた。
初戦をアウェイで0-1と落としているイタリア代表は、ホームのサン・シーロスタジアムで2得点が必要な状況であったが、得点を奪えず、2試合合計0-1で敗れた。

イタリア代表がワールドカップの出場権を逃すのは、1958年スウェーデン大会以来、60年ぶりとなる。一方のスウェーデン代表は、2006年のドイツ大会以来、3大会ぶり12度目の出場となる。

過去4回の優勝実績を持つイタリア代表

イタリア代表はワールドカップ本大会出場回数18回、その中で優勝を4回重ねており、優勝5回のブラジル代表に次ぐ、優勝回数(ドイツと同数)となっている。

優勝した年は1934年、1938年、1982年、2006年。

1982年のスペイン大会では、チームは1次リーグこそ不調だったが、2次リーグ以降は持ち直し、6得点を量産し得点王に輝いたパオロ・ロッシに牽引されるように、決勝で西ドイツを3-1で破り、3度目の優勝を決めている。

また、惜しくも優勝こそ逃したが、ミドルエッジユーザーの方々には、1994年のアメリカ大会でブラジルと対戦した決勝も思い出深いのではないだろうか。

決勝は0-0のスコアレスとなり、ワールドカップ決勝で初めてPK戦にもつれ込んだ。
エースであるロベルト・バッジョが最後のキッカーとして登場するも、枠を大きく外してしまい、ブラジルの優勝が確定した。その直後、うなだれるバッジョの姿は、今もワールドカップの印象的なワンシーンとして扱われている。

Making soccer history

3:57~ バッジョのPKシーン

1997年はプレーオフに回るも、本大会出場を決めていた

1998年ワールドカップ・フランス大会の出場権をかけた1997年の予選では、前回大会で出場を逃していたイングランドの後塵を拝し、グループ2位となった。

プレーオフではロシアと対戦。今回と同じアウェイでの初戦を1対1の引き分けるも、第2戦のホームではピエロルイジ・カシラギが得点を挙げ、1対0で勝利し、本大会出場を決めた。

なお、今回のロシア大会予選でもゴールマウスを守り、”最後のワールドカップ”と明言していたGKのジャンルイジ・ブッフォンは、雪の中で行われたロシアとのプレーオフで、GKの負傷交代という形で途中出場し代表デビューを飾っている。当時ブッフォンは19歳であった。

2022年のカタール大会では、復活したアズーリの快進撃に期待したい。

オススメの特集記事

12 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

   

20世紀交歓所20世紀しばりのフリマサイト

関連する記事こんな記事も人気です♪

あれから20年・・・1997年11月16日『ジョホールバルの歓喜』に至る激闘史を時間軸に沿って振り返る

あれから20年・・・1997年11月16日『ジョホールバルの歓喜』に至る激闘史を時間軸に沿って振り返る

ワールドカップ出場が夢のまた夢だった時代があった。それはついこないだのようだが、1997年11月16日の『ジョホールバルの歓喜』から20年が経つ。サッカー日本代表の1997年アジア最終予選を時間軸に沿って振り返ってみる。
ひで語録 | 1,641 view
「ジョホールバルの歓喜」から20年!決勝ゴールの岡野氏を迎えたトークイベントが6月1日に開催!

「ジョホールバルの歓喜」から20年!決勝ゴールの岡野氏を迎えたトークイベントが6月1日に開催!

サッカー男子日本代表が、1997年に悲願のワールドカップ出場を決めてから20年という節目に合わせ、トークイベント「朝日新聞紙面でみる『炎の70日』と『ジョホールバルの歓喜』」が6月1日(木)に開催される。ゲストにはイラン代表との試合で、延長戦で決勝ゴールを決めた岡野雅行さんが招かれている。
日本サッカーが世界への切符を手に入れた年。ワールドカップ初出場決定から20年!記念ユニフォームが限定発売!

日本サッカーが世界への切符を手に入れた年。ワールドカップ初出場決定から20年!記念ユニフォームが限定発売!

サッカー日本代表がFIFAワールドカップ本戦初出場を決めた1997年から今年で20年。アディダス ジャパン株式会社は、5月1日(月)0:00より2万枚限定で“FIFAワールドカップ初出場決定20周年メモリアルユニフォーム”を発売する。
”オフサイドポジションで生まれた男”インザーギ!裏への飛び出しで得点王!

”オフサイドポジションで生まれた男”インザーギ!裏への飛び出しで得点王!

イタリア代表FWであり、ユベントスやACミランで活躍したフィリッポ・インザーギ。弟のシモーネ・インザーギとはイタリア代表で同時出場を果たしている。裏への飛び出しに長けたインザーギの現役時代を振り返る。
ひで語録 | 2,295 view
金髪のライオン丸・バルデラマ!’90年W杯でのスルーパスは”シルクの糸”と称された!

金髪のライオン丸・バルデラマ!’90年W杯でのスルーパスは”シルクの糸”と称された!

90年代のコロンビア代表を牽引したバルデラマ。独特のヘアスタイルもあって非常に覚えやすかった。また、そのプレイスタイルはど派手な頭とは違って、繊細なパスが持ち味だった。バルデラマのワールドカップでの活躍を中心にまとめる。
ひで語録 | 4,664 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト