”オフサイドポジションで生まれた男”インザーギ!裏への飛び出しで得点王!
2017年3月4日 更新

”オフサイドポジションで生まれた男”インザーギ!裏への飛び出しで得点王!

イタリア代表FWであり、ユベントスやACミランで活躍したフィリッポ・インザーギ。弟のシモーネ・インザーギとはイタリア代表で同時出場を果たしている。裏への飛び出しに長けたインザーギの現役時代を振り返る。

3,991 view

兄弟で活躍したフィリッポ・インザーギ

DFの裏を貪欲に狙い、オフサイドトラップをかいくぐり、ゴール前に飛び込んで得点を挙げる。それがインザーギの得点パターンだった。

その際は華麗なゴールとは限らず、ひざや太ももでも構わない。身体のどこかに当たってゴールネットを揺らせばそれで良かった。
それがフィリッポ・インザーギというFWだった。
泥臭いストライカー!フィリッポ・インザーギ!

泥臭いストライカー!フィリッポ・インザーギ!

※画像はトレーディングカードWCCF
ラツィオ等に在籍した同じくFWのシモーネ・インザーギを弟に持ち、90年代中頃から兄弟で活躍。イタリア代表では、2000年のイングランド戦で弟と共に出場を果たしている。

3歳年下の弟よりも兄の方が実績では勝り、雑誌等で「インザーギ」と表記してある場合は、兄を指す事が多い。
弟のシモーネ・インザーギ

弟のシモーネ・インザーギ

※画像はトレーディングカードWCCF

インザーギの評価

いつの時代も重宝される、いわゆる嗅覚のストライカー。
常にオフサイドラインぎりぎりの所でポジションを取り、一瞬の動きでゴールを陥れる。
パワーで劣り、体格で劣り、特別な技術を持っているわけでもない。インザーギの武器はスピードと自分に対する自信に他ならない。
ユベントス時代

ユベントス時代

誕生日:1973年8月9日
身長:181cm
体重:74kg
出典 k-bass.com
彼はサポーターから、「スーペル(イタリア語で「超越的な」という意味。スーパー)ピッポ」と呼ばれる。
一見、能力的には、ごく普通の選手にしか見えないインザーギが、スーペルピッポと呼ばれるのは、なぜなのだろうか。

インザーギ 動画集

「フィリッポ・インザーギ」ACミラン時代のスーパーゴール集

Filippo Inzaghi - All Goals for AC Milan!

inzaghi kills barca

来歴

当時セリエBだったピアチェンツァの下部組織に所属し、1991年にトップチームへ昇格する。
翌年からは2クラブへレンタル移籍する。レッフェで21試合に出場し13得点を記録。その翌年はエラス・ヴェローナに渡り、36試合に出場し13得点を記録した。

この活躍で1994年に開催されたU-21の欧州選手権のイタリア代表にも選出され、後の代表でも共に戦うクリスティアン・ヴィエリやアレッサンドロ・デル・ピエロと出場している。

その後ピアチェンツァに戻り、37試合に出場し15得点を記録。クラブはセリエBで優勝しセリエAに昇格。この活躍で当時の強豪だったパルマに引き抜かれた。

しかし、パルマではストイチコフやジャンフランコ・ゾラらの壁が厚く、途中出場が多く、足首の骨を骨折もあり、15試合出場でわずか2得点だった。
パルマで同僚だったジャンフランコ・ゾラ

パルマで同僚だったジャンフランコ・ゾラ

1995-96シーズン終了後にはパルマから放出され、アタランタに移籍。
これが転機となり、インザーギは得点を量産し、リーグ最多の24得点を挙げ、得点王に輝いた。

そして、かねてより入団を熱望していた名門ユベントスに入団を果たす。
1997-98シーズン、インザーギとデル・ピエロのコンビ(後に「デル・ピッポ」と評される)は、前半戦あまり波には乗れなかったものの、結果としてインザーギが18得点、デル・ピエロが21得点を挙げ、リーグ2連覇に貢献した。
デル・ピッポと呼ばれた名コンビ(左がデル・ピエロ、右が...

デル・ピッポと呼ばれた名コンビ(左がデル・ピエロ、右がインザーギ)

以降は、内転筋の炎症やチームのドーピング疑惑等、プレイに集中出来ない状況が続いた。また、チームがフランス代表のストライカー・トレゼゲを獲得した事もあり、出場機会が減少。
2001年にACミランへ移籍金約27億円で移籍する事になった。

2002-03シーズンはチームトップの17得点を挙げた。
また、チャンピオンズリーグ・準々決勝のアヤックス戦で、自らの先制ゴールをはじめとした全得点に絡む大活躍を見せ、チームの6度目のビッグイヤー獲得に貢献した。

以降も活躍を続け、2009年3月にキャリア300ゴールを達成。2010年11月には欧州カップ通算70得点目の歴代最多得点記録(当時)を達成している。
ACミラン時代

ACミラン時代

32 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

クリスティアン・ヴィエリ!所属チームがコロコロ変わった”重戦車”!

クリスティアン・ヴィエリ!所属チームがコロコロ変わった”重戦車”!

ガッチリとした体格で、パワフルなプレースタイルから”重戦車”との異名をとったクリスティアン・ヴィエリ。ユヴェントスやインテルなどを渡り歩いたヘディングの強いFWだった。スペインのリーガ・エスパニョーラで得点王も獲得している。
ひで語録 | 3,760 view
ACミランでホンダの先輩10番!クロアチアの英雄・ボバン!’98W杯では大活躍!

ACミランでホンダの先輩10番!クロアチアの英雄・ボバン!’98W杯では大活躍!

クロアチア・イモツキ出身のズボニミール・ボバン。キングカズこと三浦知良も所属していた「ディナモ・ザグレブ」でプロデビュー。暴動での暴力行為で出場停止処分を受けるが、ACミランやフランスワールドカップで大活躍した。そんなボバンを特集!!
ひで語録 | 3,686 view
多彩なパスで魅了したベロン!仏W杯で日本と対戦!ラツィオで活躍!

多彩なパスで魅了したベロン!仏W杯で日本と対戦!ラツィオで活躍!

アルゼンチン代表として3大会に出場したファン・セバスチャン・ベロン。父親も名選手だった。セリエAのパルマ、ラツィオで活躍した。長短織り交ぜたパスで世界中のサッカーファンを魅了し続けた。
ひで語録 | 1,699 view
僕らの世代はミランの10番と言えば、本田圭佑ではなく「マヌエル・ルイ・コスタ」だ!!

僕らの世代はミランの10番と言えば、本田圭佑ではなく「マヌエル・ルイ・コスタ」だ!!

「マヌエル・ルイ・コスタ」。 ポルトガル黄金世代の中心人物の一人。また、アイデア豊かなパスで状況を打開したパサーでもありました。セリエAのフィオレンティーナやACミランでも活躍した名選手であり、誠実な人柄も愛される偉大な選手でした。
あれから20年・・・1997年11月16日『ジョホールバルの歓喜』に至る激闘史を時間軸に沿って振り返る

あれから20年・・・1997年11月16日『ジョホールバルの歓喜』に至る激闘史を時間軸に沿って振り返る

ワールドカップ出場が夢のまた夢だった時代があった。それはついこないだのようだが、1997年11月16日の『ジョホールバルの歓喜』から20年が経つ。サッカー日本代表の1997年アジア最終予選を時間軸に沿って振り返ってみる。
ひで語録 | 2,672 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト