【サッカー列伝】ゴーグルの暴君 エドガー・ダービッツ!性格もプレイもどう猛でした!
2018年12月22日 更新

【サッカー列伝】ゴーグルの暴君 エドガー・ダービッツ!性格もプレイもどう猛でした!

ゴーグルがトレードマークのエドガー・ダービッツ!プレイだけでなく、ピッチ外の性格もかなり気性が荒いタイプでした!特集です。

38,286 view
エドガー・ダービッツ

エドガー・ダービッツ

エドガー・ダービッツ

エドガー・スティーヴン・ダーヴィッツ

「国籍」オランダ
「生年月日」1973年3月13日
「身長」169cm
「体重」68kg
「ポジション」MF
「所属」アヤックス・アムステルダム

選手としての特徴

優れた身体能力とテクニックを併せ持ち、無尽蔵のスタミナでピッチ狭しと動き回る姿は、まさに闘犬と呼ぶにふさわしい選手でした。

守備では対人プレーに強く相手のボールを絡め取り、カウンターでは前線まで走り込んで得点にも絡んできます。利き足である左足から放たれる強烈なミドルシュートや、機を見て仕掛けるドリブル強行突破も彼の武器でした。

ですが、その気性の荒さが物議を醸す言動となってしまうことも多々あったようで…。
トレーディングカード

トレーディングカード

上記にもあるように、ダービッツには「闘犬」という異名があります。
ピッチを獰猛に走り、ボールを奪い取るプレイがまさに「闘犬」。印象的な選手でした。

しかしピッチ外でも、そのプレイをそのまま表したような性格だった模様。
サッカー選手としては見てみたかったですが、友達としては会いたくなかった選手ですね。

クラブ

多くの有名選手を輩出したアヤックスのユースで育ち、1991年にトップチームにデビューしたダービッツ。

1992年から1995年までの3シーズンに渡りリーグ優勝を果たし、1994年にはUEFAチャンピオンズリーグ優勝に貢献しました。
 
献身的なプレイが認められ、1996年にはACミランに移籍。しかし、ミランのチームに馴染めず、1シーズン余りでチームを後にし、1997年にシーズン途中でユベントスに加入。
ユベントス移籍後は不動のレギュラーとして活躍し、UEFAチャンピオンズリーグ準優勝、リーグ優勝を果たします。

また2003年途中に移籍したバルセロナでは、崩壊寸前であったチームを蘇らせる原動力となり、チャンピオンズリーグ出場すら危ぶまれたチームを最終的にはリーグ2位にまで押し上げました。

所属クラブ

期間 クラブ
1991~96 オランダ AFCアヤックス
1996~97 イタリア ACミラン
1997~2004 イタリア ユベントス
2004 スペイン FCバルセロナ
2004~05 イタリア FCインテル・ミラノ
2007~08 オランダ AFCアヤックス
2010 イングランド クリスタル・パレスFC
2012~13 イングランド バーネットFC

FCバルセロナ 復活のきっかけ

大きくバルサを変えた"闘犬"エドガー・ダービッツ。
数か月しか在籍していなかったにも関わらず、このオランダを代表する中盤の闘犬の加入によりバルサのサッカーは大きく変貌。強烈な個性と存在感を示し、低迷するチームが浮上するきっかけにもなりました。
ピッチ上のダイナモとして、まさに発電機のように強く、重量感のあるハードワークを見せてくれましたね。テクニックもあり、強烈な左足もあるため攻撃面でも大きく貢献しました。

代表

オランダ代表デビューは1994年4月20日アイルランド戦。

1998年のフランスワールドカップでは6試合に出場、決勝トーナメント一回戦ユーゴ戦では試合終了間際に強烈なミドルシュートを叩き込み勝利に貢献している。

EURO2000にもフランク・ライカールト監督に率いられて全試合に出場しベスト4進出に貢献した。
しかし、ルイス・ファン・ハール監督に率いられた2002年W杯欧州予選ではチームの低迷(ファン・ニステルローイの離脱等)からその姿を日本、韓国に現す事は出来なかった。
こんなフィギュアなんかもありました

こんなフィギュアなんかもありました

2004年EURO2004 ポルトガル大会では、準決勝ポルトガル戦まで駒を進めた。

その後、代表監督ディック・アドフォカートが退任し1990年代の伝説的選手でもあったマルコ・ファン・バステンが代表監督に就任。
彼はエドガーを代表キャプテンに指名したが、インテルでの出場機会の激減により、代表の座から遠ざかっていった。

また、2006年ワールドカップでは、代表候補まで選ばれたが、最後に落選して出場することはなかった。

問題行動多数

気性が荒いのはピッチ上だけではなく、オランダ代表内部でダーヴィッツらスリナム系と白人系で人種差別問題の内紛が起きた際には、その先鋒に立ち、大会中にもかかわらず代表チームから離脱。勝手に帰国してしまったこともあったそうな。

ヒディング監督を批判したこともあるとか・・・。

他にもACミラン時代に、ストリートファイトをしたあげく相手をメリケンを装着した拳で殴りつけ裁判沙汰になったことも。

ユベントスでは当時の監督の起用法に怒り生中継中のカメラに向かって不満をぶちまけ、多額の罰金が科せられています。

ダービッツと日本と中田英寿

31 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

元祖ロナウド!怪物と呼ばれた世界最高のストライカー!大活躍はブラジル代表だけではありません!

元祖ロナウド!怪物と呼ばれた世界最高のストライカー!大活躍はブラジル代表だけではありません!

90年代最高のストライカー「ロナウド」 バロンドールを2度も受賞した規格外のFWでした。彼の活躍を90年代を中心にまとめてみました。
ひで語録 | 11,665 view
【サッカー列伝】デビッド・ベッカムの貴公子っぷりとあの懐かしい髪型を特集します!

【サッカー列伝】デビッド・ベッカムの貴公子っぷりとあの懐かしい髪型を特集します!

デビッド・ベッカムは元イングランド代表のサッカー選手。イケメン過ぎるサッカー選手として、日韓W杯の開催中に大変な人気を集めましたよね!
ひで語録 | 17,363 view
【サッカー列伝】東欧のマラドーナことゲオルゲ・ハジ 「20世紀の偉大なサッカー選手100人」でも上位に選ばれました

【サッカー列伝】東欧のマラドーナことゲオルゲ・ハジ 「20世紀の偉大なサッカー選手100人」でも上位に選ばれました

東欧のマラドーナと呼ばれたゲオルゲ・ハジ。若い頃より有望サッカー選手として注目されていました。'94アメリカW杯ではルーマニア躍進の中心となりました。
ひで語録 | 5,736 view
【サッカー列伝】ダビド(ダヴィド)・トレゼゲ。各国のリーグで活躍したフランスを代表するストライカーでした。

【サッカー列伝】ダビド(ダヴィド)・トレゼゲ。各国のリーグで活躍したフランスを代表するストライカーでした。

ダビド(ダヴィド)・トレゼゲは、ユヴェントスやフランス代表で得点を量産したフォワードです。イタリア以外にも、各国のリーグで結果を残した点取り屋でした。実はアルゼンチン育ちだそうです。
ひで語録 | 6,211 view
【サッカー列伝】世界トップレベルの技術屋さん クラレンス・シードルフ CLを3度制した稀有な選手です。

【サッカー列伝】世界トップレベルの技術屋さん クラレンス・シードルフ CLを3度制した稀有な選手です。

クラレンス・シードルフ(セードルフ)はオランダを代表するミッドフィルダーでした。アヤックス黄金世代から始まり、レアル・マドリード、ACミランとCL制覇に貢献しました。
ひで語録 | 3,180 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト