男子定番バック!porterブームは80年代からだった
2016年2月9日 更新

男子定番バック!porterブームは80年代からだった

バックに財布と、今はミドルエッジ世代から若者まで幅広い男子(男性)の定番となっているporter(ポーター)。多くの人が少なくとも一つは持っているのではないでしょうか?そんなporter、ブームは80年代からだった!?って知ってましたか?

5,358 view

男子定番バック!porterブームは80年代からだった

バックに財布と、今はミドルエッジ世代から若者まで幅広い男子(男性)の定番となっているporter(ポーター)。多くの人が少なくとも一つは持っているのではないでしょうか?そんなporter、ブームは80年代からだった!?って知ってましたか?
 (1569903)

まず吉田カバンの歴史を見てみよう!

porterを出しているメーカーと言えば「吉田カバン」。その名のとおり、Made in JAPANのメーカーですよね。日本製らしい繊細かつ頑丈な作りでお馴染みのporterですが、そんなporterを生み出した吉田カバンの歴史を見てみましょう。
1935年(昭和10年)に「吉田鞄製作所」が吉田吉蔵によって創業され、1962年(昭和37年)に自社ブランドである「PORTER」を立ち上げる。

1983年(昭和58年)にPORTERブランドにおける定番商品となる「TANKER」シリーズを発表。その翌年の1984年(昭和59年)には「Luggage Label」ブランドを新たに立ち上げる。

創業者である吉蔵の息子は吉田カバンのデザイナーを務め、三男の吉田克幸は1981年に日本人として初めて「NYデザイナーズ・コレクティブ」のメンバーに選出された。

その他直系ブランドとして、藤原ヒロシプロデュースブランドの「HEAD PORTER」や一般的に取り扱っていない吉田カバンを取り扱っている「B印YOSHIDA」や「クラチカヨシダ」などがある。「HEAD PORTER」はカバン以外にも衣服(「HEAD PORTER +PLUS」ブランド扱い)もプロデュースしている。「HEAD PORTER」ブランド商品は、原宿とニューヨークにある直営店での販売および原宿店での通信販売のみとなっている。一度あたりの生産数は少量であり、人気商品の入荷日には原宿店の店頭に行列ができることもある。

他にも色々な製品と連鎖してPowerBookやiPod、VAIOなどとコラボレーションしたバッグやケースも販売している。

これらの吉田カバンブランドの各商品はインターネットオークションにおいても高値で取引されるほか、偽物が流通することもあり、2006年2月2日にはインターネットオークションにおいて吉田カバンの偽物を約7,200人に販売した母子2人が逮捕された事例も生じている。
 (1569909)

porterが生まれたのは1962年(昭和37年)

上記の歴史にも記載されていますが、porterが生まれたのは1962年(昭和37年)。後述するように、ブームが80年代からであることからも分かるように、当初は、一部の先見の明があった人以外は、あまり一般的に認知度が高い商品ではなかった。
当時(1968年)から現在まで続いているシリーズが、「バロン」。
オールレザーの大人の中の大人が持つイメージのバックなだけに、今のporterをイメージすると、初期はちょっと意外かもしれませんね。

BARON | SHOULDER BAG | 吉田カバン | YOSHIDA & CO., LTD.

32,000
一針入魂でカバン製作をしています。ポーター、ラゲッジレーベルの吉田カバン。
もちろん、今も現役で売ってますよ!
黒やこげ茶色もありますが、バロンと言えば、やはり茶色でしょう。

やはりporterブレイクのきっかけはタンカー

porterブームのきっかけは、ズバリ1986年映画「トップガン」大ヒットの影響で、アメリカを始め、日本を含む全世界で大人気となったジャンバー「MA-1」。
そんなMA-1に合うバックとして、porterのタンカーがアメリカから火が付いたと言われています。
G-SHOCKもそうですが、逆輸入的アイテムって多いですよね。日本人らしいですが・・・。
そこからはporterがブームから定番になるまで約30年間走り続けることになります。
やはりブームの始めは80年代だったということです。
 (1569921)

 (1569920)

TANKER | CAMERA BAG(S) | 吉田カバン | YOSHIDA & CO., LTD.

18,000
一針入魂でカバン製作をしています。ポーター、ラゲッジレーベルの吉田カバン。
やっぱりタンカーは、この深緑カラーでしょう。MA-1にもこのカラーが一番合います!

90年代にはタンカーの財布も人気に

80年代後半、若者のファッションとして根付き始めたporterですが、価格も20000円前後と決して安いものではなく、大学生や社会人などそれなりにバイトや仕事をしてお金があるか、もしくは高校生以下でもおぼっちゃんだけだった。しかし、90年代くらいに入ると、5000円前後でも買える財布タイプのporterタンカーにもブームに火が付き、中高生などでも多く所有するようになった。
 (1569925)

TANKER | WALLET | 吉田カバン | YOSHIDA & CO., LTD.

6,500
一針入魂でカバン製作をしています。ポーター、ラゲッジレーベルの吉田カバン。
当時、使っていた人も多いのでは!?

HEAD PORTERの誕生で今までとは違うファッション層も虜に

40 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「美少女戦士セーラームーン」が西陣織の長財布に!初コラボ商品は限定2千個!!

「美少女戦士セーラームーン」が西陣織の長財布に!初コラボ商品は限定2千個!!

『美少女戦士セーラームーン 西陣織 月うさぎ花菱紋 高級長財布』がPREMICO(プレミコ)から発売開始されている。PREMICOのサイトのみでの限定販売。販売個数は2,000点。
「PORTER」と「機動戦士ガンダムUC」の3WAYブリーフケースやウォレットなどコラボアイテムが登場!

「PORTER」と「機動戦士ガンダムUC」の3WAYブリーフケースやウォレットなどコラボアイテムが登場!

「機動戦士ガンダム」と「PORTER(ポーター)」がコラボした商品が登場!「機動戦士ガンダムUC」に登場する主役機“ユニコーンガンダム”と“バンシィ”をモチーフとしたバッグなどが4種類で販売開始です!
コインキャッチャーにビニール財布!昭和の懐かしい財布集めてみました!

コインキャッチャーにビニール財布!昭和の懐かしい財布集めてみました!

子供の頃に憧れたコインキャッチ財布!お金を10円・50円・100円に分けて入れるアレです!!このまとめでは、昭和の懐かしい財布をご紹介していきます!
うーくん | 10,189 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト