サッカー『サウジアラビア代表』5人抜きをした砂漠のマラドーナや砂漠のペレなど実は名選手が多いW杯常連国!
2018年6月15日 更新

サッカー『サウジアラビア代表』5人抜きをした砂漠のマラドーナや砂漠のペレなど実は名選手が多いW杯常連国!

アジアのサッカー強豪国・サウジアラビア。1994年のワールドカップ。アメリカ大会では5人抜きのゴールをした「砂漠のマラドーナ」ことサイード・アル=オワイランなど突出した選手がいました。サウジアラビアのワールドカップ挑戦の歴史や勝敗を記事にします。

828 view

サウジアラビア王国

中東・西アジアの国家・サウジアラビア王国。通称でサウジアラビアと呼ばれていますね。首都はリヤド。サウード家を国王に戴く絶対君主制国家です。
国旗

国旗

人口は2900万人(2012年時点)で、面積は2,149,690km2(13位)です。
宗教はイスラム教が国教で、西部にイスラム教の聖地であるメッカがあるため、世界各地から巡礼者が訪れることもあってイスラム世界においての影響力は最も大きいとされています。

アジアのサッカー強豪国・サウジアラビア

近隣の中東諸国同様サッカー熱が熱い国。中東、アジア内では強豪とされ、アジアカップの上位争いの常連であり、FIFAワールドカップの常連国のひとつでもあります。

しかし、国内では気象環境の影響で、外でのスポーツに馴染みが少ないそうです。その影響か成人の肥満率が高く、政府がスポーツの振興に尽力しているとの事です。
白黒のボールのイラスト

白黒のボールのイラスト

サウジアラビア、ワールドカップへの道

サウジアラビアサッカー連盟によって編成されるサッカーサウジアラビア代表。初めて国際試合へ参加したのは1978年のワールドカップ・アルゼンチン大会の予選から。
しかし、日本同様にワールドカップへの道は遠く、なかなか出場権が得られませんでした。
ワールドカップのトロフィーのイラスト

ワールドカップのトロフィーのイラスト

その中でも「砂漠のペレ」と称されたマジェド・アブドゥラーらが活躍し、1984年と1988年のアジアカップで連続優勝を果たします。さらに1984年に行なわれたロサンゼルスオリンピックにも出場しています。
L.A.オリンピック公式アルバム

L.A.オリンピック公式アルバム

そして、1994年のワールドカップ・アメリカ大会で初出場の目標を達成します。前年のアジア最終予選では、クエートやマレーシア、マカオを抑えて4勝2分けの負けなしで、1位通過を果たしました。

6試合で失点1と守備が機能し、カウンター重視のサッカーながら、20得点も奪い、堂々たる結果となりました。
Jドリーム (1)

Jドリーム (1)

日本代表は「ドーハの悲劇」でワールドカップ出場を逃しましたが、サウジアラビアは着実に実力を付けてきた時期でした。筆者の記憶では、1993年から連載が開始された塀内夏子によるサッカー漫画「Jドリーム」でも、サウジアラビアは強豪と描かれていたと思います。

サウジアラビアの名選手

【マジェド・アブドゥラー】
サウジアラビア史上最高のストライカーの呼び声も高い、得点感覚抜群のFWです。

変幻自在の高速ドリブル、爆発的な跳躍力など黒人選手らしい身体能力の高さが特徴で、「砂漠のペレ」と称されました。
1994年6月26日のアメリカW杯1次リーグベルギー戦を最後に代表を退くまで、139試合67得点の記録を残しています(非公式にはそれ以上に得点しているとも言われています)。
マジェド・アブドゥラー

マジェド・アブドゥラー

【サイード・アル=オワイラン】
フォワードや攻撃的MFを務めた左利きの選手。

1994年のワールドカップ・アメリカ大会で、強烈なインパクトを残した選手で、「砂漠のマラドーナ」と聞けばあの”5人抜きゴール”を思い出される方もいらっしゃるのではないでしょうか。

グループリーグのベルギー戦では、自陣からゴールまでの約60メートルの距離を1人で駆け上がり、最終的に5人をかわしてゴールを決めるという本家・マラドーナもびっくりのドリブルからのゴールを生み出しました。

【Soccer】 オワイラン 94WC 60M独走ゴール

※動画はリンク切れの場合がございます。
26 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

金髪のライオン丸・バルデラマ!’90年W杯でのスルーパスは”シルクの糸”と称された!

金髪のライオン丸・バルデラマ!’90年W杯でのスルーパスは”シルクの糸”と称された!

90年代のコロンビア代表を牽引したバルデラマ。独特のヘアスタイルもあって非常に覚えやすかった。また、そのプレイスタイルはど派手な頭とは違って、繊細なパスが持ち味だった。バルデラマのワールドカップでの活躍を中心にまとめる。
ひで語録 | 9,973 view
著者ディエゴ・マラドーナ。自伝で語った「神の手」「五人抜き」ゴールの真実。ハンドを疑う同僚には『口をつぐめ』!

著者ディエゴ・マラドーナ。自伝で語った「神の手」「五人抜き」ゴールの真実。ハンドを疑う同僚には『口をつぐめ』!

株式会社東洋館出版社から、6月15日にサッカー界のスーパースター、ディエゴ・マラドーナが、1986年のメキシコW杯について語った『マラドーナ独白 ―1986年のメキシコW杯―』が刊行されます。自ら語った「神の手」「五人抜き」ゴールの真実とは。
「オウンゴールをありがとう」と言われ射殺されたコロンビア代表DF『エスコバルの悲劇』

「オウンゴールをありがとう」と言われ射殺されたコロンビア代表DF『エスコバルの悲劇』

1994年のワールドカップ・アメリカ大会。コロンビア代表DF・エスコバルがオウンゴールを献上してしまい、優勝候補でもあったコロンビア代表の敗退へと繋がってしまいます。その後、帰国したエスコバルが射殺された事件『エスコバルの悲劇』を取り上げます。
ひで語録 | 45,460 view
フランスW杯で日本と対戦したアルゼンチン代表の問題児・オルテガ!

フランスW杯で日本と対戦したアルゼンチン代表の問題児・オルテガ!

ディエゴ・マラドーナの再来と言われたドリブラー・オルテガは問題児だった。プレイではマラドーナ程のインパクトは残せなかったものの、W杯には1994年、1998年、2002年とメンバー入りしている。また、フランスW杯では日本代表と対戦している。
ひで語録 | 5,815 view
マラドーナ80年代から現在まで面白画像

マラドーナ80年代から現在まで面白画像

伝説のサッカー選手アルゼンチン出身ディエゴ・マラドーナ氏、1986年のメキシコ・ワールドカップで、「神の手ゴール」で話題となりました。1960年生まれ、今やミドルエッジのマラドーナの80年代から現在までの面白画像です。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト