【天使のたまご】あの宮崎駿監督も酷評?押井守が5年も業界から干された問題作アニメ!
2021年3月29日 更新

【天使のたまご】あの宮崎駿監督も酷評?押井守が5年も業界から干された問題作アニメ!

独特の世界観で描かれたOVA作品『天使のたまご』。小説やマンガを原作とするものではなく、完全オリジナルのストーリーで制作されたコンテンツです。発売された当時、あまりに先鋭的すぎる内容は、宮崎駿監督や多くの業界関係者に酷評させたといいます。今回の記事では、そんな『天使のたまご』の内容を振り返っていきます。

5,146 view

『天使のたまご』とは?

https://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A9%E4%BD%BF%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%81%BE%E3%81%94-Blu-ray-%E6%A0%B9%E6%B4%A5%E7%94%9A%E5%85%AB/dp/B00DHD9J68 (2266985)

監督:押井守
制作:スタジオディーン
   徳間康快
発売:1985年
巻数:全1巻
   (本編71分)
『天使のたまご』(てんしのたまご)は、1985年に制作された日本のOVAである。原案・監督・脚本は、押井守。71分。発売元は徳間書店。DVD版も2001年にパイオニアLDCから販売されている。2007年1月に徳間書店よりDVD版再発。
2013年8月にはBlu-ray版が発売された。発売元は徳間書店、販売元はポニーキャニオン。
発売当時は酷評が多かったものの、世間の評価は少しずつ上がり…
というより、世間やユーザーが『天使のたまご』の先進的な内容に追いついてきて、現在では高い評価を獲得しています。DVD版・Blu-ray版も発売され、多くのアニメファンから愛されているコンテンツです。

『天使のたまご』の本編動画・ストーリー

アニメ本編には少女・青年と二人の登場人物が存在しますが、とくに名前は設定されておらず、文明が崩壊してしまった世界で繰り広げられる物語―――。
旧約聖書に登場するノアの方舟で、陸地が見つけられず滅んでしまったパラレルワールド。
廃墟の街で大きなたまごを抱きかかえながら暮らす少女は、いつものようにガラスの瓶を集めていました。ある日、無数の戦車が現れると、その中から大きな十字架のような武器を担いだ青年が降りてきます。
こうして出会った二人は、それから一緒に行動するようになりました。少女が大切にしているたまご、その中身を気にするような素振りを見せる青年。しかし、力ずくで取り上げることはせず、優しく青年は少女を見守っていました。
二人が廃墟の街を探索していると、無数の巨大魚の影と、それを追っている大勢の人間の影が現れます。どうやら人間の影たちは巨大魚の影を捕まえようとしているみたいです。しかし、実体がないため、人間たちの影たちは巨大魚の影を取り逃がしてしまい、その後は何事もなかったように廃墟の街は再び平穏を取り戻すのでした…
荒んだ街で同じ時間を過ごすうちに、少女と青年の関係性はどのように変化していくのでしょうか?そして、たまごの中身は?

『天使のたまご』の魅力とは?

押井守さん・天野喜孝さんによる異例のタッグ

テレビアニメ『うる星やつら』ではチーフディレクターを務め、”視聴率男”と呼ばれていた押井守さん。劇場版『うる星やつらオンリー・ユー』では監督も務め、第2弾『うる星やつら2ビューティフル・ドリーマー』も成功を収めました。

独創的なクリエイターで、人気コンテンツ『ファイナルファンタジー』シリーズのキャラクターデザインを手掛けたことでも有名な天野喜孝さん。『天使のたまご』の少女・青年の画のタッチも、『ファイナルファンタジー』シリーズに見られるような細かなタッチが実現しています。
二人の天才が中心となって制作に関わり、これまでのアニメの常識を覆すような完成度に仕上げられています。本編の独特の雰囲気は、現在の最新技術をもってしても、なかなか真似できるものではないでしょう。
芸術という観点で見ても、そのクオリティーは相当に高いと思います。

会話がほぼない本編

https://www.irasutoya.com/2015/05/blog-post_944.html (2266999)

アニメ本編を見ていて驚くポイントに、セリフの少なさが挙げられるでしょう。冒頭20分、一切セリフがありません。少女・青年が出会う場面での会話も少なく、単調にシンプルなセリフが発せられるだけです。
何も知らないと驚くかもしれませんが、こういった構成には、とことんムダなものを排除した先にある美しさがあるような気がします。一般的なアニメがセリフ中心に音声が構成されているのに対し、『天使のたまご』では水滴や風・物音などの効果音が中心になっているのも斬新さを感じさせるところです。

出演している声優陣もチェック

登場人物が二人なので、出演している声優もお二人。

少女を演じているのは兵藤まこさんという声優・歌手で、驚きなのは『天使のたまご』がデビュー作品という新人であることです。

青年を演じているのは主に俳優として活躍された根津甚八さん。当時、根津甚八さんも声優としての仕事はほぼ未経験でした。
そんなお二人が主演として『天使のたまご』に抜擢されているという事実は凄いですよね。
しかし、そこにも明確な狙いがあってのキャスティングだったのではないかと思います。有名な声優であれば、その声優さんの特徴的な声質や演技ぶりが個性として本編に反映されてしまうので、あえて未経験のキャストを起用することで、そういった要素が入るのを意図的に抑えたのではないでしょうか。
34 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

幻に終わった「ルパン三世 完結篇」押井守監督が描こうとしたルパン三世とは。

幻に終わった「ルパン三世 完結篇」押井守監督が描こうとしたルパン三世とは。

劇場版「ルパン三世」第三作といえば1985年の「ルパン三世 バビロンの黄金伝説」ですが、実はこの年に押井守監督による「ルパン三世 完結篇」が製作されるはずだったのです。「押井版ルパン三世」と呼ばれている、幻に終わったルパン三世とは。
チロルチョコ | 3,093 view
名作アニメを生んだ監督たちの初めて作ったアニメは何だかご存知ですか?

名作アニメを生んだ監督たちの初めて作ったアニメは何だかご存知ですか?

80年代と言ったらあのアニメ!という有名作品がある中、今でも思い出せる有名な監督の中で、「うる星やつら」「機動戦士ガンダム」「ルパン三世 カリオストロの城」などががありましたよね。今回は有名な監督のマイナー作品はこんなものがありました。
| 4,241 view
【ハード&ルーズ~私立探偵・土岐正造トラブル・ノート~】ストーリー・魅力をご紹介!

【ハード&ルーズ~私立探偵・土岐正造トラブル・ノート~】ストーリー・魅力をご紹介!

私立探偵・土岐正造の仕事ぶりを描いた『ハード&ルーズ』。ワイルドで刺激的な仕事内容の数々が面白いです。今回の記事では、OVA版として制作された『ハード&ルーズ~私立探偵・土岐正造トラブル・ノート~』を振り返って、その本編動画やストーリー・魅力などご紹介させていただきます。
tsukumo2403 | 134 view
OVA版【ハンサムな彼女】ママレード・ボーイで有名な吉住渉による少女漫画をアニメ化!

OVA版【ハンサムな彼女】ママレード・ボーイで有名な吉住渉による少女漫画をアニメ化!

芸能界や映画を舞台に描いた少女漫画『ハンサムな彼女』。高校生ながら女優として活躍している主人公・未央と、映画監督を目指している高校生・一哉との恋愛を描いた甘酸っぱいストーリーです。今回の記事では、アニメ化されたOVA版『ハンサムな彼女』に焦点を当てて、その内容を振り返っていきます。
tsukumo2403 | 114 view
OVA【ドラゴンズヘブン】機械生命体シャイアンの活躍を描いたSF作品!その魅力とは?

OVA【ドラゴンズヘブン】機械生命体シャイアンの活躍を描いたSF作品!その魅力とは?

決してメジャーな存在ではないものの、隠れた名作として現在も多くのファンに愛されている『ドラゴンズヘブン』。漫画を原作としてOVA化も実現しています。今回の記事では、OVA版『ドラゴンズヘブン』にスポットを当て、その本編動画やストーリー・魅力などを振り返っていきます。併せて関連商品なども紹介しますので、ぜひ記事をご覧になってください。
tsukumo2403 | 292 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト