【#プロレス今日は何の日】1985年11月22日 郡山市総合体育館 ブルーザー・ブロディvsディック・マードックっ!
2018年11月22日 更新

【#プロレス今日は何の日】1985年11月22日 郡山市総合体育館 ブルーザー・ブロディvsディック・マードックっ!

日本にプロレスが根付いてから早70年近く経とうとしています。プロレスが一番熱く盛り上がっていた80年代~90年代にあった出来事を今日の日付と共に紹介していく新コーナー【#プロレス今日は何の日】

1,271 view

1985年11年22日 『郡山市総合体育館 ブルーザー・ブロディvsディック・マードックっ!』

新日本プロレスリング 最強外国人シリーズ 超獣伝説 ブ...

新日本プロレスリング 最強外国人シリーズ 超獣伝説 ブルーザー・ブロディ

出典 amzn.asia
ああ、二人の名前が並ぶこの字面だけで興奮しちゃう!

85年第一回IWGPタッグリーグ戦の中、ズドンとインパクトを与えたスペシャルシングルマッチ!
ブロディの新日本デビュー戦となった同85年4.18両国大会(試合前に襲撃した猪木戦です)では、控室で談笑していたというマードックとシングルで激突!

1985年11月22日 あの日を振り返ってみよう!

チェーンをぶんぶん振り回し客席を練り歩くブロディに「毛皮のベスト!過激なオートクチュール!」とは古館節!
開始早々、キングコングキックをさっと交わして戻ってくるなり豪快にドロップキックを放つマードック!コーナーまで吹っ飛ぶブロディ!で、間を置かず鼻っ柱へエルボー!

この試合、タッグリーグ戦前にファンが選ぶ夢のシングルマッチ投票を行い、第6位になったこの試合。
小鉄さんが「マードックがね、どんだけブロディを痛めつけるかっていうことでね、大変楽しみにしてた一戦なんですよね」と今思えば意味深発言!

「マンハッタンターザン」「動くダビデ像」「哲学する乱暴者」とこちらも間を置かず飛び出す古館節にもニヤリとする我々!

Bruiser Brody vs Dick Murdoch ① '85 in Japan

さて、ブロディもキングコングドロップキックでマードックを場外に吹っ飛ばし、結構な勢いでマーさんを鉄柱にガツン!うつぶせのマーさんもちろん流血!
リングに戻ったらぼっこーん!と大迫力のブレーンバスタースラム!机をコーナーに立てかけてまたハードに行こうとするところ、ふらふら~っと立ち上がったマーさんが反撃!アゴ先パンチから机にガツン!ブロディも流血!
でドタドタドタっと千鳥足パンチで横移動!これも好きだったなあ~!

ここからどうなる~?と思ったところ、ドロップキックの相打ちから膝をつけての殴り合い!
するとピーターが近くでちょっかいを出す!マーさんに来んなと言われ、ブロディにぶーんと振り払われたピーターが、さささっとゴングを要請!決着はピーターディレクションによるノーコンテスト!
止めに入る若手をばかすかぶんぶかなぎ倒し、また殴り合いを始める二人がカッコイイ!

今日もプロレス最高っ!

⇓フミさんの本でよりブロディを知ることができます。

超獣!キングコング!インテリジェント・モンスター!世界...
出典 amzn.asia

ブルーザー・ブロディ 30年目の帰還 | 斎藤 文彦

1,620
超獣!キングコング!インテリジェント・モンスター!世界に衝撃を与えた刺殺事件から30年!不世出のレスラーの知られざる人生を語る。

⇓この試合が収録されたDVDはこちら

日本のマット界に大旋風を巻き起こした伝説のレスラー、ブ...
出典 amzn.asia

Amazon.co.jp | 新日本プロレスリング 最強外国人シリーズ 超獣伝説 ブルーザー・ブロディ DVD-BOX DVD・ブルーレイ - ブルーザー・ブロディ

24,800
日本のマット界に大旋風を巻き起こした伝説のレスラー、ブルーザー・ブロディの至極の秘蔵名勝負を収めたBOX。テキサス・サンアントニオにあるブロディの自宅での秘密トレーニング映像をはじめ、ベールに包まれたブロディの貴重な映像も収録。

作者プロフィール

13 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

プロレス総選挙2017順位結果発表!&マツド・デラックス的プロレス総選挙!その2外国人ヘビー級編

プロレス総選挙2017順位結果発表!&マツド・デラックス的プロレス総選挙!その2外国人ヘビー級編

WBCの延長で放送時間がゴールデンから一気に深夜番組となってしまった「プロレス総選挙2017」!!こんな結果だったと言うお知らせとマツド・デラックス的にあたしの独断でそれぞれの部門のベスト10を作ってみたわ!これはひとそれぞれ好きな人が違うから皆にも投稿してもらいたいわよ!今回は、前回の「日本人ヘビー級レスラー」に続く「外国人ヘビー級レスラー」よ!!
【プロレスラー入場テーマ曲・80~90年代】まさに花道、プロレスラー達の入場テーマ曲を主なヘビー級レスラーの歴史とともに振り返る。

【プロレスラー入場テーマ曲・80~90年代】まさに花道、プロレスラー達の入場テーマ曲を主なヘビー級レスラーの歴史とともに振り返る。

プロレスを愛する人々にとって贔屓のプロレスラーの入場ほど気持ちが高揚する瞬間はありません。アントニオ猪木、ジャイアント馬場から始まる数々の名レスラー達、その入場時には自らとファンのボルテージが一気に高まる入場テーマ曲を用意して試合に臨んでいました。そんな興奮を味わいたくて会場に足を運んだ人も多いのではないでしょうか。80~90年代の名レスラー達とともに振り返ってみましょう。
青春の握り拳 | 461,891 view
ブルーザー・ブロディ  Bruiser Brody   「超獣」「暴走キングコング」 誰もこの男は止められなかった

ブルーザー・ブロディ Bruiser Brody 「超獣」「暴走キングコング」 誰もこの男は止められなかった

「超獣」 「暴走キングコング」 「インテリジェント・モンスター」 「プロレス界のチェ・ゲバラ」 「NOと言えるレスラー」 ブルーザー・ブロディは たくさんのニックネームを持つブルーザー・ブロディ その破天荒さ そのインテリジェンス その少年のような無邪気さ 彼はヒール(悪役)だったけれど 全然卑怯なことはしなかった というか 反則しても堂々としすぎているし 反則しなくても勝てる人だし 「ルールに縛って彼の野性を消したらダメ」 とWWF(世界野生生物基金 )的なことを思ってしまいます I Love ブルーザー・ブロディ!
RAOH | 40,560 view
音楽配信サイト"AWA"でマツドデラックスがお届けする第4弾!「マツドデラックスがお送りするプロレス入場曲元曲ヴァージョン集」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"でマツドデラックスがお届けする第4弾!「マツドデラックスがお送りするプロレス入場曲元曲ヴァージョン集」をご紹介!

音楽配信サイト「AWA」の公式プレイリスターの「マツドデラックス」こと「山本圭亮」がお送りする「まるでカセットテープのような」シリーズ!今回は番外編を特別にご紹介するわ!どうかアクセスして聴いて頂戴ね!
【#プロレス今日は何の日】1982年12月7日『ペンシルバニア州アレンタウン タイガーマスクvsミスター・サイトー(マサ斎藤)っ!』

【#プロレス今日は何の日】1982年12月7日『ペンシルバニア州アレンタウン タイガーマスクvsミスター・サイトー(マサ斎藤)っ!』

タイガーの高く美しいソバット、長距離プランチャに場内総立ち!マサさんもナイススープレックス2連発!5分弱の試合でスタンディングオベーションっ!今日もプロレス最高っ!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト