2017年2月20日 更新

ブルーザー・ブロディ Bruiser Brody 「超獣」「暴走キングコング」 誰もこの男は止められなかった

「超獣」 「暴走キングコング」 「インテリジェント・モンスター」 「プロレス界のチェ・ゲバラ」 「NOと言えるレスラー」 ブルーザー・ブロディは たくさんのニックネームを持つブルーザー・ブロディ その破天荒さ そのインテリジェンス その少年のような無邪気さ 彼はヒール(悪役)だったけれど 全然卑怯なことはしなかった というか 反則しても堂々としすぎているし 反則しなくても勝てる人だし 「ルールに縛って彼の野性を消したらダメ」 とWWF(世界野生生物基金 )的なことを思ってしまいます I Love ブルーザー・ブロディ!

30,635 view

ブルーザー・ブロディ(Bruiser Brody)がプロレスラーになるまで

プロレスラーになるまで

プロレスラーになるまで

ブルーザー・ブロディ(Bruiser Brody)

大学ではアメリカンフットボール選手として活躍
1968年、
ワシントン・レッドスキンズに入団
1971年、
膝の故障で引退
その後、
フットボールのコラムニスト、
酒場の用心棒、
などを経て
1973年、
プロレスラーとしてデビュー

ブルーザー・ブロディ(Bruiser Brody)をもっと知る

雄叫ぶブロディ

雄叫ぶブロディ

198cm、135kgの巨体
類稀な運動神経
そして研究熱心な性格
80年代随一の強豪として
「プロモーターの言うことを聞かない。」
「選手間でもアンタッチャブルとされるくらいの実力を持つ。」
「ブロディのやりたいことに逆らうとボコボコにされる。」
と恐れられ
格が見合わない相手は秒殺され
自ら
「私があの程度の選手と20分も攻防を繰り広げるのはリアリティがない。」
と正当化した
プロレスファンの間では
いまだ「ブロディ最強説」が囁かれているほど
強い男である

入場曲

入場曲は「Immigrant Song」
出典 youtu.be

ハイライト動画1

「IQHL」Bruiser Brody Tribute - Legacy Of Brutality

https://www.youtube.com/watch?v=Hqb7nihtp38&feature=youtu.be
出典 youtu.be

ハイライト動画2

King Kong Bruiser Brody Best of Vol 4 Brody last Match

https://www.youtube.com/watch?v=OILiEdqKTDo&feature=youtu.be
出典 youtu.be

ブルーザー・ブロディ(Bruiser Brody)とライバルたち

16文キックを喰らっても倒れない

16文キックを喰らっても倒れない

馬場の16文キックを最初に浮け止めたのがブロディだった
キックを受けても倒れず
逆にキックを返した
vs ジャンボ鶴田

vs ジャンボ鶴田

ブロディは日本人選手の中でジャンボ鶴田を特にライバル視していた
初来日で鶴田とタッグで初対決した際、
鶴田のスタミナについていけず
2度目の来日では
鶴田へのライバル意識から初来日時より20kgもウェイトを落として臨んだという
天龍からみたブロディ

天龍からみたブロディ

天龍はブロディについてこう語っている
「ハンセン、ブロディからは
プロレスと、プロレスラーの凄さを教えてもらった
破壊力の凄さ
たゆまぬ努力の凄さである」
「『誰にも負けない、俺がNo.1だ』という気持ち、プライドは誰よりも凄かった
レスラーに対する好き嫌いの激しい人で
自分にスタミナの重要性を教えてくれたジャンボ(鶴田)や
技を逃げずに真正面から受ける僕のことはリスペクトしてくれて、
彼も僕らの技は逃げもせず受け止めてくれたのですが
『俺はこんな奴は認めない』と判断したレスラーは技も受けず
ロープに飛ばされても戻らず、
それこそミル・マスカラスや長州力なんて
キングコング・パワーで一方的にけちょんけちょんでした」
スタン・ハンセンとタッグ

スタン・ハンセンとタッグ

スタン・ハンセン(大学のアメフトの後輩)と「超獣コンビ」を結成
年末恒例の世界最強タッグ決定リーグ戦では
優勝1回
準優勝2回(いずれも決勝で反則負け)
PWF世界タッグ王座では初代王者となる

ディンク君襲撃事件 動画

出典 youtu.be
父親を援護するため、
リングに上がったドリー・ファンク・ジュニアの息子(ディンク君、素人)に
キングコング・ニー・ドロップを放ったこともある
ディンク君襲撃事件 Pic

ディンク君襲撃事件 Pic

暴れるブロディ

暴れるブロディ

武藤敬司がブロディからいわれたこと

武藤敬司がブロディからいわれたこと

武藤敬司は
初めて会話した際にいきなり
「お前の試合はしょっぱい」
といわれた
vs アントニオ猪木

vs アントニオ猪木

アントニオ猪木とは、
7度対決
2勝1敗4分け
ピンフォール決着は1度もない
またアントニオ猪木は
1番扱いに困ったレスラーがブロディであったと語っている
試合直前にギャラアップを求めたことがあって
アップしないなら試合に出ないと理不尽な要求を猪木に叩きつけていた
猪木は出られないのは困るからと
それをいつも仕方なく承諾していた
猪木はブロディについて
「自分の物差ししかない男」
と回想している
試合をボイコット

試合をボイコット

出典 4travel.jp
ブロディは
試合のために
上野駅から仙台行きの新幹線に乗るも
発車直前に下車
そのまま新宿のホテルへ直行し
帰国してしまった
金銭トラブルではなく
新日本プロレス側の
「外国人レスラーに優勝させたくない」
「藤波辰巳&木村健吾に勝たせたかった」
というブック
(プロレスの試合における段取りや勝敗のつけ方についての台本)
に反発したトラブルが原因という説が有力である

孤高なブルーザー・ブロディ(Bruiser Brody)

孤高なブロディ

孤高なブロディ

このようにブロディは
ブッカー
(ブックを考案・作成する人間)
にとって
扱いにくいレスラーであり
そのことが後の死につながる
Angry Face

Angry Face

新日本プロレスがブロディを永久追放した半年後
新日本プロレスはハワイ遠征を行ったが
遠征先にはブロディも参戦していた
『週刊プロレス』と『週刊ファイト』の記者は
ブロディの控室前で待機してスクープ写真を撮影しようとした
そのことに気付いたブロディは
激怒して全裸で控室から現れ
全裸のまま両記者を追い掛け回した
さらには『週刊ゴング』の記者もその現場に遭遇してしまい
最終的には3社の記者がブロディに追い掛け回された
週刊プロレス』と『週刊ゴング』の記者はブロディから逃げ切れたものの
『週刊ファイト』の記者はブロディに捕まった挙句、カメラを破壊された
実はインテリジェント・モンスター

実はインテリジェント・モンスター

本来は家族思いの穏やかな人柄で
「インテリジェント・モンスター」とも呼ばれていた
すごくナチュラルなブロディ

すごくナチュラルなブロディ

無駄を嫌う性格で、
レスラー仲間で食事をするときも、
見栄を張って他人に奢るようなことは決してなかったという
また長期遠征の際には
電気の無駄遣いをなくすため
家中のコンセントを片っ端から抜いて出かけたが、
冷蔵庫のコンセントまで抜いて中身を腐らせてしまったことがある

さよならブルーザー・ブロディ(Bruiser Brody)

さようなら ブルーザー・ブロディ!

さようなら ブルーザー・ブロディ!

1988年7月16日、
プエルトリコでプロレスの興行中、
レスラー兼ブッカーのホセ・ゴンザレスと口論となり
ドレッシング・ルームにて腹部をナイフで刺される
刺し傷は肝臓に達し
翌7月17日、
出血多量により死亡
裁判では
現場に居合わせたレスラー仲間たちが揃って証言を拒否し
(脅迫を受けたり、出廷要請の通知が届かなかったりしたため)、
最終的にホセ・ゴンザレスは正当防衛として無罪判決を得ている
ブロディとゴンザレスは
当日だけでなくそれまでもギャラのことで何度も衝突していたと伝えられる
歴史に名を残す名レスラー、ブルーザー・ブロディ
そのレスラー人生は、エゴとプライドで形づくられていた
だが、それこそが最大の魅力だったのかもしれない
彼の悲報が伝わったとき多くのファンが
「ブロディにナイフなんて効くのか?」 
と首をかしげたという
それくらいブルーザー・ブロディは圧倒的に強かった
54 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【プロレスラー入場テーマ曲ランキング・80~90年代】いつ聴いてもテンションが高まる!プロレスラー達の入場テーマ曲を主にヘビー級レスラーの歴史とともに振り返る。

【プロレスラー入場テーマ曲ランキング・80~90年代】いつ聴いてもテンションが高まる!プロレスラー達の入場テーマ曲を主にヘビー級レスラーの歴史とともに振り返る。

プロレスを愛する人々にとって贔屓のプロレスラーの入場ほど気持ちが高揚する瞬間はありません。アントニオ猪木、ジャイアント馬場から始まる数々の名レスラー達、その入場時には自らとファンのボルテージが一気に高まる入場テーマ曲を用意して試合に臨んでいました。そんな興奮を味わいたくて会場に足を運んだ人も多いのではないでしょうか。80~90年代の名レスラー達とともに振り返ってみましょう。
青春の握り拳 | 363,366 view
プロレス総選挙2017順位結果発表!&マツド・デラックス的プロレス総選挙!その2外国人ヘビー級編

プロレス総選挙2017順位結果発表!&マツド・デラックス的プロレス総選挙!その2外国人ヘビー級編

WBCの延長で放送時間がゴールデンから一気に深夜番組となってしまった「プロレス総選挙2017」!!こんな結果だったと言うお知らせとマツド・デラックス的にあたしの独断でそれぞれの部門のベスト10を作ってみたわ!これはひとそれぞれ好きな人が違うから皆にも投稿してもらいたいわよ!今回は、前回の「日本人ヘビー級レスラー」に続く「外国人ヘビー級レスラー」よ!!
プロレス総選挙2017順位結果発表!&マツド・デラックス的プロレス総選挙!その1日本人ヘビー級編

プロレス総選挙2017順位結果発表!&マツド・デラックス的プロレス総選挙!その1日本人ヘビー級編

WBCの延長で放送時間がゴールデンから一気に深夜番組となってしまった「プロレス総選挙2017」!!こんな結果だったと言うお知らせとマツド・デラックス的にあたしの独断でそれぞれの部門のベスト10を作ってみたわ!これはひとそれぞれ好きな人が違うから皆ににも投稿してもらいたいわよ!
テレビ朝日『プロレス総選挙』アントニオ猪木が「史上最高のプロレスラー」に決定!

テレビ朝日『プロレス総選挙』アントニオ猪木が「史上最高のプロレスラー」に決定!

テレビ朝日で、現役・OBレスラー200人と、ファン1万人がガチで投票した『プロレス総選挙』が放送され、「史上最高のプロレスラー」がランキングが明らかになった。
red | 1,312 view
【訃報】プロレスラーのチャボ・ゲレロさん死去。藤波辰爾とは壮絶な抗争を繰り広げた

【訃報】プロレスラーのチャボ・ゲレロさん死去。藤波辰爾とは壮絶な抗争を繰り広げた

藤波辰爾(63)や大仁田厚(59)らと激闘を繰り広げ、日本でも人気だった米プロレスラー、チャボ・ゲレロさんが死去したことが13日までに分かった。68歳だった。プロレスラーで、息子のチャボ・ゲレロ・ジュニアが自身のインスタグラムで公表した。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト