BOØWYが残した6枚のオリジナルアルバムを振り返ります
2019年2月28日 更新

BOØWYが残した6枚のオリジナルアルバムを振り返ります

BOØWYは1981年に結成されてから1987年の解散までにオリジナルアルバムを6枚残しています。今回はこの6枚のアルバムを少し紐解いて振り返ってみたいと思います。

31,491 view
Amazon | BOΦWY | BOΦWY | J-POP | 音楽 (2087078)

1.DREAMIN'
2.黒のラプソディー
3.BABY ACTION
4.唇にジェラシー
5.ホンキー・トンキー・クレイジー
6.BAD FEELING
7.CHU-RU-LU
8.DANCE CRAZE
9.ハイウェイに乗る前に
10.CLOUDY HEART
批評では"高度に洗練された最新型ロック歌謡"というジャンルを創出し、巨大なビジネスになり得る可能性を提示した意味でも、このアルバムが果たした歴史的意義は極めて大きいと評されているアルバムです。

確かにBOØWYが日本の音楽シーンに与えた影響は計り知れないものがあったと思うんですよね。偉大なる功績を残したBOØWYですが、この当時もライブ中心であり全国をハイエースで回るツアーも4回実施するなど精力的に活動していました。

DREAMIN'

ライブでは氷室京介さんの「最後に夢を見てる奴らに贈るぜ!」という台詞から演奏に入る事が多かったですよね!

この曲、LAST GIGSでは最後に収録されていた曲で、最後の最後に演奏されるイメージがどうしても強いですが、当初はライブの1曲目に演奏されることが多かったといいます。

大トリで盛り上がるこれぞBOØWY!といった名曲中の名曲であり、誰もが知ってるBOØWYの代表曲でしたね。

Dreamin

1986年 JUST A HERO

『JUST A HERO』は1986年3月にリリースされたBOØWYの4枚目のアルバムです。

BOØWYとしてはレコーディングが最も長期間におよんでおり、レコーディングスタジオも多岐に渡っている作品となっています。
Amazon | JUST A HERO(紙ジャケット仕様) | BOΦWY | J-POP | 音楽 (2087086)

1. DANCING IN THE PLEASURE LAND
2. ROUGE OF GRAY
3. わがままジュリエット
4. PLASTIC OCEAN
5. JUSTY
6. JUST A HERO
7. 1994 - LABEL OF COMPLEX
8. MISS MISTERY LADY (VISUAL VISION)
9. BLUE VACATION
10. LIKE A CHILD
11. WELCOME TO THE TWILIGHT
音楽誌『Player』ではの批評では、「前作『BOØWY』を土台として、その上に積み上げられた本作は、彼らの新しい側面、強靭なファンク・ビートから浮遊感漂うエスニック・サウンドまで、1コマごとに明度と輝度を変え、めくるめく音の洪水を浴びせてくれる」との評価があったこのアルバム。
また、音の面ではハードな印象を受けるという声もありました。

総評として、かなり高い評価を受けた作品であり、最も時間をかけてレコーディングされただけあるクオリティでした。

わがままジュリエット

この曲はBOØWYのサードシングルであり、BOØWYとして初の本格的なミュージック・ビデオが作成された曲でもありました。

ミュージック・ビデオのストーリーとしては、少女が森の中の洋館に迷い込み、封印された本を読んだことで命の危険にさらされるが、一命を取り留めるという物でした。
残念ながらそのミュージック・ビデオは見つかりませんでしたが、当時の貴重な収録動画がありましたので、是非確認してみてください。
大変懐かしい動画です。

わがままジュリエット

1986年 BEAT EMOTION

『BEAT EMOTION』は1986年11月にリリースされたBOØWYの5枚目のアルバムです。

前作においてサウンド面で納得のいくアルバムを作ることが出来たメンバーが、今度は商業面での成功、「チャート1位を狙う」という目的でレコーディングを開始する事となったのがこの作品でした。
Amazon | BEAT EMOTION | BOΦWY, 松井恒松, 高橋まこと, 氷室京介, 布袋寅泰 | J-POP | 音楽 (2087076)

1. B・BLUE
2. ONLY YOU
3. RUNAWAY TRAIN
4. BEAT SWEET
5. NOISE LIMITTER
6. DON'T ASK ME
7. B・E・L・I・E・V・E
8. SUPER - CALIFRAGILISTIC
9. DOWN TOWN SHUFFLE
10. WORKING MAN
11. RAIN IN MY HEART
12. DRAMATIC? DRASTIC!
13. OUR REVOLUTION
14. SENSITIVE LOVE
音楽情報サイト『CDジャーナル』では、「これまでのBOØWYにあったトゲトゲしさみたいなものが消えています。一段と格好良さが増し、それがアルバムに出たと思えてきます」と批評していました。確かにこのアルバムには、全体を通して温かみのある作品だったなぁと印象を持っています。

まさに90年代に連なるビート系バンドの原型との声もあり、完成度の高いアルバムだったと思います。

散々聴いたアルバムです。

ONLY YOU

この曲は、アルバム『BEAT EMOTION』からシングルカットされたBOØWYの5枚目のシングルでした。

BOØWYのファンでなくてもこの曲は知っている!という方が多いと思います。
そのくらい、BOØWYの代表曲だと思います。

LAST GIGSでも当然歌われた曲で、盛り上がり方がハンパではありませんでした。

名曲です!!

ONLY YOU / BEAT EMOTION TOUR 1986,12,10

1987年 PSYCHOPATH

48 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • ありリンパ 2019/3/7 00:06

    φであってると思う。布袋さんがφがいいと決めたということが真実だから。

    ちゃま 2019/3/2 23:25

    φの件ですが、どこにも属さないという意味で付けたと何かで見たか聞いたような記憶があるのですが、あれは気のせいだったのかな?表記はBOØWYでしたけどね。興味深く読ませていただきました。ありがとうございました。

    すべてのコメントを見る (2)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

解散から30年!日本ロック史に残るBOØWY伝説の「GIGS」がテレビで初放送されます!

解散から30年!日本ロック史に残るBOØWY伝説の「GIGS」がテレビで初放送されます!

BOØWYが解散宣言をした1987年12月24日の東京・渋谷公会堂公演の模様を収めた「BOØWY 1224 -THE ORIGINAL-」の発売を記念し、フジテレビTWOとJ:COMにて「BOØWY 35th Anniversary Dec.2017 -THE TV SPECIAL-」が放送されます。
隣人速報 | 17,543 view
夏になったら聴きたくなる!【RCサクセション】の「サマーツアー」

夏になったら聴きたくなる!【RCサクセション】の「サマーツアー」

毎年夏になると聴きたくなる不思議な魅力のあるRCサクセションの「サマーツアー」。RCサクセションの楽曲の中でもノリノリな仕上がりになっていたと思います。夏に向けてさっそく聴き直してみたいと思います!
つきねこ | 501 view
軽快なロックン・ロール!【三原順子】の「だって・フォーリンラブ・突然」を聴き直そう!

軽快なロックン・ロール!【三原順子】の「だって・フォーリンラブ・突然」を聴き直そう!

1982年にリリースされた三原順子さんの「だって・フォーリンラブ・突然」を覚えてますか?軽快なロックン・ロールナンバーで、めちゃくちゃ早い楽曲だった印象があります。さっそく聴き直してみましょう!
つきねこ | 816 view
元BOØWYのメンバー・布袋寅泰、高橋まこと、松井常松が集結!31年ぶりに新曲を制作!!

元BOØWYのメンバー・布袋寅泰、高橋まこと、松井常松が集結!31年ぶりに新曲を制作!!

元BOØWYのメンバーで、現在はソロで活躍する布袋寅泰(57)が、かつてBOØWYでともに活動していた盟友、高橋まこと(65)及び松井常松(58)と31年ぶりにタッグを組むことが明らかとなりました。
隣人速報 | 4,073 view
明るい気持ちになれる名曲!【南野陽子】の「はいからさんが通る」

明るい気持ちになれる名曲!【南野陽子】の「はいからさんが通る」

映画『はいからさんが通る』の主題歌となったこの曲は、聴いているとこちらまで明るくなれました。今回はそんな南野陽子さんのシングル「はいからさんが通る」をしっかり聴き直してみたいと思います!
つきねこ | 752 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト